【男性必見!】女の子を魅了する合コン戦略と必勝カラオケ・ソングとは?

PHOTO:© taa22 – Fotolia.com

盛り上げようとテンションを上げていけば良いというわけではない!

夏真っ盛り。恋人がいない男性としては、夏祭りや花火大会などに出かけて女性との楽しいひとときを過ごしたいもの。そこでまずは彼女を作ろうと、出会いの場としての代表格「合コン」に狙いを定めて意気込む人も少なくないはずだ。

しかし、勢い余ってはしゃいでいたり、盛り上げようとテンションが高い男性に、「逆効果だし、逆に避ける女の子のほうが多いくらい」と警鐘を鳴らすのは、新宿・歌舞伎町の元キャバクラ嬢で合コン300回以上の合コン経験を持つマリさん(源氏名)。合コン論を交えながら、武器となるカラオケについても赤裸々に語ってもらった。

「自己主張と個性を取り違えている男の子が多いと思う。でも個性が強すぎてもまずい。むしろ目立たなくていいから、無難な感じのがかなりマシ。女の子だってイケそうな男の子を狙うことを知ったほうがいい」(マリさん)

どうやら無理に存在感を誇示するよりも、マイナス点がないということが大切のようだ。では、それを前提として意中の女性に接近したい場合、どんな曲をカラオケで歌えばいいのだろうか。マリさんに選曲してもらった。

◎Mr.Children「sign」

「『オレンジデイズ』の主題歌っていうイメージがものすごく強いと思う。ああいう恋愛したかったとか当時はこんな恋愛していたとか、何かしら思い出がある曲の確率大。特に女子力の高い系の女の子には響く曲」

◎BUMP OF CHICKEN「天体観測」

「知名度がすごく高いから知らないってことはまずない。この曲のターゲットは、素朴な恋愛観を持っていたり、地味めな女の子。実は少しオタク気味っていうのが事前にわかったら、とりあえずバンプで!」

◎L’Arc〜en〜Ciel「Driver’s High」

「勢いがあるし、盛り上がる曲。あまり古すぎないのもポイント高め。女の子のタイプは、友達みたいな感覚で付き合いたい子や同じ趣味で時間を過ごしたいって感じの子に歌うといいかな」

ちなみにマリさんによれば、実際に歌う際にはバンドマンのような変なマイクな持ち方や画面や女の子に向かってのキメ顔は、笑いを堪えるのがつらいからやめてほしいとのこと。これらのノウハウを頭に叩き込んだら、実践の場へ繰り出して、素敵な夏の思い出を作ってほしい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人