【Part.03】進撃を続ける新たなる7人組“防弾少年団”。ふとみせる素顔に迫る!

2014.06.09

【Part.03】進撃を続ける新たなる7人組“防弾少年団”。ふとみせる素顔に迫る!

防弾少年団

6月4日に日本デビューをしていきなりオリコン・チャートTOP10入りを果たし、日を追うごとにじわじわとチャートを上昇させている防弾少年団。楽曲のクオリティ、身体能力の高さを魅せるパフォーマンスなど実力を兼ね備えた期待の新人グループだ。そんな彼らのキャラクターに迫る!

INTERVIEW & TEXT BY森 朋之


3days SPECIAL INTERVIEW!!

日本デビュー・シングル「NO MORE DREAM-Japanese Ver.-」

楽曲インタビューはこちら

SOLO INTERVIEW Part.03

V

V(ブイ)

──日本デビューに対して、どんなふうに感じてますか?

「すごくうれしいし、緊張もしています。日本語は難しいから、こんがらがることも多いし、もっともっと上手にならないと。今、猛勉強しています」

──マジメなんですね!

「そんなにマジメではないですよ。家族に例えると僕は“いたずらっ子”だと思うんですよ。いつもメンバーをからかったりしてるので。もちろん、みんな仲良しだし、良い仲間ですけどね。ケンカすることで、もっと仲良くなることもあるし」

──皆さん、魅力的ですよね。

「はい。JIMINはすごい腹筋とベイビーフェイスが魅力だし、SUGAはスマイルの顔がカッコよくて、RAP MONSTERはとにかくラップが上手い。J-HOPEは希望がたくさんあるし、JINさんはただただカッコ良くて、JUNG KOOKは歌もダンスもスポーツも上手で……」

──Vさんは?

「僕ですか? 自分ではよくわからないですけど、メンバーには“四次元にいるみたい”って言われます。ちょっと変わってるみたいですね(笑)」

──(笑)Vさんはどんな音楽が好きなんですか?

「R&B、ヒップホップはもちろんですけど、バラードやポップソングも聴きます。最近好きなのはザ・ウィークエンド、オッド・フューチャーかな。アメリカのアーティストが好きなんですよ。いつかはアメリカでコンサートをやってみたいですね」


JIMIN

JIMIN(ジミン)

──歌やダンスを始めたのはいつくらいですか?

「歌は練習生になってからなんですけど、ダンスは中3くらいからやってました。そのうちにプロのアーティストのライブを見るようになって、“こんなに大きな舞台に立つのって、どんな気分なんだろう?”と思い、オーディションを受けたんです」

──どんなアーティストに憧れてたんですか?

「学生のころはRAINさんですね。練習生になってからは、BGBANGのテヤン(SOL)さんがカッコいいなと思いました。アッシャーなど、アメリカのR&Bのフィーリングをしっかり自分のものにして表現しているというか。僕もアメリカのR&Bが好きなので、すごいなって思います」

──アメリカのR&Bの影響が大きい?

「はい、ものすごく。今は自分のオリジナリティを探しているところですが、少し遅れてスタートしているので、人の倍以上、努力する必要があると思っています」

──音楽以外の趣味はありますか?

「趣味はダンスですね(笑)。VやJUNG KOOKとレッスン室でダンスを教え合うのが楽しいので。たまに絵を描いたりもしますけど、やっぱりダンスかな」

──メンバーを家族に例えると、JIMINさんの立ち位置は?

「いちばん上の兄さん……いや、2番目くらいかな(笑)。年上のメンバー、年下のメンバーの中間なんですよね、僕は」


JungKook

JUNG KOOK(ジョングク)

──メンバーのなかでいちばん年下のJUNG KOOKさん。やっぱり“末っ子”ですか?

「あまり言うことを聞かない末っ子だと思います(笑)。でも、皆さんすごく可愛がってくれるし、良くないときは注意もしてくれて。本当の兄弟みたいに親しい関係ですね」

──ラップやダンスを始めたのは何歳のとき?

「ラップは17歳、ダンスは15歳のときですね。きっかけはG−DRAGONさんです。ファッションもカッコいいし、音楽性も高い。多方面に何もかも出来る方だと思うし、僕もそうなりたいなって。実現できるように頑張ります。最近は、ブリティッシュポップやロックも聴くようになりました。たとえば、The Verveとか」

──JUNG KOOKさんのアーティストとしての目標は?

「僕はメインボーカルなので、その位置をしっかり確立することですね。あとはギターやピアノなどをやりたいと思っています。将来的には作曲が出来るようになりたいので、いろいろな楽器を知っておくことが必要かな、と。日本のバラエティ番組にも出演してみたいですねー」

──日本のバラエティ、見たことあるんですか?

「日本語の先生がレッスンのときに見せてくれるんですよ。すごく面白いし、“自分と笑いのツボが似てるな”と思うこともあるので。グループで番組をやれたら楽しいでしょうね。メンバーと一緒にいろんなところに行ったり、買い物したり(笑)」



リリース情報

2014.06.04 ON SALE
SINGLE「NO MORE DREAM-Japanese Ver.-」
ポニーキャニオン
BTS_LimitedA-

[初回限定盤A]¥1,600+税

詳細はこちら

ライブ情報

“SEAGAIA MUSIC RESORT 2014”
詳細はこちら

オフィシャルサイト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人