ハジ→がこれまで出せなかった!? デビュー前からある純愛ソングをついにリリース!

ハジ→がこれまで出せなかった!? デビュー前からある純愛ソングをついにリリース!

ハジ→

ニュー・シングル「sumire。」をリリースしたハジ→。タイトル曲はデビュー前に作られていた、彼にとっていろ〜んな思いが詰まったラブソングです! なぜこれまでリリースされなかったのか? その謎が明らかに!! またカップリングには、ハジ→初のどん底(!?)ソングを収録。その日の気分によって、聴きわけてみるのもいいかもしれない!

INTERVIEW & TEXT BY フジジュン


デビュー前からある曲なんですが、僕の友人の恋愛を歌った曲

──シングル「sumire。」が完成。“梅雨の終りに君と出会った”と始まる季節感ある曲ですが、ずいぶん昔から歌っていたそうですね。

ハジ→ そうなんです。デビュー前からある曲なんですが、僕の友人の恋愛を歌った曲で。「お前のことを歌にしたいから、自分の思いを全部聞かせてくれ」ってメールを書かせて、それを歌詞にしたのがこの曲だったんです。

──友人の恋愛話のどんなところが、ハジ→さんの琴線に触れたんですか?

ハジ→ その友人は歌詞にあるように、“汚い靴のまま土足で 踏み荒らすように生きてた”ヤツだったんですけど……。

──ワハハ! そこも忠実に描いたんだ。

ハジ→ もう、大変だったんですよ! 悪気はないのかもしれないけど、俺もいろいろと振り回されてしまって。この後、一回絶交するんですけど(笑)。そういうヤツだから、人を好きになると、ハンパないパワーが生まれたりして、その思いに心打たれたというか。

──その友人は恋愛して、ハジ→さんから見てもどんどん変わっていったんですか?

ハジ→ 変わりました。ひとりの女性を振り向かせるためにどんどん変わっていって、男の俺から見てもカッコ良かったですよ。そこで人を好きになると、どんどん自分を高めようとしていくんだなっていうのもわかりました。

──歌には実体験くらい気持ちがこもっているから、風景や空気感、雨やスミレの匂いまで感じたし、心の叫びを歌うようなサビの部分ではギューッと胸を締めつけられました。

ハジ→ ずっと前からある曲だから、客観的に聴けなかったんですけど。昨日かな? ぼんやり聴いていたら、涙がポロポロ出てきて。この曲に入っているのが、俺だけの思いじゃなかったってところもあるかも知れないですね。

花言葉を調べてみたら“小さな幸せ”と書いてあって、“これだ!”と思ったんです

──ハジ→さんにとっても大事な曲だったと思うんですけど、これまで音源化しなかった理由は何かあったんですか?

ハジ→ この曲に頼りたくなかったんです。さっきも話したみたいに、その後、そいつと絶交して。この曲自体に憎しみみたいなものさえあって(笑)。もう、3~4年歌っていなかったし、ラブソングを書く時はいつも「sumire。」越えをしようと意識して書いていて。「ずっと。」も「for YOU。」もそうだし、いちばん新しい「卒業サヨナラ。」に至るまで、ずっと「sumire。」越えを意識していたんです。

──ここ数年、自分の越えられないハードルとして、常に「sumire。」があったと。

ハジ→ そう。今の事務所に入るキッカケになったのも「sumire。」だし、「まだ出さないの?」って何度も言われていたんだけど、僕は出さなくていいと思ってたし。それが神のお導きなのかなんなのか、ある日突然iPodから流れたんです。で、ふと聴いてみたら“なんて良い曲なんだろう……”って。

──ワハハ、自分に嘘をつけなかったと。

ハジ→ はい(笑)。で、感謝の気持ちを伝えたくて、その友人とトラックを作った人に“ありがとう”ってメールをして。そしたら僕もこの曲の印象が変わって、“ひとりでも多くの人にこの曲を届けたい”って気持ちになったし。振り返れば、この曲のおかげで良い曲もたくさんできたので、ここでケジメをつけようと思えたんです。つい最近、その友人とも飲みに行ったんですけど、めちゃくちゃ丸くなってて。「sumire。」を肴に思い出話したり。

──いや~、すごい良い話です!

ハジ→ だから、僕にとっては友情の歌でもあるんですよね。当時の“ミュージシャンになりてぇ”って強いもこの曲に込められてたと思うから、この曲の“君”という対象は、俺にとって音楽だったのかも知れないし。

──ラブソングではあるけど、いろんな側面があったと。あと、スミレって花を季語や題材にした曲というのも珍しいですよね。

ハジ→ あ、気になりました? スミレって花の名前だけじゃないんです。

──もしかして、友人の彼女の名前?

ハジ→ そうです! それで花言葉を調べてみたら“小さな幸せ”と書いてあって、“これだ!”と思ったんです。スミレって派手さはないけど、庶民的でキレイでかわいらしくて、この曲のイメージにもピッタリだなって。

ハジ→初のどん底で終わる曲なんですけど、これはあえて挑戦した

──なるほど。そして2曲目「迷子。」。人の顔色伺って、自分を見失ってしまうという、苦しさのままに終わる歌詞が衝撃的でした。

ハジ→ ハジ→初のどん底で終わる曲なんですけど、これはあえて挑戦した部分で。本当は自分がどう思うかで生きたいけど、なかなかそうはいかない。誰しも抱えてる問題だと思うし、ほとんどの悩みは人間関係からきていると思うんです。だから、僕がこういう部分を出すことで、逆に勇気になると思ったし。僕がこういう面を出すことで、“みんな一緒なんだな”と思ってもらえたらうれしいなって。

──そしてシングル・リリース後は、2ndアルバム『超ハジバム2。』の発売が控えています。

ハジ→ ひと言で言うなら、“こんなのハジめて”って感じです(笑)。過去最高のアルバムになったと思うし、1曲目からド肝を抜かれる作品だと思うので、楽しみにしてください!

リリース情報

2014.07.16 ON SALE
SINGLE「sumire。」
EMI RECORDS 

J-140715-FY-0246

【写真:初回限定盤CD+DVD】¥1,800+税
【通常盤CD】¥1,200+税

詳細はこちら

ライブ情報

“超☆応援するyourタウンっ♪ tour→2014 〜全国47都道府県はじツア→実現への道〜”
詳細はこちら

オフィシャルサイト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人