東京カランコロンの新作は、“男のヘタレ”がテーマの刺激的な作風に?

東京カランコロンの新作は、“男のヘタレ”がテーマの刺激的な作風に?

東京カランコロン

東京カランコロンのニュー・シングル「笑うドッペルゲンガー」は、いちろーがメイン・ボーカルを取るトリッキーなロック・ナンバー。ちょっとヘタレ(!?)な人間性があらわになる刺激的な歌詞にも注目だ。

INTERVIEW & TEXT BY 廿楽玲子


「恋のマシンガン」がせんせいらしいポップな曲だったので、今回は僕の人間性が色濃く出た

──今回の新曲「笑うドッペルゲンガー」はNATSUMENのAxSxEさんプロデュースですが、かなり吹っ切れた作風になりましたね。

いちろー 元々ギターが全面に出た曲だったので、今回はギタリストにお願いしたいなと思って。ただこの曲、僕ら自身で作ってるときはいろんなアイデアが出すぎちゃって、ちょっとやりすぎ感があったんですよ。その素材をドーンとAxSxEさんに渡したら、全部入れたほうがいいよ! って、盛り盛りのアレンジで返してくれて(笑)。一見脈絡のないパーツでもAxSxEさんが組み立てるとドラマが生まれる。それがさすがだなと思いました。

せんせい AxSxEさんは大らかでよく笑う、ほわ〜んとしたやさしい人。ちなみにレコーディング中ずっと秘密のメモを持ってて、絶対見せてくれないんですよ。

いちろー そうそう、グシャグシャの紙ね(笑)。しかも最後は忘れて帰っちゃうし。チラ見したら、よくわかんない絵と「正」の字がいっぱい書いてありました(笑)。

──謎すぎる(笑)。歌詞は、いちろーさんがサラリーマンとして生きていたら……というパラレルワールド的な設定ですよね。

いちろー まさにそうです。2曲目の「HentekoPop is dead」ではバンドをやってる自分の状況を歌ったので、「笑うドッペルゲンガー」は半分フィクションにして、2曲並べたら面白いかなと思って。まあ、どっちもダメな人間の歌ですけど(笑)。前作「恋のマシンガン」がせんせいらしいポップな曲だったので、今回は僕の人間性が色濃く出たシングルになったかなと。

──確かに前作と並べると、能動的な女の子とヘタレな男の子っていう対比がハッキリ出ると思います。

いちろー ブッ(笑)。この歌の主人公はすごく悩んでるんだけど、人って深刻であればあるほど、はたから見ると面白かったりするじゃないですか。そこで今回は派手に深刻な状況を打ち出して、笑える感じを出してみようと思って。

せんせい 私はこの歌詞を見たとき、「あ、いちろーが出てる」と思ってうれしかったです。たぶんこれ、素やなと思って。

──「HentekoPop is dead」の“メジャーに行って何が悪いんだ”っていうフレーズとか、すごく生々しい。

いちろー オレ、ずっとイライラしてるからね(笑)。

せんせい “いらち”やからね(笑)。いちろーさんは志が高くて、つねに上を見てるから、現状に満足できなくてイライラしちゃうタイプ(笑)。

いちろー いらちでヘタレか〜(笑)。

僕はバンドをやる以上、ちゃんとロックのルーツが見える音を鳴らしたいと思う

──わはは。“邦楽ロックに幸あれ”というフレーズも、どこかシニカルな響きですよね。

いちろー 僕らは邦楽ロック・シーンで流行りのバンドにカテゴライズされることが多いんですけど、それはありがたい反面、残念でもあるというか。実を言うと東京カランコロンは邦楽ロックのど真ん中より、ポップ・シーンを目指したいんです。サザンオールスターズや米米クラブ、ユニコーンのように、歌が際だって聴こえるけど、サウンド面では好きなように遊んでいて、誰も同じことをやっていないというのが理想。

──ああ、なるほど。じゃあ今回、3曲目にレディオヘッド「Fake Plastic Trees」のカバーを入れたのは?

いちろー 新曲2曲ともロックのルーツが色濃く出たサウンドになったので、さらに誰もが知ってるロックの名曲を素直にカバーしたくなったんです。最近、ルーツの見えない音楽が増えてきたという危機感もあって、僕らはレディオヘッドやオアシス、レッチリのような王道を通ってきたよと伝えたかった。僕はバンドをやる以上、ちゃんとロックのルーツが見える音を鳴らしたいと思うんです。例えば僕がユニコーンの「ヒゲとボイン」を聴いたとき、「これ、ELO(※)の要素入ってる!」とか思ってドキドキしたし、すごく楽しかったから。

せんせい でも私は全然音楽に詳しくないし、それこそルーツのない音楽を感覚だけで作っちゃうところがある。お互い全然違うタイプが同じバンドにいるっていうのが東京カランコロンの強みかなとも思います。

いちろー うん、それは確かに。みんなオレみたいだったら、マニアックなものができちゃうだろうしね(笑)。ただ、AKB48にしろ、EXILEにしろ、年配から若い人まで聴く音楽は必ず何かしらのルーツを感じさせるし、そこでみんなの琴線に触れるからこそ全国民にウケるんだと思う。僕らの音楽もそうありたいなと思います。

※ELO =エレクトリック・ライト・オーケストラ、70年代から活躍する英国のバンド

リリース情報

2014.07.16 ON SALE
SINGLE「笑うドッペルゲンガー」
avex trax

J-20140718-KK-1611

¥1,000+税

 詳細はこちら 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人