ザ・夏ソングではないこの「HOTEL」を選んだワケとは?倖田來未の新作に迫る!

ザ・夏ソングではないこの「HOTEL」を選んだワケとは?倖田來未の新作に迫る!

倖田來未

“夏シングル”を定番としつつある倖田來未。今年は少し大人なミディアム調の楽曲がメイン・タイトルとなっている。カップリングでは、“夏全開”のアップチューンも楽しむことができる、幅のある作品に。熱い夏がここに!

INTERVIEW & TEXT BY永堀アツオ


文句のつけどころがない、快適に過ごせるホテルの中には、あなたの知らない空間がある

──恒例のサマー・シングルがリリースされましたが、表題曲「HOTEL」はこれまでにない、ミッドテンポのダンスナンバーになってますね。ゴージャスながらも肩の力が抜けたヴォーカルがとても新鮮に感じました。

倖田來未 いい意味でサラッとしてる曲だから、ちょっとニヒルに歌ってみたんですけど(笑)、様々なトライをさせてもらったアルバム『Bon Voyage』に続いて、今回もまた、新しい倖田來未の顔が見たいって思ったんですね。普通に考えれば、2曲目の「MONEY IN MY BAG」のほうが“ザ・倖田來未”っていう感じがするじゃないですか。でも、私もファンも想定内のものでは、面白くないなと思って。そういう意味では、「HOTEL」は、いわゆる倖田來未らしい楽曲のカテゴリーには入ってない曲だったけど、制作側の思いもあったし、私もやりきってみたいなって思ったんですね。歌詞を書いて、歌入れをして、衣装やメイクを決めて、フリを入れて、MVを撮って、ジャケ写を撮って……。塗り絵みたいに、どんどん色付けていくことで自分の世界観に近づいていって。最終的に自分で納得のいく1曲に仕上がったなって思いますね。

──リゾートホテルにナビゲートするようなイントロ〜インタールードからはじまりますが、この「Kumi’s Hotel」は、どんなホテルと言えばいいですか?

倖田 今回、ダンサーさん6人に振り付けをお願いして、その中から楽曲の世界観に合ったフリを選んでるんですね。MVの中盤に黄色い空間で踊ってるダンスがあるんだけど、あのフリを見たときに、この曲はヒップホップにも聴こえるサウンドなんだなっていう新しい発見もあった。スニーカーで女性らしいアレンジで踊ってるシーンも新鮮だったんですよ。要は、オーナーは私だけど、つねにみんなの意見を聞いて成長していこう、前に進んでいこうっていうのが、この“Kumi’s Hotel”のポリシーだと思う。歌詞と映像では、文句のつけどころがない、快適に過ごせるホテルの中には、あなたの知らない空間があるっていうテーマで作ってて。さわやかな空間もあれば、また違った部屋も用意しているし、倖田來未らしいセクシーさもあるっていう感じですね。

──続く「MONEY IN MY BAG」は、先程も倖田さんが言ってたように、 “ザ・倖田來未”といえる、女性上位のヒップホップ・ナンバーになってますね。

倖田 倖田來未というホテルはどこにあるか? と聞かれたら、やっぱりライブだと思うんですね。当然、倖田來未の楽曲選びの根本にあるのはライブで、この曲はライブで歌ったら絶対に盛り上がるなって思ったんです。歌詞も、とてもやんちゃな女性の表現になってて。私のことが好きなのであれば、お金を鞄に詰め込んでねって。私の価値を計るのは、お金だ、と。相手の評価を知るには、プレゼントが最適で、その人が持ってるもの、すべてをくれないとイヤよっていう歌詞になってますね。MVの監督は、いつものセキ☆リュウジさんで、夜の工場地帯で撮ってて。こっちもヒールではなく、スニーカーで踊ってるんですけど、開脚では大きなアザを作ってしまって大変でした。オシャレはガマンと一緒で、いいものを作るにはガマンが大事(笑)。いつも通りの激しいダンスで、いつも通りの楽曲とMV。昔から応援してくれてる人は、1曲目でびっくりするかもしれないけど、2曲目で安心してくれるんじゃないかと思いますね。

これまでの夏のシングルが“暑い夏”だとしたら、今回は“涼し気な夏”

──さらに、3曲目にはストリングスとアコギが優しく心に寄り添うスロウテンポのR&Bナンバー「TURN AROUN」が収録されてます。

倖田 もしも彼がいなくなってしまったら……当たり前に思っていた日常の些細なやり取りがなくなってしまったときに、どんな思いになるかなって想像しながら書きましたね。すべてが愛おしかったのに、それはもう過去の夏の思い出になってしまっている。記憶は残ってるけど、もう一度、あなたに振り向いて欲しいっていう、未練のある切ない女の子の楽曲です。

──本作をどう聴いて欲しいですか?

倖田 「HOTEL」はリゾートに旅行した気分になれる曲だと思うし、「MONEY IN MY BAG」はちょっとワルい気分でドライブするときにもぴったりだし、「TURN AROUND」は夕暮れの夏の風が吹いているような雰囲気があって。これまでの夏のシングルが“暑い夏”だとしたら、今回は“涼し気な夏”。倖田來未も31歳を過ぎて、大人の階段を徐々に上っていってるっていうことで(笑)。なんというか、力んで頑張ってる感ではなく、あくまでも音楽を楽しんでるっていう気持ちを伝えたいなって思ったんですね。スタッフとも、いい意味で、力の抜けた女性観で作りたいねって話してて。今年の夏は、倖田來未というホテルに、ぜひ皆さん、癒されにきて欲しいし、涼しい夏を感じてもらえたらいいなと思いますね。

リリース情報

2014.08.06 ON SALE
SINGLE「HOTEL」
rhythm zone
MAIN_JK_CD+DVD[CD+DVD]¥1,800 [CD]¥1,200 

詳細はこちら

オフィシャルサイト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人