モテたいからギターを始めるっ!だけど、予算はどれくらい必要?

『けいおん!』モデルは高いけど、1〜2万円の入門者モデルもOK!

 ギターを始めたい!──アニメ『けいおん!』を観たり、あるいは中学・高校の学校内でバンドを始める仲間がいたりなどの理由でそう思っている人もいるかもしれない。だけど、今まで楽器に触ったことすらないし、それにギターってお高いんでしょう?

 『けいおん!』を見てギターを始めたいと思った人だったら、平沢唯が使っている『ギブソン・レスポール・50s・スタンダード』が欲しいと思うかもしれないが、残念ながらこのモデルは現在生産されていない。そして、現行モデルの定価は30〜40万円。社会人や一生懸命バイトしてる大学生なら、なんとか手が届きそうだけど、高校生には無理! でも、ギブソンの系列ブランド“エピフォン”のレスポールならば、8万9640円と少しは現実感の持てる値段となっている。ちなみに、中野梓が使っているフェンダー・ムスタングは8万6400円から。

 もちろん、これより安い値段で手に入るギターもあるから、まずは楽器屋さんに足を運ぶことをお薦めしたい。例えば、東京の楽器街・お茶の水のお店に行ってみると、店頭に1万〜2万円くらいのギターが並んでいる。これらはフェンダーやギブソンといった“ブランドモノ”ではない入門者向けモデル。しかも、小さいアンプやシールド(ギターとアンプをつなぐケーブル)などとセットで売られている場合が多い。「どんなものでもいいから、とにかくギターが欲しい!」という人は、こうしたギターもアリかも。シンガー・ソング・ライターの高橋優も、最初は2万円のギターを音楽雑誌の後ろのページに載っていたのを見て買ったという。

 また、新品にこだわらないのであれば、中古を狙うという方法も。最初に挙げたレスポールやアーティストモデルのギターもお手頃な値段で手に入るかもしれない。「中古は品質が心配……」と気になる人は、店員さんに保証が付くか聞いてみる、もしくは、ギター経験者に同伴してもらってその場で試奏してもらう、といった方法をとれば少しは安心できる。

あのクラプトンのギターは、オークションで1億円ナリ

 逆に、いちばん高いギターっておいくらなのだろうか? 2004年にチャリティ・オークションにかけられたエリック・クラプトンのギター『ブラッキー』(フェンダー製)には95万9500ドル(当時のレートで約1億1200万円)の値が付けられた。

 また、ギター以外の楽器でいうと、ストラディヴァリウス作のバイオリン取引価格は2〜3億円。2003年にローザンヌ大聖堂(スイス)のパイプオルガンの製作費用にいたっては500万フラン(4億9000万円)!

 もしアーティストを目指すなら、いつかはこんな楽器を使ってみたい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人