“誰も邪魔できない”Blu-BiLLioNだけの特別な場所

“誰も邪魔できない”Blu-BiLLioNだけの特別な場所

Blu-BiLLioN

9月になかのZERO大ホールでのワンマン・ライブを控えているBlu-BiLLioNが待望のシングル「GARDEN」をリリース。彼らにしか作れない最高の“ステージ”を歌にのせて表現した新曲の魅力に迫る。

INTERVIEW & TEXT BY 清水素子


今のヴィジュアル・シーンでいちばんかっこいいバンドを作りたい

──Blu-BiLLioNといえば、メロディの良さを第一の武器とするバンド。となるとリーダーのSeikaさんは、やはりメロディ重視でやれることを条件にメンバーを集めたんでしょうか?

Seika いや、そういうわけではないですね。メロディのいい曲をやりたいという想いは最初からあったけれど、集めてみたら偶然そうだっただけ。ただ、イケメンを集めたいとは考えてました。僕、個人の考えとして、かっこ良い人がヴィジュアル系をやっているイメージなんです。

──やっぱりヴィジュアル系だけに?

Seika はい。ヴィジュアル系は本当にかっこいい人たちがやっているからこそかっこいいんだって信じていたので、このシーンに自分が飛び込んだときは“こんな風にメイクで変身してたんだ!”って驚いたことを覚えています。だからBlu-BiLLioNを結成するときは、全員かっこいい奴らを揃えて“これぞヴィジュアル系だ!”と言えるバンドにしたかったんです。つまり、今のヴィジュアル・シーンでいちばんかっこいいバンドを作りたいって思いが誰よりも僕は強かったですね。

ミケ ぶっ込むなぁ。Seikaちゃん以外、顔なんて気にしてないのに(笑)。

──いや、断言できるのは素晴らしいです。そのかっこよさには当然、音楽面での裏付けもあるわけですから。

ミケ メロディが良い曲をやるっていうのは大前提ですね。6人それぞれ好きな音楽性もバラバラだけど、そのなかでもメロディ重視っていうのが共通点なんですよ。僕の場合はずっとJ-POPを聴いてきて、幼稚園の頃はアニメの曲を歌ってたり、ロックでもメロディックな曲をやるバンドが好きだった。

mag 僕は椎名林檎さんとか、ちょっと風変わりでメロウな感じが好き。

 中島みゆきさん、村下孝蔵さんとか、ちょっとフォーク寄りの物悲しいメロディは響いてきますね。

teru 僕のルーツは、やっぱり小室哲哉さん。ずっと彼に憧れてきたので。

宗弥 最初に買ったCDはKinKi Kidsで、アイドルからゲーム音楽、J-POPにメタルと雑食だけれど、基本的に流行っていたものを聴いてきたから、振り返れば全部メロディが良かったんだと思う。そうやって6人分の音楽素養があるがゆえの変幻自在な部分だったり振り幅は、特に見てほしいところですね。

他のバンドでは絶対にできない演出、その場でしか感じられないもの

──今回のシングル「GARDEN」も、パワー・コードを利かせたロックなライブ・チューンで、確かに振り幅の広がりを感じました。

ミケ メロディ重視だからって聴かせる曲だけじゃなく、いろんなタイプの曲ができるバンドだってことを示したいんですよ。ヴィジュアル面でもバンド名に反して赤を基調にしたり、髪も全員バッサリ切って、ちょっとイメチェンを図ったんですね。それに合わせて楽曲も、今までメインで作曲してきた宗弥ではなく、あえてmagにライブ・チューンを書いてもらったんですけど……。

mag もう、大変でした! “ロックなライブ・チューン”っていうお題に応えるために、グリーンデイだとか自分が好きなバンドの曲をひたすら聴いて、テンションを高めた勢いで作った感じ。

宗弥 個人的には、すごくmagのキャラクターが出た曲になった気はする。男らしい部分やラフな感じもありつつも、ヴィジュアル通りの綺麗さも持ち合わせているところとか。いつもは大仰なBメロやサビもサラッとしていたり、シンプルなインパクトを大事にしているのは今までと違うところですね。このバンドってみんな器用だから、いろいろ音のはめ方も考えて凝ったことをやってきたけど、ありふれたアプローチでも自分たちの色に染められる自信が、ようやく出てきたんですよ。

mag Aメロのユニゾン部分とか、カッチリ決まると気持ちいいもんね。

珀 結果、メロディアスでリズムが良くてハーモニーも綺麗っていう主軸は保ちつつ、よりロックに特化したアプローチになったかなと。

──歌詞でもライブの状況を綴っていますよね。その空間を“庭=GARDEN”に例えて、ダイレクトに熱を訴えているのも新しい。

ミケ そう。俺らがライブしているときの気持ちだったり、オーディエンスの雰囲気を、そのまま書いたんですよ。なので、これを聴いて“あ、ライブに行ってみたいな”と思ってくれたら嬉しいですね。

Seika “誰も邪魔できない僕らだけのGARDEN”っていう大サビは、本当にその通り。ライブって俺らだけの空間で、スタッフも誰も止められないから。

teru Aメロとか英詞回りのラップっぽいボーカルも好きですね。ラップ・パートは自分が歌うこともあるんですけど、ミケの譜割って独特で面白いんですよ。

──メロディックな歌も衝動的なラップもイケるとは、確かに器用ですね。四つ打ちを基軸にした宗弥さん&teruさん作曲の「HELLO」に、珀さん作曲の哀愁漂うラブソング「境界線」と、カップリングにもキャラクターの強い曲が揃ったなと。

宗弥 曲が増えてきたのもあって、いろんな角度から“いい曲”にアプローチしたいんですよね。おのおののスキルを信用できるから何にでも挑戦できるし、今後もさらにバラエティ豊かなものを見せられるはず。

──なかのZERO大ホールでのワンマン「-ZERO- distance」も9月12日に控えていますが、では、ここではどんなものが見られるんでしょう?

Seika 今年の2月に日本青年館で初めてのホール・ワンマンを経験したことで、見えてきた“次”のビジョンは大きいんですよ。ここで新しいBlu-BiLLioNの形を提示して、よりホールの似合うバンドになれるはず。

ミケ 他のバンドでは絶対にできない演出、その場でしか感じられないものを見せるので、絶対に現場で脳裏に焼きつけてほしいですね。今は広いホール空間に自分の声と楽器の音が響いて、メンバーもオーディエンスも互いに感動しているシーンしか見えていません。

リリース情報

2014.08.13 ON SALE
SINGLE「GARDEN」
Resistar Records

J-140731-BA-1851

[初回盤A/CD+DVD]¥1,800+税
[初回盤B/CD+DVD]¥1,800+税
[通常盤/CD]¥1,200+税

詳細はこちら

ライブ情報

Blu-BiLLioN ONEMAN LIVE「-ZERO- distance」
9月12日(金) なかのZERO 大ホール

詳細はこちら 
オフィシャルサイト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人