メッセージ性が薄いと言われても、これが“ROCK★STAR”。清木場俊介がそこに隠した真意とは。

メッセージ性が薄いと言われても、これが“ROCK★STAR”。清木場俊介がそこに隠した真意とは。

清木場俊介

清木場俊介という男は、いつも綴る詞の中に真意を隠す。今回の一見軽やかなサウンドを奏でるシングル「ROCK★STAR」にももちろん、そんな彼の想いが宿っている。激動の20代を駆け抜けたからこそうたえる唄がある。そこから見つけ出せるもの、あなたはありますか?

INTERVIEW & TEXT BY 藤井徹貫


何かに一生懸命だったり、何かに悩んでいたりする人なら、必ずどこか響くはず

──「ROCK★STAR」は爽やかな響きの曲ですね。

「今は、たとえ苦しいことでも、サラッと唄いたいんですよ。〈ROCK★STAR〉のような、これからの自分の道しるべになる大切な唄であっても、そこは同じです。だからメッセージ性の薄い曲だ、と思う人もいるでしょうね(笑)。でも、この曲を10年間唄い続けたら、今そう思っている人たちもきっと気づいてくれると思います、僕がこれを作った真意を。だから、僕にとっては10年間ライブで唄い続けるための曲だし、目指す場所に行き着くための曲です」

──学校や仕事からの帰り道とかでも、何気なく口ずさめますね。で、口ずさみながら、唄の中に隠れている真意に気がつき、ハッとする。

「正直、僕の唄のなかには、朝からガンガン聴くには重いなってものもあります。聴く側にも、それなりの気合いが必要な唄というか。でも、これは朝からでも大丈夫(笑)。一日中流していても、全然問題ないですし。そこは意識しました。サウンドもゴージャス過ぎると、ポップスにかたよるし、シンプル過ぎると、ロック色が強くなるし。歌詞にしても、重過ぎるとくどくなるし、軽過ぎると見くびられるし。そこのバランスは難しいですね」

──常々、矢沢永吉さんを尊敬している、と公言されていますが、「ROCK★STAR」も矢沢さんをイメージして書いた曲ですか。

「そう思ってもらってかまいません。ただ、僕にとっての矢沢さんは道しるべです。単純にマネしたいとかではありません。ソロ活動を始めたばかりの頃でした、ロックやりたいなら観ておくべきだ、と勧められたんですよ。で、コンサートに行ったのが最初でした。そのとき、矢沢さんは50代でしたけど、バリバリでしたね。当時僕がいたグループはダンスが大きなウエイトを占めていたから、体力の限界は避けられないわけで、同じ形、同じメンバーで30年間は続けられないですよね。アスリートと同じでね。だとしたら、その限界の先、自分はどうするのか、どう生きて行くのか、漠然とした不安は抱えていました。でも、矢沢さんのライブを観たとき、そこに永遠があったんです。頑張れば、60歳までできるかもしれない、初めてそう思えた瞬間でした」

10年が経った頃には10年前の自分を認めてやる唄になっていれば

──ソロ10周年の今、「ROCK★STAR」のような唄を作り、世に出したことに大きな意味があると思いました。

「この10年は、誰の10年よりも長く、誰の10年より短かったと思います。でも、10年程度じゃ、まだまだ。20年、30年続けられたら、説得力が出るんでしょうけど……。だから今、僕が思っていることをアレコレ話しても、それは結局ビジョンでしかない。いいこと言うね、で片づけられます。仕方ないですよ、まだ歴史を持ってないわけだから。20年続けたら、それがリアルになるんだと思っています。でも、ビジョンがなきゃ前に走れないし、目指す場所にも辿り着けないのも事実ですよね」

──そのビジョンを唄っているのが「ROCK★STAR」ということですか。ということは、明日へ向かって走るための唄。

「今、30代のソロのロック・シンガーで圧倒的な存在はいませんよね。その空席を埋めるのは自分だという自負もあるから、今は10年後の自分に問いかける唄だとしても、10年が経った頃には10年前の自分を認めてやる唄になっていれば、と思っています」

