音楽で夢を見続けるために貪欲に突き進む!

flumpool - 音楽で夢を見続けるために貪欲に突き進む!

flumpool

Part.5 デビューからの5年、バンドの未来

昨年の日本武道館公演後に4人を襲った焦り、それらを払拭させた「明日の賛歌」「ビリーバーズ・ハイ」。その2曲を手にして回っている全国ツアーで見えてきたバンドの未来、そして芽生えた貪欲に突き進む思いとは?

INTERVIEW & TEXT BY 斉藤ユカ
PHOTOGRAPHY BY 田中和子(CAPS)
HAIR & MAKE BY 菊地倫徳
STYLING BY 森田晃嘉


スタジアム・ツアーもやりたいし、海外でもやりたいし、そこに対しては貪欲にならなきゃ

──flumpoolが、デビューからの5年をすんなり過ごせたわけではないということは多くの人が知るところだけれど、もしかするとここ半年ぐらいが最も苦しい過渡期だったのかも。

山村隆太 うん、そうかもしれないです。ほんと焦ってたんですよ。バンドとしていろんなこと見つめ直さなきゃいけないんじゃないかなって。このままだと過去のflumpoolを更新できずに、フェードアウトしかねないぞ、と。

──その危機感は、去年あたりからさかんに口にしてましたね。

隆太 音楽で夢見た以上、もっと大きい夢を見たいし、それこそスタジアム・ツアーもやりたいし、海外でもやりたいし、そこに対しては貪欲にならなきゃと思って。

──自分の立ち位置を客観的に観られるようになったんだ。

隆太 と、思います。正直、この5年でこなれちゃったなとも思いますし。それは悪い意味でね。

C-140518-FY-0005

ま、誠司がラップするとかも、面白いけどね?

──いや、それに気づけたのは大きいと思うな。

隆太 自分でもそう思ってるんですけどね。初心に戻るっていうのは大げさかもしれないけど、でも今、本当に自らを叩き直す覚悟でやっています。

小倉誠司 「明日への賛歌」を携えて全国ツアーも始められて、去年から今年にかけてのモヤッとした場所からは、とりあえずは抜けられた感じがしてますね。

阪井一生 曲作りに関してもいろんなチャレンジをし始めています。今はツアー中だからそんなにがっつりできているわけじゃないけど、面白いものができると思いますね。

隆太 ま、誠司がラップするとかも、面白いけどね?

誠司 なんなら俺、やるよ、オープニングで。

尼川元気 それいいな!! 公演中は席に立っちゃダメだよ~みたいな開演前の注意喚起を、誠司のラップで!

隆太 ま、声低くて何言ってるのかわかんないと思うけど(笑)。

一生 どっかでお経を唱えてる!? みたいに思われるよ(笑)。

──このツアーが終わったら、何をするの?

誠司 全然見えてないですけど、でも確実に制作に入るとは思いますよ。新しいところを目指して。

隆太 少なくとも、flumpoolは次に向かって行けるぞっていう自信が持ててますしね。このまま行けば、いずれはスタジアム・ライブとかできるだろうなとも思ってます。

一生 できなかったらどうする?

隆太 できなかったら、みんなで松原帰って……(笑)。

元気 っていうことを言ってみたいだけなんですけどね。

──なんにせよ楽しみにしています。ライブで「もっとデカい夢見せてやるからな」ってオーディエンスに約束してたしね。

隆太 そうですよ、本当にそう思ってますから。そのために日本武道館で5周年のライブをやって、区切りのベスト・アルバムを作って、「明日への賛歌」を世に出したんですもん。絶対に、もっとデカいことやってやりますよ。

リリース情報

2014.05.21 ON SALE
ALBUM『The Best 2008-2014「MONUMENT」
A-Sketch

J-140519-FY-1027

【写真:初回限定盤2CD+DVD】¥3,700+税
【通常盤2CD】¥3,200+税

詳細はこちら

ライブ情報はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人