彼女が見た“福島の空”はどんな色をしていたのだろうか?片平里菜の『amazing sky』ついに完成。

彼女が見た“福島の空”はどんな色をしていたのだろうか?片平里菜の『amazing sky』ついに完成。

片平里菜

若い世代を中心に、共感する歌詞が話題となっている片平里菜。夏フェスなどにも多数参加して、ロックファンも獲得しつつある彼女が、初のアルバムをリリースする。デビュー前からの音楽活動の集大成がここに!

INTERVIEW & TEXT BY前原雅子


当時は10代なりにドロドロしてて、「会いたい、会いたい」しかなかったと思う

──初めてのアルバム完成しましたね。

片平里菜 音楽活動を始めた18歳からの4年間を集大成できて、すごくうれしいです。いろんな時期に書いた、1曲1曲のキャラクターも濃い楽曲だから、最初は正直「どうなるのかな」と思ったりもしたんですけど。どれも自分の作ったメロディと歌詞なので、そこに統一感があるような気がして。自信を持ってお渡しできるものになりました。

──どういうアルバムにしようとか、あらかじめテーマなどを考えていたりしました?

片平 初期衝動的なものを描いたアルバムになったらいいな、と思ってました。それをテーマに曲を選んでいったので、選曲もほとんど迷わなかったです。

──初期衝動というのは?

片平 多感な時期に感じていた気持ちを表現したかったんです。だから10代の頃に書いてライブで大事に歌ってきた曲と、今の私が昔のことを書いた曲を入れようと思って。

──どんどん曲を書いていくと初期の曲は、発表する機会が減っていきますもんね。

片平 そうなんです。それ、結構もどかしいんですよね。出来たての曲を聴いて欲しい、でも初期の曲も出したいって。

──そこで順番を考えた(笑)。

片平 そう(笑)。でも年明けに書いた「teenage lovers」も入っているので。これが今回のなかでいちばん新しい曲なんです。

──「teenage lovers」はいい曲ですね。

片平 私も大好きなんです。10代の恋人同士の曲なんですけど、昔の自分を俯瞰で見て、純粋だったなぁと思い出しながら、キュンとくる言葉を選んで書きました。

──時が経って初めてわかる感情なのかなと。

片平 そう思ったんです。当時は10代なりにドロドロしてて、「会いたい、会いたい」しかなかったと思うんですけど、今はそういうことも俯瞰して見られるから。

──そこが切ないんですね。「会いたい」だけじゃない自分になってしまった……って。

片平 わかる~(笑)。10代の頃は好きっていう気持ちだけで恋愛できてたから。そこが今振り返ると、すごく美しい、みたいな。

──恋愛に時間の大半を費やせましたから。

片平 そう、そうなんです。もう授業中とかもポーッとして考えたりして。

──でも今は。

片平 無理(笑)。曲を書いたり、片付けしたり、目先のことを優先して後回しにしちゃいますよね。そこが切ない。

──逆に最も初期の曲は、どれになります?

片平 「夏の夜」ですね。初めて地元のライブハウスで歌うことになった、18歳の夏の終わりに書いた曲で。だから原点というか、初期の初期の曲ですね。この頃は人に自分の歌を聴いてもらえない状況だったので、そういう自分の内面を掘り下げた曲というか。

──そういう気持ちで書いた曲が、初めてのアルバムの1曲目というのが素敵ですね。

片平 本当に。この曲がきっかけになって、今の自分に向けた1歩が踏み出せたので。いちばん片平里菜らしい、自分の根っ子にある曲かなって。自分のために書いたようなところのあるこの曲が、自分だけの歌じゃなくなって、希望の歌になったような気がしてます。

音楽と巡り逢って欲しいって思うし、おこがましいですけど“私と巡り逢ってください”って思う

──アルバムタイトルの『amazing sky』はどういうところから?

片平 今回の13曲って1曲1曲のテーマはいろいろなんですけど、結局は愛だったり、普遍的なことを歌ってると思うんです。そのなかでも愛っていうテーマがいちばんわかりやすく象徴されているのが、「夏の夜」と同じ頃に作ってライブでもいちばん多く歌ってきた「amazing sky」っていう曲だと思って。それをタイトルにすることにしました。

──でもこうして初めてのアルバムが出来た今の気持ちは、どうですか。

片平 素直にうれしいし、いろんな人に聴いて欲しいと思います。特に自分が10代の頃は意味もなく悩んだりして、ホントにすごく内向的で。音楽を聴いてなかったら、どんどん自暴自棄になってたような気がするんですね。だから、今そんな人たちに、私がそうであったように音楽と巡り逢って欲しいって思うし、おこがましいですけど“私と巡り逢ってください”って思うんです。私の音楽が10代の人にそう響いたらすごくうれしいなって。

──ところで今年の後半は、夏フェスを皮切りにそうとう忙しくなりそうですね。

片平 でもちょいちょい休みはあるので。東京に引っ越してきて、とりあえず物は揃ったから、今は休みというと整理整頓中(笑)。

──秋にはツアーも始まりますね。

片平 ツアーは2回目になるので、より完成度の高いものを見せられたらなぁと思ってます。ラストの福島は私が初めて弾き語りのライブをした場所で、なんか変な安心感と緊張感があるんですね。その緊張感がなんなのか、わからないんだけど(笑)。

──原点だからこその緊張感なんですかね。

片平 かもしれないです。ちょっとでも前に進んでなきゃいけない場所、みたいな。でもそれも含めて、今からとても楽しみです。

リリース情報

2014.08.06 ON SALE
ALBUM『amazing sky』
ポニーキャニオン

初回限定盤【初回限定盤/CD+DVD】¥3,500 【通常盤/CD】¥3,000

詳細はこちら

diffusy presents 片平里菜 2nd ワンマンツアー“amazing sky”

11/16(日)名古屋ell.FITS ALL
11/18(火)仙台LIVE HOUSE enn 2nd
11/23(日)大阪umeda AKASO
11/24(月・祝)恵比寿LIQUIDROOM
12/06(土)福岡Queblick
12/13(土)福島Live Space C-moon

詳細はこちら

オフィシャルサイト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人