【前半】強さを感じさせるサウンドとは裏腹な、可愛らしい一面を覗かせたSOL(from BIGBANG)の意外な素顔。

【前半】強さを感じさせるサウンドとは裏腹な、可愛らしい一面を覗かせたSOL(from BIGBANG)の意外な素顔。

SOL(from BIGBANG)

前衛的なサウンドを展開するBIGBANGのボーカルSOL。初となるソロ・アルバムは様々な角度からアプローチした盛りだくさんな一枚となった。こちらも、D-LITEに続き、エムオン!の音楽情報番組「最新最速エンタメタイム CDET!」の収録現場に密着! 音からは想像つかないほどの、温和な雰囲気の彼がそこに居た。

INTERVIEW & TEXT BY森 朋之 PHOTOGRAPHY BY 田中和子(CAPS)


“これが自分のテイスト”というサウンドも強く出てると思う

 スタジオに入ると、SOLはファッション雑誌のインタビューを受けているところだった。「アルバムのコンセプトは?」「あなたにとってG-DRAGONはどんな存在?」「自分の身体で好きなパーツは?」「どんなファッションの女の子が好き?」「部屋の中でいちばん好きな場所はどこ?」。一つひとつの質問に身振り手振りを交えながら、ていねいに答えていくSOL。日本語もかなり上達しているようだ。
 満を持してリリースされる日本デビューアルバム「RISE[+SOLAR&HOT]」。「EYES,NOSE,LIPS」「1AM」「RINGA LINGA」の日本語バージョンを含む本作は、日本におけるソロ活動の本格的なステートであると同時に、これまでのSOLのキャリアを総括するコンプリート・ベストでもある。この日のプロモーションでも彼は、自らの音楽性、世界観、アーティストとしてのアイデンティティを自分の言葉でしっかりと伝えようとしていた。 

──日本デビューアルバム「RISE[+SOLAR&HOT]」がリリースされます。まずは聴きどころを教えてもらえますか?

「日本では初めてのアルバムなんですが、僕がこれまでに発表したアルバム(『SOLAR』『HOT』)と最近出た『RISE』というアルバムがまとめて入ってるので、これを聴いたら、SOLのこれまでの音楽性の変化、表現の仕方など、僕のヒストリーが全部分かると思いますね」

──これまでの活動のなかで、かなり音楽的な変化があった?

「そうですね。たとえば最初の『HOT』は僕の強いカラーを見せるようなアルバムだったんですけど、『RISE』は長い時間をかけて作業したんですよ。だから、さらにいろいろなジャンル、色が出ているんですよね。それをまとめているので、いろんな感性を感じてもらえると思います」

──ヒップホップ、EDM、ロックなど、様々なジャンルのサウンドが表現されているのも印象的でした。普段からいろんなタイプの音楽を聴いてるんですか?

「そうですね。“これが自分のテイスト”というサウンドも強く出てると思うんですけど、基本的に“いいものはいい”というのが僕の音楽に対する態度なので。実際、自分が好きな楽曲を並べてみると、全然違うジャンルなんですよ」

M-20140807=2157

──8月から9月にかけては初の日本ツアー“SOL JAPAN TOUR“RISE”2014”が行われます。意気込みのほどを教えてもらえますか?

「僕が(日本で)アルバムを出したいと思ったいちばんのポイントは、ツアーをやりたいということだったんです。だから、今回のツアーは僕にとってもすごく意味があると思いますね。ツアーの内容に関しても、僕が1から10まで参加しています。舞台セット、コンサートのなかで使う映像に関しても自分でディレクションしてるので、僕の世界をもっともっと見てもらえると思います」

──BIGBANGのツアーとはかなりテイストが違う?

「はい。最近のBIGBANGのツアーはドームみたいな大きい場所でやることが多いですからね。自分のツアーはもっと小さいところでやるので、ファンの皆さんに近いところで音楽を聴かせることができると思います。共感してもらえるコンサートにしたいですね」

インタビュー後半はこちら

リリース情報

2014.08.13 ON SALE
ALBUM『RISE[+SOLAR & HOT]』
YGEX

SOL-CD+DVDJK[初回盤・通常盤/2CD+DVD]¥3,800+税
[2CD]¥2,800+税

詳細はこちら

 オフィシャルサイト 

【LIVE】

“a-nation 2014”
8月29日(金)味の素スタジアム
詳細はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人