ドキッとする言葉がたくさん並んだaikoの最新作に迫る!

ドキッとする言葉がたくさん並んだaikoの最新作に迫る!

aiko

ハッとさせられるような印象的なアルバム・タイトルの『泡のような恋だった』。今作は、タイトルだけでなく並んだ楽曲の中にも“ドキッ”とさせられる言葉がたくさん詰まっている。彼女が語っているように、いくつになっても変わらない“恋愛にまつわる感情”を共有できる作品だ。

INTERVIEW & TEXT BYもりひでゆき


ちょっと露骨になりすぎてないかなって不安な気持ちもあったりはする

──今回のアルバムは、1曲目の「明日の歌」から最新のaikoさんの姿が鮮烈に伝わってきますよね。これまでにない表情もたっぷり詰まっていますし。

aiko うれしいです! 「明日の歌」は今年の3月くらいに出来たんですよ、パソコンで歌詞をバーッと打って、そのまんまピアノの前に行ってメロディをつけたんです。で、プロデューサーに聴いてもらったら“いいね”って言ってもらえたので、すぐレコーディングしたんですよね。

──言葉数がすごく多いのが印象的でした。

aiko そうそう。結果、歌が早口にもなっているし。なんかね、そのときの自分が思っていることや感じていることをとにかく全部言葉にしたかったんですよ。メロディの譜割りのことなんかも考えず、ほんとにうわーっと言葉を書きとめていくというか。今回は全体的にそういう書き方をした曲が多いんですよね。

──そこには新しい表情を感じさせる部分と、どこか初期の楽曲に近いニオイを感じさせる部分が同居しているような雰囲気がありますよね。

aiko それは私も思いました。活動を続けていくうちに、こういう言葉を選べば短い歌詞でも想いが表現できるかもなとか、そういうことを考えがちになっていたところがあったんですね。でも、今改めて自分の中の曲作りの仕方がまた1周したというか、そういうルールみたいなものを崩して作れるようにもなったんだと思うんです。

──今回の歌詞の内容を改めて眺めてみて、ご自身で感じることって何かあります?

aiko 恋愛にまつわる感情はいくつになっても変わらないんだなぁって改めて思ったりもしましたけど、表現に関しては歳を重ねたからこそ書けたものが多い気がしますね。

──例えば「キスの息」に出てくる“上手にキスが出来やしないや だけど怖いくらい繰り返した”というフレーズなんかは、かなりドキッとしますよね。まさに今の年齢のaikoさんだからこそ書けた歌詞のような気がします。

aiko ちょっと露骨になりすぎてないかなって不安な気持ちもあったりはするんですけど、なんとなく自分の中にここまでは書いても大丈夫かなっていうラインはあるんですよ。なので、そこを越えなければ自分の想いに素直に書いていいんだなとは思ってますね。

部屋の隅にあったホコリと一緒に大切な人との想い出を窓から捨てるって

──そのご自身の中のジャッジポイントが年齢とともに変化しているんでしょうね。

aiko そうですね、そこはかなり変わってきてますね、うん。でもそれは自然なことではあるので、いいことだと思っています。だってね、「遊園地」には、部屋の隅にあったホコリと一緒に大切な人との想い出を窓から捨てるっていう歌詞もありますから(笑)。

──かなりインパクトのある歌詞ですよね、あれは。

aiko 自分でも新しいなって思いました。そうやって今までにない雰囲気の曲をたくさん書けたのは本当にうれしいですね。

──サウンド的に言うと、今回はアップテンポなナンバーが多めですよね。

aiko そうなんですよ。だからどの曲も必死に歌う感じで大変なところはあったんですけど、でもライブがものすごく楽しみになりましたね。

実際、歩きながら聴くといろんな気持ちをリセットできる気がする

──そんな中、僕はシンプルで優しい雰囲気のサウンドを纏った「大切な人」がすごく好きで。アッパーな曲が多い分、こういうタイプの楽曲がより際立ちますよね。

aiko ありがとうございます。この曲はアレンジが上がってきたときにすごくしっくりきたんですよね。自分のイメージ通りだったので。こういう歩く速度に合うテンポの曲は私もすごく大好きなんです。実際、歩きながら聴くといろんな気持ちをリセットできる気がするから。

──心の中に存在し続ける“大切な人”へのせつない思いが、サウンドの雰囲気と相まって心に染みてきます。

aiko 私はまだ暗くなっていない夕方くらいの時間帯に、そういう人のことをよく思い出すんですよ。なので、この歌詞を書いたのもそういう時間だったと思います。歌については、感情を出すところはありつつも、基本的には優しく歌うことを意識しましたね。

好きな人に“さようなら”と言われてしまったんだけど、まだ受け止められない

──男性目線で歌詞が綴られている「透明ドロップ」もすごく素敵な曲でした。

aiko この曲も今年の2月か3月に作りました。好きな人に“さようなら”と言われてしまったんだけど、まだ受け止められないっていう歌です。男の子の目線で書くと、女子目線よりも素直な気持ちで書ける気がしますね。

──ステージ上で楽しそうに歌っているaikoさんの姿が鮮明に浮かんできましたよ。

aiko うん。この曲はテンポもそんなに速くないんですが、ちょっとブリティッシュなイメージのサウンドやから、みんな一緒にライブで盛り上がれるような曲になったと思っていますね。特にサビは一緒に歌ってもらえたらうれしいです。

──6月24日からは全国ツアー“Love Like Pop vol.17”がスタートしますからね。このアルバムをガッツリ聴き込んで遊びに行きたいと思います。

aiko 今から楽しいことばっかりいっぱい考えてライブに挑みたいと思ってます。新しい曲を歌えるのって本当にうれしいんですよ。リハーサルの段階からワクワクしてますからね。そのままの気持ちで初日を迎えられるように頑張りたいと思います。

リリース情報

2014.05.28 ON SALE
ALBUM『泡のような愛だった』
ポニーキャニオン

J-20140602-KK-1747

[通常仕様盤]¥2,913+税

詳細はこちら

ライブ情報

aiko LIVE TOUR“Love Like Pop vol.17”
詳細はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人