DAIGO、岩田剛典、與 真司郎、ユンホ。この4人のモテ要素を徹底解剖!【男性編】

DAIGO、岩田剛典、與 真司郎、ユンホ。この4人のモテ要素を徹底解剖!【男性編】

マダムミハエルの恋愛部【活動02】

ネームリーディング・アドバイザーのマダム・ミハエル氏を顧問としてお迎えし、“いい女”“いい男”になろう! というスローガンのもと、先週からスタートした「恋愛部」。第2回目は“いい男”を知ろう! がテーマ。編集部が男性アーティスト30人程をセレクトした中で、ミハエル・レーダーに引っかかった4人の男性をピックアップして、お節介にも“ふむふむ、あなたはこういう人で、こういうタイプの女性が合うと思いますよ”なんて、勝手にリーディングをしちゃいました! この中に気になるタイプの男性はいますか?

前回の心理テストの最後に書かれていた、週刊誌風の見出し! なんだろう!? って思いましたよね? 実は、ミハエル・レーダーに引っかかったのは、DAIGO(BREAKERZ)、岩田剛典(三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE)、與 真司郎(AAA)、ユンホ(東方神起)の4名でした! リーディングの結果はこちら。

まさかまさか……三人組ロック・バンドのvoは、宇宙人とのハーフだった!?

DAIGO(BREAKERZ)
M-140131-YM-1926

 DAIGOさんを見てみると、大物になる何か、人をまとめていくような運を持って生まれて来ているような気がしますね。自然と目立つ存在です。
 アーティスト性やセンスがちょっと人と変わっていて、ものすごくマイ・ワールドが強い人。人といる時は明るく騒いでいるんだけど、もう一人いる彼は、寡黙で一人の世界にいるようなところをもっている。アナザー・ワールドをもっている人。本当の自分が二人いる感じなんです。だから、とてもアーティスティック。“芯がある”って言葉がありますけど、彼の場合、その“芯”が“世界”なんですよね。だから、宇宙人っていうデビュー当初のコンセプトは、あながち間違ってなかったんじゃないでしょうか(笑)。でも、浮かんでくるイメージとして、きらびやかな星ではないんですよね。砂の惑星みたいな、砂地とか岩地とか、そういう乾いた感じの星のイメージです。
 2つの世界をもつ人なので、他の人からみると“つかみどころのない人”というイメージ。すっごく仲がいい人は実は少ないんじゃないでしょうか。女性に対しては、すごく盛り上げようっていう気持ちをもっているし、寄ってくる人に対して適当に扱うようなことはしません。ただ、女性に対してちょっと王様チックになることもありそうです。だから、何か衝突することがあっても、“違う星の人だし、しょうがないか”と受け流せるぐらいの、お姉さんキャラが合ってると思います。

近頃EXILEに加入したあの大人気I.Tのあだ名がヤバイ!?

岩田剛典(三代目J Soul Brothers)
140718-TR-1007

 岩田さんは実は3週間前にお会いしてリーディングをさせていただいたんですが、その時感じた雰囲気よりも、パリッとしていてやる気がより強くなっていますね。彼はとっても熱い人ですよ。ただ、内に秘めた熱さが出る時と出ない時がある。飽きっぽくて、ピンとこないことにはものすごく適当になっちゃう人。自分がすごく興味があることとか、尊敬する人とか、そういうど真ん中にハマるとものすごく熱くなる人なんですよね。逆に興味がないことに関しては、空返事だけ、みたいな(笑)。オンとオフがはっきりしているから、自分が興味がないことは、やってはいけません。
 恋愛に関してですが、今はちょっと恋愛モードではないかもしれないですね。でも彼は、この恋愛部が目をつけただけあって、すごくモテる人。なんでモテるのかというと、やっぱり一途に何かに向かって頑張っているし、仕事で輝いているから。だからこそ、ちょっと硬派な部分もある。どういう人が相性がいいかというと、彼の夢を邪魔しない人でしょうね。女性の方も何か打ち込むものをもっていて、例えばERの女医さんとか。めっちゃ命をかけて世界平和のために何かをやってる、みたいな(笑)。そういう人であれば、年に2回ぐらいしか会わない、ぐらいでもいいと思います。まあ、年に2回っていうのはちょっと極端ですけどね(笑)。

男女7人組のクール担当は実は甘えん坊だった!?

