【後半】“ちやほや”されたい願望が!? D-LITE(from BIGBANG)の和やかゆるトーク!

【後半】“ちやほや”されたい願望が!? D-LITE(from BIGBANG)の和やかゆるトーク!

D-LITE(from BIGBANG)

ソロ・アルバムとしては2作目、オリジナルとしては初となるD-LITEの『D’slove』がリリースされた。今回は、エムオン!の音楽情報番組「最新最速エンタメタイム CDET!」の収録現場に密着し、アルバムに込められた想いを聞いた。彼の優しいキャラクターが生み出す空気感を感じてほしい。

INTERVIEW & TEXT BY森 朋之 PHOTOGRAPHY BY 田中和子(CAPS)


──6月から7月にかけて行われたアリーナツアーも素晴らしかったです。武道館の公演を見させてもらったんですが、ファンの皆さんが本当に温かくて。

「あ、伝わりましたか(笑)」

──はい(笑)。観客とのトークの掛け合いもすごく楽しかったし。

「いちばん大事にしてるのはそこなんですよね。もちろん歌も重要なんですが、ファンの皆さんと話す機会もあんまりないし、ライブのときは“僕たちだけの時間”をしっかり作りたいな、と。そういう意味では、MCも大事なパフォーマンスなんですよね。去年のツアーに来てくれた方も多かったし、僕のライブのスタイル、会場の雰囲気を分かってもらえていたのも良かったと思います」

──本当にフレンドリーですよね。お客さんにペットボトルの水をプレゼントしたり……。

「最初はあげる予定ではなかったんですけど、いきなり“何かを差し上げたいな”と思って、まわりを見渡したら水しかなかったんですよ(笑)。これはライブのMCでも何度も言ったんですけど、僕は特別な存在でもないし、すごい人、偉い人ではなくて、普通の人なんですよね。ただ歌が好きっていうだけなので……。だから、“最高のパフォーマンスを見せます”ということではなくて、ファンの方々の思いを理解して、共感しながら前に進んでいきたいんです。友達みたいな存在でいたんですよね、ホントに」

──ボーカリストとしてもすごいし、個性的なエンターテイナーだと思いますけどね。「リハのときは声が出づらくても、本番になると歌えるんです」と話していたのも印象的でした。

「元々そんなに喉が強いほうではないし、“今日はやばいな”って言うときもありますからね。そこはもう、必死でやってるだけです」

──すごい気合いですよね。個人的にはBIGBANGの「FANTASTIC BABY」をひとりで歌う場面も好きでした。

「ハハハハハ! まあ、たいしたことはないです。そんなに難しくないので(笑)」

──(笑)。ソロ活動以外のことも聞かせてください。BIGBANGとして“a−nation”に出演しますが、どんなライブにしたいですか?

「ソロ活動の期間というのは、個人的に成長できる時期だと思うんですよね。そこでいろんなことを感じて、また5人で集まったら、ものすごくパワーアップしているっていう。“a−nation”のステージは久しぶりですが、絶対に盛り上がると思います!」

M-20140801-KK-1658

──メンバーのSOLさんも日本デビューアルバムをリリース、全国ツアーを開催します。彼のソロ活動についてはどんな印象を持ってますか?

「日本でのソロ活動は僕のほうが早く始めましたが、(SOLは)韓国ではずっと前からやってますからね。自分のソロ活動の用意をしているときも、G-DRAGON、SOL、V.Iのソロの資料を参考にしてたんですよ。SOLはカッコいいし、歌も上手いし、ダンスもすごいし、全然心配ないんじゃないですか(笑)」

──お互いに認め合ってるんですね。

「そうですね。そこも僕たちの強みだと思います」

──今、注目してる日本のアーティストは?

「1stアルバムでカバーさせてもらったアーティストの新しい作品は聴いてますね。この前、秦 基博さんに新しいツアーDVDをプレゼントしていただいたり。ツアーが終わったら早く観たいです」

──最近好きな日本語は?

「“ちやほや”。韓国語のレッスンのときに教えてもらったんですけど、雰囲気も可愛いし、意味もいいじゃないですか。1回聞いただけですぐに覚えちゃいました(笑)」

インタビュー前半はこちら

リリース情報

2014.07.16 ON SALE
ALBUM『D’slove』
YGEX
[MAIN]Dslove_CD+DVD_digi[CD+DVD+GOODS]¥7,000+税 [CD+DVD]¥3,800+税 [CD]¥2,800+税

詳細はこちら

 オフィシャルサイト 

【LIVE】

“a-nation 2014”
8月29日(金)味の素スタジアム
詳細はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人