前作から3年間、考え続けてきたことが実を結んだ新作!

Base Ball Bear - 前作から3年間、考え続けてきたことが実を結んだ新作!

Base Ball Bear

Part.1『二十九歳』

6月4日にニュー・アルバム『二十九歳』をリリースするBase Ball Bear。前作『新呼吸』でひとつの達成感を得て、バンドとしての次なるテーマをボーカルの小出が3年間考えて続けてきたことがまとまった1枚。世界観、バンド・サウンド含め、ベボベらしくもあり、新しくもある作品となった。

INTERVIEW & TEXT BY 永堀アツオ
PHOTOGRAPHY BY 江隈麗志
HAIR & MAKE BY 沓掛倫雄


無意識下も込みで、ずーっと脈々と考えてきたことが結実したアルバム

──まず、通算5枚目となるニュー・アルバム『二十九歳』が完成した感想から聞かせてください。

湯浅将平 曲数が16曲と多いんですけど、とても聴きやすく、かつ、充実した内容になっていると思います。

関根史織 毎回、アルバムを作るたびに思ってはいるんですけど、ものすごくいいアルバムができたので、どうにか盛り上げたいなと思っております。

小出祐介 平常心です。

堀之内大介 僕は興奮してます!! あはははは。

──(笑)ベスト盤をはさんで、最高傑作と称された『新呼吸』からは3年ぶりとなりますが、どんな作品にしたいと考えていました?

小出 最初は考えていませんでしたね。あのアルバムは、僕らからすると、ひとつの到達点であったというか……。あの時点で、バンド結成から10年が経っていたので、10年間の歩みも込みでの達成感があった作品だったんですね。だから、そこから先、次にいくのが難しくて。そういう意味では、この3年間、無意識下も込みで、ずーっと脈々と考えてきたことが結実したアルバムというニュアンスで捉えていただければいいかなと思いますけど。

C-140530-FY-1554

メンバーそれぞれのルーツや好きな音楽も滲みでていて、面白い形になっている

──その意識と無意識の両方で考えてきたこととは?

小出 Base Ball Bearは、何を鳴らすかっていうことと同じくらい、“何を歌うか?”っていうことを大事だと思っているバンドなんですね。そこから次のテーマ探しをしようと思っていたんですけど、作品には自分の人間的な成長が反映されるし、自分たちで到達したなっていうところまできちゃったあとは、なかなか次に行くのが大変だなって感じでいて。だから、まずは、4人それぞれのバンドとしての訓練期間というか。いろんな人とコラボすることで、何か新しいものを吸収できたらいいなと思っていたんですね。結果的には、自分たち発信以外にもいろんなところからお声がけ頂いて。先輩後輩関係なく、いろんな方と一緒にライブをすることもできたし、縦横無尽な活動ができた。だから、サウンドに関していうと、その期間で培ったことが反映されてるアルバムかなって思います。

堀之内 サウンドに関してはものすごく遊んでるよね。

小出 歌詞とは切り離しているからね。

堀之内 そこが面白い形になっていると思いますね。メンバーそれぞれのルーツや好きな音楽も滲みでていて。曲調はバラバラだけど、最終的にはそれがうちの強みですっていうアルバムになっているのかなって思う。

リリース情報

2014.06.04 ON SALE
ALBUM『二十九歳
EMI Records

J-140530-FY-1316

【写真:初回限定盤CD+DVD】¥3,500+税
【通常盤CD】¥2,931+税

詳細はこちら

ライブ情報はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人