10周年を迎え、“伝えたいことをより伝えるためには”ということを考え続けているKREVAの今──。

10周年を迎え、“伝えたいことをより伝えるためには”ということを考え続けているKREVAの今──。

KREVA

Part.01 ソロ10周年

最近さらに“伝える”為にはどうしたら良いのかを考え抜いて制作しているというKREVA。10周年を迎えた今、いったいどういう心境でいるのか。昔を振り返りつつ、未来のことも語ってもらった。

INTERVIEW & TEXT BY 佐藤チアキ


「伝えたいことをより伝えるためにはどうしたらいいか」っていうのを軸に歌詞を考えることが増えてきてる

──ソロ10周年、おめでとうございます! この10年間はどんな成長と変化を遂げてきた年月でした?

KREVA 10年間で世の中のいろいろなものがだいぶ進歩したと思います。例えば皆さんが10年前に使っていた携帯電話と今のスマホ。比べてもらえたら機材の進歩がよくわかってもらえると思うんですけど、音楽の世界でも同じで。トラックを作る機材も昔に比べていろんな音が一度に扱えるようになったり面白い機材も出てきていて、そういう機材を手に入れながらずっと楽しんでこれた10年でした。歌詞に関していうと初期の頃はクラブ中心の話題が多かったと思います。でも震災前後から自分の考えをより前面に押し出すようになってきて。「伝えたいことをより伝えるためにはどうしたらいいか」っていうのを軸に歌詞を考えることが増えてきている感じはします。それによって言葉を落とし込む作業と時間が、どんどん長くなってはいます。

──これまでの10年でいろんな岐路があったと思うのですが、自分の向かう方向へ導いてくれた作品や楽曲ってありますか?

KREVA 作品でいうとミニ・アルバム『OASYS』ですね。あの作品で覚悟を決めたというか、自分の考えをより押し出すようになった気がします。それ以降、ちゃんと責任を背負っていろんなことをより自分で決めだしたと思いますし。楽曲でいうと「基準」ですかね。大技を見せにいったというか、「ラップしてやるぜ! 俺は!!」って決めてラップした曲だったので。

──どの楽曲もメッセージはもちろん実は高度なラップ技を見せていたりとか、いろんな方向から刺激とインパクトの矢が飛んでくるじゃないですか。それが一辺倒じゃないから刺さるんですよね、KREVAさんの楽曲は。

KREVA ありがとうございます! ぜひそのまま書いてください(笑)。

──熱く語ってしまいましたが(笑)、この10年を改めて振り返るとどうですか?

KREVA いつもアウェイの現場に行って興味のなさそうな人たちをどうやって振り向かせようかずっと考えてきた10年だった気はします。それでも広めたい気持ちがあるから、今でも絶えず前へ出て行くわけなんですけど。

──10年前の未来予想図はどんな感じでした? 今の成功は描けてました?

KREVA 俺の未来予想図だともっと偉くなっているはずだったんですけどね(笑)。なんていうか、音楽ヒエラルキーの中ではもっと上にいると思っていたんですよ。なのでもっと上にいきたいです、願望としては。

──ちなみに10年後の未来予想図は?

KREVA 逆にまったく考えないでいこうと思っています。現実は理想通りにいかないんで。まずは直近のことを必死でやる、それを継続していければと思っています。

リリース情報

2014.06.18 ON SALE
ALBUM『KX』
ポニーキャニオン

通常盤[写真:通常盤/2CD]¥2,700+税 [初回限定盤/3CD+1DVD]¥3,700+税

詳細はこちら

ライブ情報

KREVAライブハウスツアー2014「K10」
 詳細はこちら 

908 FESTIVAL 2014
 詳細はこちら 

 オフィシャルサイト 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人