BUCK-TICK -ロックの衝動から生まれた、既成概念を破壊するアルバム!

BUCK-TICK - ロックの衝動から生まれた、既成概念を破壊するアルバム!

BUCK-TICK

シングル「形而上 流星」に続いて、ニュー・アルバム『或いはアナーキー』を発表したBUCK-TICK。”新しいことをやる””今までをぶち壊す”というロック・バンドとして至極真っ当なテーマで制作に望んだ今作について、ボーカルの櫻井とギターの今井が語ってくれた。

INTERVIEW & TEXT BY 岡本明


壊すことと生み出すことの両極がテーマになっています

──約2年ぶりとなるアルバム『或いはアナーキー』ですが、制作にあたって特にイメージしたことというと?

今井寿 いわゆるロックの衝動というか、今まで当たり前だと思っていたものをぶち壊したい、新たなものを作りたいという意識があって、そこから取りかかりました。それはロック・バンドをやっていると普通のことなんですけど。ただ、それをメンバーに説明するときに“いつもと同じで”、といってもイメージが湧きにくいと思ったので、言い方を考えたとき、ダダイズムとかシュルレアリスムといった言葉が浮かんで。それって物事の価値観をひっくり返したり、権威を笑ったり、既成概念をぶち壊したりという、いわゆるパンク的な芸術運動だったと思うんです。その言葉を提示してイメージを掴んでもらって、そこから少しずつこのアルバムができていきました。

──先行シングル「形而上 流星」は、そういった衝動を象徴する曲と捉えていいんですか?

櫻井敦司 そうですね。アルバムの世界観でくくれると思います。今出たように、ダダイズムとかシュルレアリスムといった、既成の芸術概念をぶち壊す意味に沿っていて。衝動もそうだし、壊すことと生み出すことの両極がテーマになっています。

──さらに、今回のアルバムではさまざまなマニピュレーターやプログラマーをゲストに呼んで、多彩なサウンドを生む要素のひとつになっていますね?

今井 はい。何かちょっと変えたいというところからいろいろな候補があがって、お願いすることになりました。最初からこうしてほしいというイメージがある場合は細かく指定しますけど、だいたいおまかせで作ってもらって、音が上がってくるとそこで判断しました。Cube Juiceくんは何度かやってもらっていますけど、初めてなのはハヤシ(POLYSICS)くん、YOW-ROW(GARI)くんですね。

──レコーディングに向けて特に意識したことはありました?

櫻井 歌も歌詞も思いっ切りメーターが振り切れるまでやろうと思っていました。それも、ダダイズムやシュルレアリスムというスピリット、既成のモノを壊すという言葉とともに臨んだので、生ぬるくならないように心がけました。振り切ったつもりでもまだまだ振り切ってないと感じたら、もっと追求していって。寝ても覚めても作業していましたけど、そのおかげで曲のテーマをしっかり把握して、ブレずに作れました。

──ここ最近の傾向ですけど、このアルバムもライブで弾けられそうな曲が多いですね?

今井 もちろん、ライブでアガれることを前提にした曲もありますし、単純に激しいだけじゃなくても盛り上がれる曲、というのは考えていました。テンポが速いとか、それだけじゃなくても盛り上げることはできますから。

ひとつの塊としてこの言葉が出てきたので、これしかないなと

──『或いはアナーキー』というタイトルはすごくインパクトがありますけど、これは今井さんが考えたんですか?

今井 はい。曲が揃う少し前に出てきた言葉で。“或いは”と“アナーキー”を別々に組み合わせたわけじゃなくて、ひとつの塊としてこの言葉が出てきたので、これしかないなと。掴みどころがないですよね(笑)。反対されたときのことを考えて、一応、別のタイトルも考えようと思ったけど、全然出てこない(笑)。もう、これしかないと提示しました。そもそも反対しようにも、どこが? っていう感じですから(笑)。

櫻井 今井さんが言うならいいかなと(笑)。

──ボリューム感もありつつ、しっかりと手応えのあるアルバムに仕上がりましたね?

櫻井 長いレコーディング期間でもいい緊張感を自分たちで保って作れました。曲数も多いですし、聴いてくださる側にとっても体力や精神力を要する曲があるかもしれないです。でも、いろんな人にこんな尖ったバンドがいるよって知ってもらえたらうれしいですね。

──これまでも尖った作品を作り続けていますが、今回も初めて聴くような尖り方があって、数多くの発見があります。

櫻井 無理して尖らせているわけではないんですけど、そういうものを作るのが好きなんですね。激しいサウンドだけじゃなく、静かな空間からもいろんな感情が湧き上がってくるアプローチをしている曲もありますから。いろんな感じ方をして欲しいですね。

──6月から全国ツアーが始まりますね。こちらも楽しみです。

今井 ジャケットのようなロシア構成主義的な要素を取り入れたヴィジュアルをステージに反映できればと思っています。

櫻井 先ほどから話に出ている、ダダイズムやシュルレアリスムの姿勢を踏襲した形態をとると思います。会場ごとに何かしらの感動を与えるツアーにしたいですね。

リリース情報

2014.06.04 ON SALE
ALBUM『或いはアナーキー』
Lingua Sounda/徳間ジャパン コミュニケーションズ 

J-140527-FY-2018

【写真:初回限定盤A Blu-spec CD+Blu-ray+DVD+PHOTO BOOK+ORIGINAL GOODS】¥8,500+税
【初回限定盤B CD+Blu-ray】¥3,700+税
【初回限定盤C CD+DVD】¥3,300+税
【通常盤CD】¥3,000+税

詳細はこちら

ライブ情報はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人