──“走り続けりゃ……”。あのフレーズに清木場俊介のリアルがあると思いました。ひたすら走れ! 走れ! ではなくて。やみくもに進め! 進め! でもないところが。

「あそこがないと、僕らしくないかもしれませんね。あそこに唄い屋魂があるのかな、と思っています。何不自由のない暮らしをしている人に、あの部分は響かないですよ。というか、〈ROCK★STAR〉を聴かせても、爽やかだね、って感想しかないでしょうね。でも、何かに一生懸命だったり、何かに悩んでいたりする人なら、必ずどこかワン・フレーズだけでも響くはずです。僕がそういうことを狙っているわけじゃなくて、聴いてくれる一人ひとりが自分に必要な何かを見つけてくれるというか……。さっき、口ずさみながら、唄の中に何かを見つけることができると言っていただきましたけど、そういうことですね。見つけたものが一人ひとり全然違っていてもなんの問題もありません。僕には僕の〈ROCK★STAR〉があって」

──君には君の「ROCK★STAR」があるわけですね。

「はい。だから、曲名も〈HERO〉だっていいくらいです。僕は今、ロックで飯を食っているから、ロックの世界のなかで道しるべになるスターを探しているだけであって。農業やってる人はその世界のスターを探して、目指して、続ければいい。板前やってるなら、自分のなかに板前のスターを置けばいい。自分のなかにひとつ目標を掲げて進むべきだってことです。なれるか、なれないか、そりゃなれるに越したことはないけど、それ以上に大事なこともあるかもしれないってことです。僕なら、グループを飛び出したから、ロック・スターを目指す権利を手に入れることができたわけであって」

僕はね、血統書付きの立派な犬じゃなくて、あえて言えば野良犬ですから

──勝つか負けるか、それはわからないけど、闘いの出場通知は握っているんですね。

「ええ。できるかできないかわからないから、やってみる価値がある。僕はね、血統書付きの立派な犬じゃなくて、あえて言えば野良犬ですから。肩書きも資格も、七光りも何もない。だから、自分で生きて行くってことでもあります、ロック・スターを追うってことは。追っていると、それが歴史になるんだと思います。繰り返しや積み重ねがやがて歴史になる。その歴史に勝るものはありません。なぜなら、その人間を語れる唯一のものが歴史なんだから」

──では、カップリングの「私よ…深く泳ぎなさい」についても質問させてください。こちらはアコースティック・ギター一本で唄っていますが、バンド・アレンジは考えなかったですか。

「この曲に関しては全然考えませんでした。唄うなら、この形しかないと決めていました。爽やかなロックと重いフォーク、同じ人間が唄っているとは思えない組み合わせです(笑)。でも、僕のなかにある新しく表現したいスタイルと元々のルーツ、そう捉えたら、僕らしい組み合わせでもあると思います」

──いくらレコーディングといえども、何度も何度も唄える曲ではないと思いましたが……。一回で決める、そういう集中力で唄わないと成立しない曲ではないですか。

「そうです。シンプルだけど、シビアな唄ですから。唄うときのテンションが大事。〈はい録ります、じゃあ唄います〉とか〈サビだけもう一回唄って、わかりました唄います〉とはいかない曲です。実際、レコーディングでも、一回か二回しか唄えませんでした。あと、大事だったのは、作曲者である(川根)来音のギター。あいつが弾かないと、どうしても唄と合わないんです。一流ミュージシャンにお願いしたほうが正確だし、ソツがない演奏になるけど、来音のギターほど唄わないんですよ。僕と一緒に唄ってくれない。しかも、デモ音源を録ったときのギターが最高だったから、あれと同じように弾いてくれ、とリクエストしました」

──「ROCK★STAR」が口ずさめる唄なら、この「私よ…深く泳ぎなさい」はじっと聴き入りたい唄。

「80歳とかね、それくらいの長さで考えると、死ぬ間際まで唄えるのはこっちでしょうね。それくらい僕のルーツに深く根ざしているし、日本人の魂にも根ざしている唄だと思います。70や80になって孫ができたら、唄って聴かせてることだってできる唄です」

リリース情報

7.23 ON SALE
SINGLE「ROCK★STAR」
SPEEDSTAR RECORDS
140623-TR-1101¥1,000+税

詳細はこちら

オフィシャルサイト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人