夏の夜に彩りを添える、東方神起の男らしく色気を感じるナンバー!

TEXT BY 松浦靖恵

現在“TOHOSHINKI LIVE TOUR 2014〜TREE〜”を絶賛敢行中の東方神起から、夏のシングルが到着! ライブのMCでの可愛らしさからは想像もつかないほど、大人な魅力が満載の今作。どんどん男らしくなってゆくふたりの色気を感じるナンバーで、もっともっと夏を熱くさせる。


夏の情熱とスタイリッシュな東方神起を感じられる曲

 今年3月に7thアルバム『TREE』を発表し、4月から6月末までの約2ヵ月間、全国11ヵ所29公演の全国ツアー“TOHOSHINKI LIVE TOUR 2014〜TREE〜”を行っている東方神起が、今年の夏をより熱くしてくれる両A面シングル「Sweat/Answer」を、6月11日にリリースした。

「Sweat」は、今回のツアーでもすでに披露されているダンサブルなナンバー。5月に行った東京ドーム公演で、この歌をうたう前に2人が「夏の情熱とスタイリッシュな東方神起を感じられる曲です」と紹介していたサマー・ソングだ。しかし、この「Sweat」は、東方神起がこれまでに発表したサマー・ソング(「Sky」「Summer Dream」「OCEAN」など)とは、異なる景色や温度を持ったナンバーだろう。たとえば、昨年の夏に発表した「OCEAN」は真っ青な空、海、太陽など夏らしい鮮やかな景色が浮かんでくる解放感を持ったサマー・ソングだったし、この曲のMVでは、燦燦と照りつける太陽の下、海辺やプールサイドで2人の笑顔は弾けていた。けれど「Sweat」のシチュエーションは、真夜中のパーティ。湿度の高い空間、ダークな灯りの中で繰り広げられるスリリングな一夜が描かれ、火照った体がまとった汗や恋のかけひきを楽しんでいる男女の姿が浮かび上がってくる。また、サウンド面においてもジャズの要素をふんだんに盛り込んだ大人っぽい仕上がりになっていて、スタイリッシュでありながら温度の高いサウンドに絡んでいくユンホとチャンミンの声は、かなりセクシーだ。

2人の個性を発揮した様々な歌い方と声質で、1曲の中にいくつもの場面を作り上げていく

 しかし、その妖艶な声だけに耳を奪われないでほしい。というのも、幅広い声域を自由に行き来する声、伸びやかさとキレのある声、耳元でささやくような甘い声、男性的なワイルドな声など、2人の個性を発揮した様々な歌い方と声質で、1曲の中にいくつもの場面を作り上げていくユンホとチャンミンのボーカル力、その表現力の高さを、改めて感じとることのできるからだ。すでに、「Sweat」は今回の全国ツアーで披露されているので、そのパフォーマンスを観た方も多いだろうが、その野性的でセクシーなパフォーマンスは、東方神起のステージに大人っぽいミッドナイトな空間、つまりライブの場面を一変させる世界を持った楽曲になっていたことも、ここに付け加えておきたい。

夢を実現するために、どんな時も前を向き、想像や予想を越えた自分に出会う

 「Answer」は、ズシンと身体に響いてくる重低音、ダイナミックに攻めてくるサウンドがとても刺激的なミッドなダンス・ナンバーだ。“何回も限界を越えて来ただろう?”“もっともっと自分自身を 信じてみなよ”“夢の先にAnswer”“続く道にAnswer”。

 歌詞に刻まれたフレーズたちは、東方神起の軌跡に重なる言葉だ。夢を実現するために、どんな時も前を向き、想像や予想を越えた自分に出会うため、東方神起と自分自身を信じ、彼らはいくつもの困難を乗り越えながら、歩み続けてきた。だからこそこの歌は、東方神起、ユンホとチャンミンの歌であると同時に、これからも東方神起に期待してほしい、東方神起を信じ続けてほしいというファンへのメッセージであり、その思いを刻むことで、自分たちを奮い立たせるための歌のようにも聴こえてきた。自分たちに期待を寄せてくれる人たち、東方神起を応援してくれる人たち、あなたたちがいなければ、夢の先にある答え(Answer)は決して手にすることができなかったし、これからも見つけることはできないのだということを、そして、東方神起は答えを見つけ続けながら進化していくことを、2人はこの歌で約束してくれたんだと思う。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人