もうチェックした?2014年5月の素敵なMV特集

マスト・チェック・ビデオ!

TEXT BY 高野克仁

毎月、最終週は編集部が選ぶ、その月にお勧めするミュージック・ビデオを集めてお送りします。今月も素敵なビデオが数多く公開されましたが、その中でも大物女優が出演したもの、斬新なカメラワークを際立たせたもの、はたまたコミカルでちょっとシュールなものまで、インパクトのある映像をセレクト。楽曲ともどもぜひチェックしてみてください。

椎名林檎
「青春の瞬き」

5月27日リリースのセルフカバー集『逆輸入 ~港湾局~』から、2011年に栗山千明に提供したナンバーをセルフ・カバー。曲はもちろん映像も冒頭からアーティスティックな雰囲気に満ちています。


感傷ベクトル
「エンリルと13月の少年」

漫画家、田口囁一と脚本家の春川三咲による、音楽と漫画を同時展開させた異色ユニット。5月17日にリリースされた1stシングルのこのビデオは画面をいくつにも分割させ、強烈なインパクトを残しています。


大塚愛 ai otsuka
「モアモア 〜Short Version〜」

デビュー10周年記念の第2弾シングル。今回は本人の等身大パネルが全国津々浦々の名所を巡るユニークなビデオに仕上がっています。


氣志團
「喧嘩上等」MUSIC VIDEO -Short Ver-

5月21日リリースのニュー・シングル。ドラマ『極悪がんぼ』の主題歌ということで、ドラマで主演を果たしている尾野真千子が、氣志團のマネージャー役として出演しています。


東京カランコロン
「恋のマシンガン」

5月14日リリースのニュー・シングル。メンバー5人が主演を務めたショートフィルムも要チェック!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人