“素敵な人”になるためにはどう生きるかーー。アニメから学んだ阿部真央の教訓とは?

“素敵な人”になるためにはどう生きるかーー。アニメから学んだ阿部真央の教訓とは?

阿部真央

思い描いた“未来”に向けて、どれだけ自分と向き合って切磋琢磨しているか……それが、人の“顔”に出ているという阿部真央。感受性の強い彼女が今、どんなことを感じこの楽曲が出来たのか。とても興味深い話を聞くことができた。初の日本武道館公演が決まっっている彼女の未来は明るそうだ。

INTERVIEW & TEXT BY 竹内美保


“人ってその人の顔に性格や生き様が表れるな”と感じたのがきっかけ

──「Believe in yourself」はシンプルかつ力強さに満ちた楽曲ですが、今作の制作にはどのような心持ち、姿勢で臨んだのでしょう?

「去年からのニュートラルな感じ、自然な流れは続いているんですけれど。年末くらいに“次の楽曲ではこういうことを書きたいな”というイメージが漠然と浮かんできたんです。その漠然としたものが、オープニングテーマのお話をいただいた『ベイビーステップ』の原作を読んだときにはっきりして。自分が書きたいと思っていたことの答え、確固たる核みたいなものが、そこで見えたんですよね。そこから楽曲作りをスタートさせました」

──その“核”とはどういうものだったんですか? それのそもそもの源というか。

「最初に思い始めたのは、“人ってその人の顔に性格や生き様が表れるな”と感じたのがきっかけです。その人が立っているステージ、フィールド、目指す方向の中でどれだけ切磋琢磨しているか、自分と向き合って一つひとつのことに対してちゃんと決断しながら積み重ねていっているか……その結果が“その人”なんだろうな、とか。そういうのが透けて見える1年だったですよね、去年は。で、この楽曲の中に“己を誇れる人になりたい”という表現があるんですけれど、私も自分が目指す“素敵な人”になるためにはどう生きるか、ということを考えていたときに出会ったのが、まさに素敵な生き方をしている『ベイビーステップ』の主人公だったんです」

──真央さんの思う理想像がそこに在った。

「そうです。主人公の栄一郎君はプロ・テニスプレイヤーを目指していて、才能の芽を地味な自分なりに一生懸命開華させていくんですけれど。挫折を繰り返しながら小さい成功を一つひとつ積み重ねていく姿がリアルなので、とても共感できて。そういう人が私は好きだし、自分もそうなりたいし。そういう生き方、歩み方に美しさを感じるし。私のデビューしてからの5年間の道のりも、そういう在り方に近いとも思いますし。この物語は今日から誰もができる、でもいちばん大事なこと、を教えてくれるんですよ」

どうしても成功させたいものがあったら楽な道は選ばない……

──詞の表現、選んでいる言葉はすごくシンプルですよね。“生き方”がテーマだから­­­­­­­­実は重くて複雑な心情を内包していると思うんですけれど、簡潔だし、だからこそすごく気持ちよくメッセージも伝わってきます。この曲を聴いた子たちのモチベーションのアップにも繋がりそうですね。

「そうだといいな、と思います。今までもそういう気持ちで書いてきたんですけれど、今回はより強くそれを思いました。『ベイビーステップ』を観る世代の子たちにメッセージがちゃんと伝わること、それは心がけたので。どうしても成功させたいものがあったら楽な道は選ばない……“そうだね。やりきれることはやらないと”って、それだけでも思ってもらえるといいな、と思います」

──ボーカルも曲アタマの雄叫びから一気に気持ちを上げてくれますし。

「うれしいです。そこは試行錯誤もあったんですけれど“イントロでバンドが鳴っているだけではパンチがないな”と思って最終的に入れることを決めたんですよ。歌に関してはあまりクセがないように、言い回しや言葉尻の切り方もいつもとはちょっと変えて、聴きやすさと解りやすさを意識しました。声の使い方もちょっとハイを効かせて、ポップに響くように。バンドのサウンドもテンション高めで明るいけれど骨太感のある音、とアレンジャーのakkinさんにリクエストしました」

──対して、カップリングの「疲れたな」は……。

「暗い。すっごい暗い(苦笑)」

──タイトルがもう真央さんらし過ぎて(笑)。

「それ、すごく言われます(笑)。この楽曲はデビュー直後に書いたものなんですけれど、すっとそのままになっていたんです。でも今作のカップリングを決めるためにストック曲を聴いていたら、この曲の歌詞がスッと入ってきて。今はこういうことを考えたりする瞬間がないし、こういう観点で切り取る曲も書けないので、たぶんそれがうらやましくもあり新鮮でもあったんでしょうね」

──取り戻せないけれどかけがえのない気持ち、なんでしょうね。

「そうですね。それを歌にできて、記録できて……すごく純粋な思いをこうして形にできて良かったな、と思います」

リリース情報

2014.5.21 ON SALE
SINGLE「Believe in yourself」
ポニーキャニオン

J-20140520-KK-1456

[通常盤]¥1,000+税

詳細はこちら

ライブ情報

詳細はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人