聴いて楽しくなる恋愛モノを描いたドキドキソング完成!

住岡梨奈 - 聴いて楽しくなる恋愛モノを描いたドキドキソング完成!

住岡梨奈

Part.1「flavor」

『テラスハウス』で披露した「言葉にしたいんだ」のリリースに続いて、ニュー・シングル「flavor」が到着! 恋の始まりの“ウキウキ”や“ドキドキ”感が詰まったポップ・チューンで、気持ちが前向きになってくる!

INTERVIEW & TEXT BY 大前多恵
PHOTOGRAPHY BY キセキ
HAIR & MAKE BY NATSUKI


一途でいて欲しいな、という想いも込めて書いています

──恋が始まったばかりのときめきを歌った、明るさ全開の曲ですね。

住岡梨奈 いつもは、自分を変えたい、変わりたいという気持ちをエネルギーにして、成長について書くことが多いんです。だから、何かにときめいてウキウキして、その部分だけに注目した曲はこれまで自分にはなかなかないんですね。今回は、聴いて楽しくなる恋愛モノを思い浮かべて、とにかくウキウキした、テンポの速い曲を書こう! と思って書き始めたのがきっかけでしたね。

──新しい挑戦として、そういう風に曲を作りたかったんですか?

住岡 “こういう風にやってみよう”と決めてではなく、なんとなく面白そう、と思ってやり始めただけなんですけどね。“胸がキュンとすることってなんだろう?”と考えながら書いて行ったら、“うわぁ~もうすぐ日曜日じゃん!”と楽しみにするような、そういうドキドキ感って最近ないな、でも昔はあったな、と思い出して。人によるとは思うんですけど、あまり恋愛をしない、恋愛に対して前向きじゃない感じの部分というか。私も割とそうなんですけど、“悟り世代”というか。恋愛の他にもっと楽しいことがあるかもしれないけど、“こっちも楽しいんじゃないですか?”という、提示になればなって。

──なるほど。とてもピュアな恋心が綴られていますが、住岡さんの恋愛観の表れでしょうか?

住岡 重たく聞こえるかもしれないですけど、付き合うのって結婚前提のものでしょ? という想いがあるんですよね。“この人とは結婚するつもりで付き合ってるわけじゃない”という話を聞くと、“いやいやいや!”って思う。自分ができているかどうかはわからないですけど、一途でいて欲しいな、という想いも込めて書いています。恋愛に対しての理想が詰まった曲になっていますね(笑)。

C-140522-FY-2107

洗濯物の匂いとか、人の肌の匂いとかに私はグッとくるんです

──「flavor」というタイトルはどのようにして決めたのですか?

住岡 flavorは“匂い”という意味なんですけど、香水とはまた別の、洗濯物の匂いとか、人の肌の匂いとか、そういうものに私はグッとくるんですよね。匂いが一番記憶に残るものらしいし、好き嫌いって、匂いを嗅いで“なんかいいかも”と思えるかどうかだ、とも言いますよね? キラキラしている人っていい匂いがしてるなと思うし、そうやって匂いについていろいろとイメージを膨らませて行ったんです。人に限らず、季節の匂いってあると思うんですよね。“あ、春来たな”“そろそろ梅雨になるな”とか、匂いでわかる気がするし。食べ物とかも結局匂いですし、なんだか面白いですよね。

──匂いもときめきも、頭で考えるのではなく、本能的に直感するものですよね。

住岡 そうですよね。私、人生、ときめかないとつらいのかもしれない、と最近思い始めているんですよ。だから、ときめきを忘れないように、毎週ちゃんとファッション雑誌を買うようにしています。外国人のキレイな女性を見るのが好きなので、パリコレの様子だとか、自分は絶対に着られないであろうすごいオシャレ柄の服だとか、ストリート・スナップだとかを見ると、テンションが上がるんですよ。

──住岡さんにとって、音楽はときめきとイコールではないんですか?

住岡 人の歌っている曲を聴くとときめきますけど、自分の曲に対してはないかもしれないですね。でも、作っている最中に、言葉にときめくことはありますね。“これ、今想像していたのとぴったり合う!”というときに、キラキラッ! となります。恋に限らず、そういうときめきを増やしていけたらいいな、と思いますね。

リリース情報

2014.05.28 ON SALE
SINGLE「flavor
キューンミュージック 

J-140523-FY-1437

【写真:初回生産限定盤CD+DVD】¥1,500+税
【通常盤CD】¥1,165+税

詳細はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人