MUSIC ON! TV presents GG14

MUSIC ON! TV presents GG14

SPECIAL OTHERS/BOOM BOOM SATELLITES/Dragon Ash

MUSIC ON! TV presents GG14

2014年8月7日(木)@東京・Zepp DiverCity

エムオン!主催の大人気ライブ・イベント“MUSIC ON! TV presents GG14”。去年に続き東名阪で開催された今年の“GG14”のファイナルは、切磋琢磨したスキルと感性で偽りない音を奏でる、三者三様の強者ライブ・バンドが集結。心底“ライブ”を愛する音楽家とクラウドがわかち合った、あるべきロックの姿が体感できた美しく濃密な一夜。

TEXT BY 早川加奈子
PHOTOGRAPHY BY 古溪一道


心底ライブを愛するクラウドたちと“音楽”を体感できた、実に幸せな夜だった。ジョージ・ウィリアムズがオーガナイズする人気イベント、“GG14”。大阪、名古屋での熱演を経てファイナルを飾る東京には、SPECIAL OTHERS、BOOM BOOM SATELLITES、そしてDragon Ashが集結。
140820_MS_1428

楽器と人が生む無限のグルーヴに誰もが楽しげに身を委ねているのが見える

「声出して楽しんでいこうよ!」と、ステージに登場したジョージのひと言でこの夜のトップ・バッター、スペアザ登場。メンバー4人が楽器を奏でた途端、酷暑を吹き飛ばす快楽サウンドがフロアを包む。アフロ・ビートな「neon」では、楽器と人が生む無限のグルーヴに誰もが楽しげに身を委ねているのが見える。
140820_MS_1424
「GGは常連として扱ってくれる」「ジョージは優しい」という芹澤 “REMI” 優真&宮原 “TOYIN” 良太のゆるいやり取りのあとに呼び込まれたのは、船長帽姿のKj! 「入院中にデモが届いた曲。だから“自由”を歌った」という男前なKjのMCを合図に「Sailin’」がスタート。GGだから実現した久々のコラボに、場内も笑顔とタオル回しで熱狂。GGはこの、アーティストと観客が共に作り出すアット・ホームな熱さがいいのだ。

会場中の心と身体はすっかり彼らの圧倒的なビートの虜

続いてはジョージいわく、「やっと願いが叶った!」というGG初参戦のBBS。硬質なダンス・ビートが鳴り響き、川島道行と中野雅之、そしてサポート・ドラムの福田洋子がステージへ。ギターとベース、ドラム、そして歌がシーケンスに重なり轟き渡ったのは「DRIFTER」。
140820_MS_1431
アグレッシブで肉感的なそのエネルギーに乱舞するオーディエンス。BBSの生演奏をこの日初めて観たのか、なかにはステージを食い入るように見つめる人も。しかしそこは百戦錬磨のBBS。革新的なビートルズのカバー「HELTER SKELTER」から新曲「ONLY BLOOD」、そしてBBSのライブ・アンセム「DIVE FOR YOU」から「BROKEN MIRROR」へと続く頃には、会場中の心と身体はすっかり彼らの圧倒的なビートの虜に。核にあるロックの魂、そしてシーケンス+生バンドというスタイル自体はDragon Ashと同じだが、そこに人間力と演奏力が加わることでこんなにも無限の表現が生まれるのだという、音楽のポテンシャルに改めて驚く。

140820_MS_1434

ツアー&フェスで熟成されたサウンドとエネルギーで場内を一気に沸点へ

「この人たちのライブは見る度にヤバい!」GG誕生のきっかけを作ったDragon Ashをジョージが熱い言葉で呼び込むと、『THE FACES』の冒頭曲「Introduction」が流れ、メンバーがステージに。「The Show Must Go On」を皮切りに、ツアー&フェスで熟成されたサウンドとエネルギーで場内を一気に沸点へと導く。
140820_MS_1442
おかげでフロアは早くもモッシュとダイブの嵐だ。「crush the window」と「Velvet Touch」と久々の曲を続けたあとは、いつにも増してキレッキレな演奏と歌からライブ・バンドとしての誇りがほとばしる「The Live」。そしてそのまま、YALLA FAMILYを迎えた「Still Goin’ On」から「百合の咲く場所で」「Fantasita」、金色に輝くドラムの音から始まった最後の「Curtain Call」まで。あの美しく濃密なライブ・ゾーンはまさにKjがこの日MCで言っていた、「ライブという、みんなの”宝物”」のひとつになったのではないかと思う。
140820_MS_1441
世の中にはいろんな表現があるだろう。それぞれどう感じるかも自由だ。けれどこの夜は、切磋琢磨したスキルと感性で音を奏で、偽りない思いと感情を本気で歌う音楽家と、その姿が何より尊く美しいと感じる人々だけがそこにいた。そしてその喜びを誰もが共にわかち合う、ロックのあるべき姿がそこにあった。今や星の数ほどフェスやイベントはあるが、こんなにリアルでピースフルでアット・ホームな宴、やっぱり滅多にない気がする。

SETLIST

SPECIAL OTHERS

  1. Quest
  2. ORION
  3. PB
  4. neon
  5. Sailin’

BOOM BOOM SATELLITES

  1. DRIFTER
  2. HELTER SKELTER
  3. ONLY BLOOD
  4. BACK ON MY FEEL
  5. DIVE FOR YOU
  6. BROKEN MIRROR
  7. タイトル未定
  8. FOGBOUND

Dragon Ash

Introduction

  1. The Show Must Go On
  2. Run to the Sun
  3. crush the window
  4. Velvet Touch
  5. The Live
  6. Blow Your Mind
  7. Still Goin’ On
  8. 百合の咲く場所で
  9. Fantasista
  10. Lily

ENCORE

  1. Curtain Call

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人