できれば生で体感してほしい、極上のハーモニー

できれば生で体感してほしい、極上のハーモニー

人気アニメ『魔法少女まどか☆マギカ』『ソードアート・オンライン』や、現在放送中のNHK連続テレビ小説『花子とアン』の劇伴を担当している梶浦由記プロデュースのもと、2008年に劇場版「空の境界」主題歌プロジェクトとして誕生したKalafinaが、『THE BEST “Red”』『THE BEST“Blue”』と2枚のベスト・アルバムをリリースした。

Kalafinaは、Wakana、Keiko、Hikaruの3人の歌姫によるボーカル・ユニットで、ユニット誕生のきっかけとなった『空の境界』シリーズをはじめ、『黒執事』『魔法少女まどか☆マギカ』などの人気アニメやNHK『歴史秘話ヒストリア』など数多くのテーマ・ソングを手掛けており、これまでリリースした4枚のアルバムは、いずれもオリコン・ウィークリーチャートTOP10入りを果たしている。

今回のベスト・アルバムには、記念すべきデビュー・シングル「oblivious」(劇場版「空の境界 第一章 俯瞰風景」主題歌)や、TVアニメ『魔法少女まどか☆マギカ』EDテーマ「Magia」などのアニメ・タイアップ曲はもちろん、それ以外にもライブで定番となっている曲など、Kalafinaと語るうえで外せない曲が満遍なく収録されており、デビュー当初からのファンはもちろん、Kalafina初心者にもお勧めのアルバムとなっている。

Kalafinaのさらなる魅力を知るには、生=ライブでのパフォーマンスは外せない。積極的にライブ活動を行っているKalafinaだが、現在は国内にとどまらず、海外でのイベントにも多数参加し話題となっている。CD音源に引けを取らない感動を体中で味わえるのが、Kalafinaのライブだ。

三者三様の歌声でありながら、それらが重なりあった時のハーモニーが持つ力は実際に体感したものにしか分からないかもしれないが、残念ながらまだ生のKalafinaを体感したことがない、という人は、ベスト・アルバムの初回盤に同梱のBlu-rayに収録された貴重なライブ映像で、その雰囲気だけでも味わうことができるのでそちらもお見逃しなく。今年秋のツアーに続いて、2015年には武道館2DAYSも決定しているKalafina。ベスト・アルバムを聴いて楽曲の魅力に触れた後は、ぜひ生のパフォーマンスを体感してほしい。

TEXT BY 星野康直(リスアニ!)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人