與 真司郎(AAA)
140606-YM-1853

 與さんはとても芯の強い人ですね。曲がってない人ですよ。岩田さんと與さんは夢追い系の負けず嫌い。でも、與さんは岩田さんよりもっと負けず嫌いですよ。本当に思っていることは、たぶん言わないタイプ。もちろん、お世話になっている人にはきちんとしてるし、誠実ではあるんですよ。意外とボケてみたりするところもあるんだけど、あまりそこにツッコミすぎたり、彼のことをそういうキャラだと思って付き合うと間違ってしまうというか。軽い感じで馴れ馴れしくいくと、表面上は出さないですが、心のシャッターは閉めてしまうようなところがあります。何事に対しても、彼の中では、“好き”か“嫌い”かではなく、“好き”か“どうでもいい”で分類されているような感じがします。“好き”じゃない人はスルーしちゃうから、“嫌い”っていう感情はあんまりもってないかもしれません。だから結構クール&ドライな面をもっていると思いますよ。古風だし硬派ですよね。
 でも恋愛に関して、與さんは意外と甘えん坊な感じがしますね。女の人には弱音が吐けたりするんじゃないかな。そういう人がいないと外で戦えないんでしょうね。“この人には私しかいないのよね”“ちょっと遊んで戻ってきたらいいわ”ぐらいの大きく構えているような、すごく年上っぽい感じの女性が合うと思いますよ。


大人気の韓国2人組のリーダーは、地球も抱いちゃう壮大な人格!?

ユンホ(東方神起)
M-20140609-KK-2107

 ユンホさんは優しい人ですね。心が清いというか、本当にこの人は人格者ですよ。周りから信頼される人です。結婚するならこの人! って感じですね。ユンホさんがそういう人だからこそ、女性もしっかり者で口の固いタイプの人が寄ってくるんじゃないでしょうか。あと、結婚した相手のお母さんにも気に入られる感じでしょうね。裏表がないし、安心感がある人だから、すごくモテるんだと思います。
 ユンホさん自身が好きになる女性のタイプは、やっぱりあんまり前に出過ぎる人じゃなく、結構古風なタイプの人。ただ、女の人にずっと構っているタイプではないんです。彼は顔が広いし、知り合いも多いので、みんなを大事にするタイプ。守りたい人がたくさんいるから、彼女のことが後回しになっちゃうんですよね。家族をとても大事にしている人でもあります。だから、あんまり“構って構って”って言う女性はダメかもしれないですね。あと、ダメンズ好きみたいなちょっと変わった女の人はユンホさんに飽きるかもしれない(笑)。そういう人には、ユンホさんはちょっと色気がないように見えるかもしれないですからね。でも、良い旦那さんタイプですよ。芸能界にいるのがちょっと不思議なくらい(笑)。60歳ぐらいになると、さらに男性としても人間としてもよくなると思います。年を取れば取るほど魅力が増す人ですね。

 そんなユンホさんの相方、チャンミンさんもみてみましょうか。チャンミンさんは、かわいらしい性格してますね。とても無邪気。ゆるキャラではなく、マスコットみたいな感じ。ゆるキャラみたいなゆるい感じではなく、そこにいてみんなに構われて、カッコいい! とかカワイイ! とか言われて、キラキラと輝くタイプです。放っておかれるとダメなタイプですね(笑)。

さて、いかがでしたか? ファンの方たちは「そう、そう!」と思う部分もあったりするのではないでしょうか? そうして、まだ解明されていない三代目 J Soul Brothersの岩田さんの見出し……“あだ名事件”(事件じゃないですが・笑)。とっても気になりませんか? これ、まだまだ引っ張ります(笑)。リーディングの冒頭にも書いてあるように、なんと! 岩田剛典さんに実際にお会いして、リーディングを敢行いたしました! 淡々としてそうなのに、意外にもノリノリな岩田さんの姿をお楽しみに♪

【緊急告知】

岩田剛典の恋愛模様を徹底解剖!
・女の人のことをみようとすると○○○○がみえてくる!?
・女の人からみた岩田剛典は電柱のよう!?
まさかの企画倒れか……!? というハラハラした展開に編集者号泣!?

次週もこうご期待!

TEXT BY 大窪由香

<PROFILE>

mihaeruマダム・ミハエル

ネーム・リーディングアドバイザー。独自のネーム・リーディング・スタイルを確立。DM各局のゲスト出演や、女性誌にも頻繁に登場するなど、数々のメディア露出と共に、各界著名人のリーディングも行っている。(音楽雑誌「WHAT’s IN?」にて、毎月、生まれ月ごとの運勢を掲載中!)通常は東京・神宮前にて個人のリーディングを行う。◇ホームページ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人