多方面に向かって発信する、じんの核なる想い

多方面に向かって発信する、じんの核なる想い

じん

脚本、シリーズ構成、音楽プロデュースなどを自身が担当するアニメ「メカクシティアクターズ」のオープニング・テーマとエンディング・テーマを収録したニュー・シングル「daze/days」。CD、小説、コミックなど、様々な媒体を横断して物語が展開するマルチメディア・プロジェクトの“カゲロウプロジェクト”。まさに新時代のクリエイターの代表格である彼に、その創作の源について語ってもらった。

INTERVIEW & TEXT BY 柴 那典


こういうものがあったら
子どもの頃の自分が救われただろうな

──シングル「daze/days」は、アニメ「メカクシティアクターズ」の主題歌になっているわけですが、アニメの土台になっている“カゲロウプロジェクト”の全体をじんさんは手掛けているわけですよね。

じん はい、そうですね。すべて作っています。

──どういうところからその発想が生まれたんでしょうか?

じん 音楽でストーリーを語るという手法にトライしたのが、このプロジェクトなんです。これまでのアルバムでも、ボーカロイドを用いながら“音楽編”として、いくつかのストーリーの中のひとつを描いてきました。

──去年には『メカクシティレコーズ』というアルバムがリリースされましたね。

じん そうですね。そこでストーリーにはちゃんと区切りをつけていて、今回のアニメはその続きというものではまったくないんです。だから、新しい作品のオープニングとエンディングとして認めてもらえるようにしようと最初に思って。そこから、今回の主題歌2曲に関しては、ボーカルの方に歌っていただこうということになりました。

──GARNiDELiAのメイリアさんとLiaさんというボーカリストの人選はどういうところから?

じん オープニングはとにかくぶち抜けてテンションが上がる曲にしたい、突き抜けてかっこいい! と言ってもらえる曲にしなくてはいけないというところから始まっていて。そこから逆算して、メイリアさんにお願いしたいと思って、彼女に合わせて曲を書いた感じです。

──エンディングの「days」は?

じん エンディングに関しては、当初からオープニングとは対極的なバラードにしよう、テーマに関してもポジティブではないテーマで描いていこうと考えていました。そこで、歌に感情を強く込められる方っていうので思い当たったのがLiaさんで。オファーがかなったところから曲を作り始めましたね。

──この2曲にも、“カゲロウプロジェクト”という作品全体の世界観にも、少年少女の孤独や劣等感が大きなキーワードになっていますよね。これはなぜなんでしょうか?

じん 元々、こういうものがあったら子供の頃の自分が救われただろうな……というようなものがテーマになっているんです。小学生の自分にとって、こういうものがあったらワクワクして頑張ろうと思えた、ポジティブになれただろうと思える作品が作りたいという思いが強くある。そこが根幹にありますね。

ひとりぼっちが何人もいたら
怖くないんじゃない?

──10代の自分が熱くなれるような作品を作りたかった、と。

じん そうですね。というのも、僕自身、小さい頃からコンプレックスがたくさんあって。主人公たちも、全員がコンプレックスを持ちながら、それでも手を取り合うんです。そこにも、まさにかつての自分が投影されているなと感じます。今回の「daze/days」についても、“ひとりぼっち”というテーマを設けています。

──そこが重要なモチーフになったわけですね。

じん 僕自身、子どもの頃から、友達がなかなかできなかった人間で。そういうテーマの作品を通して、ひとりぼっちなのは自分だけじゃないし、そんなにひとりで悩まないでほしいっていうことも描きました。“ひとりぼっちが集まる”という物語になっているのは、まさにそれで。ひとりぼっち同士が集まっても、それぞれ葛藤もあるし、べつに仲間や友達になるわけではない。でも、ひとりぼっちが何人もいたら怖くないんじゃない? っていう。そういうことは、小さな頃の僕も今の若い子たちにも感じてほしいなと思ったことですね。

ぬるくないメロディにしたい

──じんさんが、ミュージシャンとして、曲作りの面で自分の武器と思うところは?

じん 自分の武器はメロディだと思います。メロディにはすごく自信があるし、自分でもシビアに見ているつもりですね。ぬるくないメロディにしたいということはつねに思っていますね。

──“ぬるくない”というのは、じんさんのメロディ・センスの特徴ですよね。歌のフレーズがズバズバと気持ちいいポイントにハマっていくような、高速でパズルが組み立てられていくようなメロディという感じがします。

じん そう言ってもらえるのはすごくうれしいです。歌詞の言葉も含めて、メロディ・ラインがカチンとハマると美しいっていうのは、自分が考えていることですね。言葉のイントネーションとメロディとぴったりと合っていて、それをかっこよく歌い回せている曲が好きなんです。そのうえで、いろんな歌詞を詰め込みたいと思って、それを両方かなえようとあがいてる感じはありますね。

付け焼き刃で進もうとは思ってない

──今は“カゲロウプロジェクト”の次にやりたいこと、作ってみたい作品もあるような感じですか?

じん ありますね。こういう大きなプロジェクトを、何も知らないゼロの状態から始めてきて。今はそれがもう少しで終わるという状況になっている。それを経験した上で、次にやりたいこともたくさんあります。

──それはやっぱりマルチメディア的なプロジェクトになりそう?

じん このスタイルは自分はすごく好きなんで。負荷はすごく大きいですけど、濃厚な核があったら、怖じけずにトライしていきたいと考えてますね。でも、付け焼き刃で進もうとは思ってないです。腕とセンスと瞬発力をもっと磨きたい。まだまだ先のことはわからないけれども、今は少なくともすごくワクワクしています。

リリース情報

2014.06.18 ON SALE
SINGLE「daze/days」
ウルトラシープ

J-140619-YS1

[初回生産限定盤A/CD+DVD]¥2,500+税
[初回生産限定盤B/CD+DVD]¥2,100+税
[通常盤/CD]¥1,600+税

詳細はこちら

ライブ情報

「メカクシティアクターズ」スペシャルイベント
詳細はこちら

オフィシャルサイト(メカクシ団作戦本部)
オフィシャルサイト(じん)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人