ラップ×ロック、SHUNが音楽のジャンルを超え辿りついた場所

ラップ×ロック、SHUNが音楽のジャンルを超え辿りついた場所

SHUN

ダンス・ファッション・ラップなど様々な分野で活躍するSHUNと、新進気鋭エモーショナル3ピース・ロックバンドLyu:Lyuという異色のコラボレーションが実現。アニメ『NARUTO -疾風伝-』のエンディング・テーマにもなっている「Never Change feat.Lyu:Lyu」がついに完成。このあらたな挑戦についてSHUNが語る真実とは?

INTERVIEW & TEXT BY 藤井美保


僕の音楽にないものをすごく感じたので、これは一緒にやってみたいと純粋に思い

──バンド・サウンドとラップという組み合わせが本当に新鮮でした。Lyu:Lyuさんとコラボするきっかけとなったのは?

SHUN ここ最近バンド・サウンドでやりたいなという気持ちが高まってたんですね。そのタイミングで、Lyu:Lyuのライブを観に行かせていただく機会があって。そこで、僕の音楽にないものをすごく感じたので、これは一緒にやってみたいと純粋に思い、すぐにオファーしました。

──作業はどんなふうに?

SHUN いつも通りヒップホップのスタイルである程度固めたものを、Lyu:Lyuサイドに「Lyu:Lyuアレンジをお願いします」投げました。そしたら、がっつりロック・サウンドになって返ってきました。リリックもそうで、まずラップの部分をいつもどおり書いて渡し、それに対してLyu:Lyuのスタイルで書いてもらいました。お互い「こうくるかも」というのはあったと思うんですけど、それを特に事前に言うわけでもなく、でも、完成してみたら、不思議とバッチリ息の合うものになっていましたね。

──一緒にやってみて気づいたことなどはありましたか?

SHUN リリックから刺激を受けましたね。基本僕って、前向きなのを書くことが多いんです。Lyu:Lyuのも前向きではあるんですが、ちょっと独特の世界観があって。

──言葉としてちょっとダークなトーンだったりしますよね。

SHUN そうなんです。そういう表現の仕方があるんだということがわかって、勉強になりました。


もちろん自分ひとりじゃできないこと。仲間やスタッフがいてできている

──今回TVアニメ『NARUTO -疾風伝-』のエンディング・テーマですが。

SHUN 読んでましたね。世代的にドンピシャ。もちろん、そのストーリーを意識したリリックになっています。

──意志の強さを感じました。SHUNさんが“だって、決めたから”と思うことはどんなことですか?

SHUN ラップ、ヒップホップはJ-POPよりまだ認知度が少ないと思うんです。でも、出すとなったら、同じ土俵で勝負しなきゃならない。そういう場所で、オレはしっかり戦っていくぞということを決めました。

──『NARUTO〜』と重なるところがありますね。

SHUN もちろん自分ひとりじゃできないこと。仲間やスタッフがいてできている。そこもリンクするので、結構スラスラと書けました。

──バンド・サウンドに実際ラップを入れた感触はどうでしたか?

SHUN 普段やってるトラックのときとノリが全然違いましたね。ロックの刻みのうえで、自分が気持ちよくラップできるまで、やっぱり少し時間はかかりました。それが逆にすごく新鮮だったので、楽しんでできました。

──MVではLyu:Lyuとの共演も果たしてます。

SHUN 3人の世界観を、やっぱり生で感じたかったんですよ。さらに、バンドをしたがえてるラッパーの図って、夢でもあったので、MVでしたけどうれしかったです。実際にライブでも一緒にやってみたいなという欲求が高まりました。

──何かお話はしましたか?

SHUN お互いのファンがどう反応するのか、すごく楽しみだねという話はしました。SHUNの作品にフィーチャリングされるのって、Lyu:Lyuさん側のファンとしてはどうなんだろう? って、かなり興味津々です。

超人気のモデルさんに東京をめいっぱい走ってもらおうと(笑)

──人気モデルのこんどうようぢさんも起用されてますね。

SHUN 超人気のモデルさんに東京をめいっぱい走ってもらおうと(笑)。ようぢくん自身も男っぽいところを出したいと思っていたみたいだったので、ちょうど合致しました。

──『NARUTO〜』で子供たちに届くのも楽しみですね。

SHUN 夕方にラップが流れるのはうれしいですね。小さい頃からラップに馴染んでくれたら、それこそラップの認知度は上がっていくと思うし。

──SHUNさんの“だって、決めたから”は「Never Change」?

SHUN ブレたくないですね。今回はロック・サウンドにかっこいいラップを乗せることがテーマだったけど、それはどんなジャンルとコラボするときも一緒。自分がラップすればかっこいいヒップホップになると信じて、勝負していきたいです。

──「I Wanna NO feat.當山みれい」もかっこいいですね。當山さんと共演されていかがでしたか?

SHUN 英語が堪能で、歌がうまくて、才能あって、もうスーパー少女ですよね。新世代感ハンパない。俺ってラッパーの中ではいちばん下の世代で、結構後輩慣れしちゃってたので、先輩感どうやって出すんだ? って、最初結構戸惑いました(笑)。負けないようにいいもの作んなきゃって、珍しく緊張しましたけど、みれいもこっちの意を汲み取って、いい感じにすり合わせてくれましたね。“間違いない”と思いました。

──楽しくできたようですね。

SHUN 制作スケジュールがタイトだったので、学校帰りに即レコーディングみたいなスケジュールだったんですよ。歌っている姿はスーパー少女なんですけど、日常会話になると高校生。「宿題が……」なんて話しているのを見て、ちょっとホッとしたりもしました(笑)。

──「CONNECTION feat.Beat Buddy Boi」の皆さんとは?

SHUN BBBはデカい会場で単体で公演をやってて、ものすごい人が集まる素晴らしいチーム。僕自身ダンスのスキル・アップのために、BBBのメンバーに練習に付き合ってもらったりしてるんです。ラップと同様ダンスも僕のルーツなので、大事にしたい。ダンス・シーンにいる人たちに対しても、もっとラップを発信していきたいという気持ちがあって、今回一緒にやらせてもらいました。

──SHUNさんのいろんな顔が見える1枚になりましたね。9月にはワンマン・ツアーも。

SHUN ガンガン踊りますので、ぜひ楽しみにしててください。

リリース情報

2014.07.23 ON SALE
SINGLE「Never Change feat.Lyu:Lyu」
SMEレコーズ

J-140702-BA-1254

[期間生産限定盤/CD+DVD]¥1,600+税
[通常盤/CD]¥1,300+税

詳細はこちら

ライブ情報

9月に待望の全国ツアーが開催決定!

9/12(金)ell.FITS ALL(名古屋)
9/13(土)duo MUSICEXCHANGE(渋谷)
9/26(金)Drum Be-1(福岡)
9/27(土)梅田 AKASO(大阪)

詳細はこちら 
オフィシャルサイト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人