いきものがかりが選んだ思い出のラブ・ソングとは?

いきものがかりに影響を与えた? 名ラブ・ソングをセレクション!!

7月9日に1年ぶりのシングル「ラブソングはとまらないよ」を発表したいきものがかり。今作は、「カルピスウォーター」のCMソングとヤマザキ「ランチパック」のCMソングを収めた強力な1枚。タイトルにちなんで、3人にとって思い出のラブ・ソングを音楽誌『WHAT’s IN?』で公開している。

吉岡聖恵セレクション
aiko「カブトムシ」

C-20140717-MK-1753

「高校生の頃は、いい曲だなぁって感覚的に聴いていたけれど、自分が大人になるにつれて、独特な息の吸い方とか声の出し方に女性の部分を感じるようになって。甘いけど強くて、切ないけど辛味があるから、ドキッとしちゃいます。私の気持ちのそばにずっとあるラブ・ソングです」

水野良樹セレクション
小田和正「ラブ・ストーリーは突然に」

C-20140717-MK-1754「この曲が主題歌になったドラマ『東京ラブストーリー』は、僕らの世代的にはオンタイムなドラマではないのに、この曲が流れるとドラマの景色や役者さんの姿がブワ~っと浮かんでくる。歌以上のイメージが沸き上がる曲って、ホントにすごいと思います。ちなみに、カラオケで何回か歌ったことがあります(笑)」

山下穂尊セレクション
Mr.Children「HERO」「空風の帰り道」

C-20140717-MK-1755「大学1年のときに、このCDを車でずっと聴いてました。ちょうどいきものがかりが活動を休止してたときに聴いていたので、とても印象に残ってる曲です。よくカラオケで桜井(和寿)さんの歌い方を真似てました」

今年の11月4日に武道館で開催される、音楽プロデューサー・島田昌典活動30周年記念ライブで秦 基博、back numberとの共演を控えているいきものがかり。今後の活動に注目するのはもちろんだが、彼らが影響を受けた楽曲を聴くことで、よりいきものがかりの音楽が楽しめるだろう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人