【後半】大旋風を巻き起こしている防弾少年団から、早くも2ndシングルが到着!

2014.07.20

【後半】大旋風を巻き起こしている防弾少年団から、早くも2ndシングルが到着!

防弾少年団

韓国でも異例の大旋風を巻き起こしている、防弾少年団。日本デビュー後の快進撃もまだまだ続く中、約1ヵ月という早さで、2ndシングル「BOY IN LUV」が到着。MUSIC VIDEOでも披露しているクオリティの高いダンス、中毒性のあるハードなナンバーで、この夏を熱くする!

INTERVIEW & TEXT BY森 朋之 PHOTOGRAPHY BY田中和子(CAPS) STYLING BY CHOI JIN WOO,KIM HYUN OK BY T.V.C HAIR BY PARK NAE JOO MAKE UP BY KIM DA REUM


ALL01

RM01 RAP MONSTER

JIN01 JIN

──では、7月にリリースされる2ndシングル「BOY IN LUV」について。まず、この曲に対する皆さんの印象を教えてもらえますか?

SUGA 「NO MORE DREAM」と同じく、10代に焦点を当てた曲になっています。主人公は男の子なんですが、誰かを好きになったときの感情を直接的に表現した曲ですね。

RAP MONSTER 10代の頃の恋愛は、まだ幼いところがあると思うんですよ。好きな女の子にわざとイタズラをしたり、そうかと思えば「この子を絶対に手に入れるんだ」という強い気持ちを持ったり。

V “BABY WHY YOU そんなに GO WAY”という歌詞も気に入っています!

JUNG KOOK “望んでいることがあるなら、なんでそれを言わないんだ?”というメッセージも込められているんですよ。その言葉は過去の自分にも言いたいですね。僕は勉強が嫌いだったのに、塾に通っていて。あの時間を今やっていること(ダンス、歌など)に使えば良かったなって。

SUGA 10代の存在理由は、未来に対する夢ですからね。できれば社会的な雰囲気に捉われず、やりたいことを見つけてほしいなって……。それは韓国も日本も同じだと思います。

SG01 SUGA

JH01 J-HOPE

──レコーディングはどうでした?

JUNG KOOK 発声に気を使いました。韓国のバージョンではちょっと気取った感じというか、イタズラっぽく歌ってたんです。日本のファンの皆さんは力強いボーカルを好むと思ったので、日本語のバージョンでは、もっと強い感じで歌ってるんですよね。

J−HOPE 日本語のラップはまだ難しいところがありますね。感情の伝え方もそうだし、あとは助詞の使い方とか(笑)。

JIN 音楽的にはすごく楽しい曲だと思います。サビはすごく盛り上がるし、いきなり落ち着いた雰囲気になったと思ったら、ちょっと甘いイメージのパートもあって。

J−HOPE 振り付けもすごく目立つし、カッコいいですよ。ファンの方も一緒に楽しんでもらえると思います!

JM01 JIMIN

V01 V

──振り付けのアイデアもメンバーが提案するんですか?

J−HOPE はい。歌詞やサウンドのこともそうですけど、ダンスについてもどんどんアイデアを出すようにしています。そうやって制作に参加することが楽しいんですよね。

JIMIN すべてを自分たちだけで作り上げるまでには至ってないんですが、ダンスシーンなどもメンバー全員で意見を出し合ってるんですよ。「BOY IN LUV」のパフォーマンスも、見どころいっぱいですよ!

──楽しみです! ちなみに韓国の10代の人たちって、どんなデートしているんですか?

SUGA えーと、日本の方と同じだと思いますよ。ごはん食べて、映画を観て……。僕はもう10代じゃないから忘れちゃいましたけど(笑)。

V 最近はメンバーと遊んでますからね。SUGAさん、JUNG KOOKさん、JIMINさんと練習室でダンスしたり、漢江の近くを散歩したり……。

──仲良しですね〜。最後にファンの方にメッセージをお願いします。

JIMIN はい。これからも一生懸命頑張りますので、ぜひ、見守っていてください!

JK02 JUNG KOOK

インタビュー前半はこちら

リリース情報

2014.07.16 ON SALE
SINGLE「BOY IN LUV」
ポニーキャニオン
J-201407172213A

【初回限定盤A/CD+DVD】¥1,574+税 【初回限定B/CD+DVD】¥1,575+税 【通常盤/CD】¥1,204+税

詳細はこちら

オフィシャルサイト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人