夏だ!海だ!moumoonだ!

夏だ!海だ!moumoonだ!

moumoon

ニュー・アルバム『ICE CANDY』はmoumoonの夏ベストと呼ぶにふさわしい楽曲が勢揃い。よりいっそう開放的な気分にさせてくれること請け合いです!!

INTERVIEW & TEXT BY 藤井美保


すごくラッキーだなって思います

──夏のドライブにぴったりな夏仕様アルバム。どんなモードで臨みましたか?

YUKA アップテンポでリズムに乗れる、気分の上がる1枚にしたかったんです。なので、めちゃくちゃスロウなものは外して、夏の開放感に合う、アップな曲たちを選んでいきました。

MASAKI 夏の様々なシチュエーションで、みんなに聴いてほしいなっていう曲を、そして、これから夏のライブでも演奏していく曲をふたりで選曲しました。

──moumoonにはいろんな顔がありますが、“夏だ! moumoonだ!”というパブリック・イメージはどう捉えていますか?

YUKA あんまり“夏といえば!”感はないんですよね。なぜなら、個人的に夏の暑さに毎年参っているから。好きなんですけどね、夏(笑)。moumoonとしては夏にぴったりの曲があるっていいなと思ってます。ライブというシチュエーションや、また、知らないお客さんと“どうも、はじめまして”っていう感じであっても、夏の曲で最終的に一体になれる感じがするので。

MASAKI 元々、夏の曲をたくさん作っていこう! とは、まったく考えてなかったんです。でも、そういうふうに思ってもらえるのは、すごくラッキーだなって思います。じめっとしてる印象よりも、爽やかなほうがいいし、そういう曲も僕らは楽しく作ることができるので。

女子力高い感じの発想力に
ジェラシーを覚えました(笑)

──ちなみに夏、何をしたいですか?

YUKA ひたすらビール飲んでいたいですね。

MASAKI 南国のビーチでビールを飲んだり、ヨットに乗ったりしたいですね。お酒弱いし、船酔いするので、あくまでも理想です(笑)。あ、バーベキューもしたい!

──『ICE CANDY』というアルバム・タイトルはどう決まりましたか?

YUKA MASAKIくんが、“アイスキャンディーってかわいくない?”って言ったのがきっかけです。この女子力高い感じの発想力にジェラシーを覚えました(笑)。

──ウハハ(笑)。

YUKA 即答で、“かわいい! うん、そうしよう!”って言ったのを覚えています。

MASAKI ストレートに夏をイメージできるものを、みんなでたくさん出し合って、これに決まりました。YUKAちゃんがジャケット写真にイメージしたのは、かわいいアイスじゃなく、溶けかかってるリアルなアイスでした。

あくまでもイメージですが

──そこがYUKAちゃんらしいですよね。新録のタイトル曲「ICE CANDY」は、今聴くからか、W杯っぽいイメージに思えます。出来たきっかけは?

YUKA 野外のステージに合うような、盛り上がれるんだけど、ちょっとセンチメンタルな気持ちにもなれる曲を作りたくて、気づいたら“サビ、言葉じゃないね。Ah Ah Ah Ahがいいね”ってなっていました。すごくシンプルですが、ひたすらノっていられる曲だと思います。W杯……たしかに! やっぱり“アーッアーッ!”っていうサビのところが大合唱してるからかなぁ?

──そんな気がします。

MASAKI 作ってるときは、アメリカとかのスタジアム級のライブをイメージしてたからかも。もちろん、あくまでもイメージですが。

──ルート一発みたいな感じがありますが、サウンド的に目指したことは? 

MASAKI セクションによっては、確かにルート一発なところもありますね。そういう曲って、やっぱりシンプルでノりやすいと思うんです。そういうモードでした。アレンジも、これまでの楽曲よりも、大胆なシンセの使い方をしたり、キックにドカーンと深いリバーブをかけたりと、わかりやすいものにしています。でも、リズムは生演奏にしたことで、うねりが出て、時代感がミックスされたような曲になりました。

──歌詞で目指したことは?

YUKA 感じることを、欲望のままに言葉にしてみたかったんです。間接的な比喩をこねくり回して書くというより、“思ってることを言ってしまった”みたいな感覚で書いていきました。

変な踊りしてよかった〜

──今、“くらくら”“めろめろ”になっているものってありますか?

YUKA 音や、恋でしょうか。音に酔いしれるのと、恋に酔うのは似ている気がするので。

MASAKI お気に入りのアンプから、お気に入りのギターで最高のトーンを出し、直に聴いているときは、“くらくら”“めろめろ”ですね。音の嗜好は変わるけど、それ自体は中学生の頃から変わらないです。

──インナーの写真の溶けているネイルは、YUKAちゃんのアイデアですか?

YUKA ネイル・アーティストのisomuuuが、「アイスが、溶けてる感じでやりたいね」って言ってくれて、「それは最高のアイディアだね!」と。「ここに青が欲しい!」「黄色をもっと!」みたいな感じで、5時間くらいかけてふたりでアイデアを練ったのを覚えてます。

──MASAKIさんのインナーの写真も素敵ですね。表情を作るのが大変でしたか?

YUKA 撮影のとき、MASAKIくんがあまり笑わなかったので、私は横で、シャンシャンと何重にも重ねたブレスレットを鳴らしながら、ひたすら踊って、笑わせようとしてました。そこで撮ってもらった表情がふたりとも心から笑っているというものになったので、変な踊りしてよかった〜と思ったのでした(笑)。

MASAKI 言い訳ですが、スタジオってカメラマンと自分たちだけじゃなく、いろんな人がいるので、いろいろ気になったりしちゃうんですよ。まあ、無理して笑う必要もないんですけど、どうしても表情が硬くなる。撮影はいつまで経っても慣れないですね。対照的に、YUKAちゃんはすごい! このときもYUKAちゃんが笑わせてくれて、なんとか使ってもらえる写真になりました。

moumoonは止まらないです!

──ツアーが終わり、『ICE CANDY』で明るくハジケて、今、どんなモードですか? 

YUKA あらたに曲を作ってます。フェスに向けて意識を高めつつ、かっこいい曲が出来るようにとモリモリ頑張っています。

MASAKI また曲作り合宿にもいくし、フランスや夏フェスももうすぐ! moumoonは止まらないです!

──意欲満々ですね。

YUKA はい。楽しみにしててください!!

リリース情報

2014.06.18 ON SALE
ALBUM『ICE CANDY』
avex trax

J-140620-YS4

[CD+Blu-Ray]¥5,000+税
[CD+DVD]¥3,000+税
[CD]¥2,000+税

詳細はこちら

ライブ情報

FULLMOON LIVE SPECIAL 2014 〜中秋の名月〜
詳細はこちら

オフィシャルサイト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人