あの曲が一生、元気が歌っていないオリジナル・バージョンで収録!

flumpool - あの曲が一生、元気が歌っていないオリジナル・バージョンで収録!

flumpool

Part.3「Hydrangea」「labo(Re-format)」

これまで音源化のなかった「Hydrangea」と、インディーズ時代に限定リリースされた「labo」をベスト・アルバムに収録! バンドとしての進化を感じずにはいられないこの2曲について語ってくれた。

INTERVIEW & TEXT BY 斉藤ユカ
PHOTOGRAPHY BY 田中和子(CAPS)
HAIR & MAKE BY 菊地倫徳
STYLING BY 森田晃嘉


一生さん歌ってないの!? って言ってくれないんですか

──今回flumpoolライブでも定番曲の「Hydrangea」が収録されて、ファンは本当にうれしいと思うんですよ。でもみんな思うはずなの、“元気さん歌ってないのっ!?”って。

阪井一生 ちょっと待って、ライブでは俺も歌ってるのに!!

小倉誠司 そこにかみつくな(笑)。

一生 一生さん歌ってないの!? って言ってくれないんですか。

──えーと、ほら、一生くんには「タイムカプセル」という名曲があるから。

一生 まぁ、まぁね!

山村隆太 納得してる(笑)。

──これ、リアレンジする時点で、ボーカルをどうするか考えましたよね?

隆太 そうですね。もちろん3人で歌おうかっていう意見も最初はあったし。

尼川元気 いやいやいやいやいや!

隆太 と、元気が断固拒否したんですよ。

元気 だって、元々は隆太だけが歌ってたんですよ。ただ、ライブではみんなが歌ったほうが盛り上がるってことで、最終的に3人で歌うことになっただけで。だから元に戻っただけです。

隆太 そうだね。まぁ、オリジナルに戻ったという解釈で聴いてもらえれば。

──それにしても素晴らしいアレンジ。

隆太 うん、すごい出来がいいですよね。僕も気に入ってますもん。「labo(Re-format)」もそうですし。

C-140522-FY-1718

「labo」があったからデビューできたようなもの。誠司もバンドに入ってくれたし

──うん、オシャレ「labo」です。楽曲の世界観がより増幅した感じ。

隆太 でしょ? めっちゃいいアレンジができました。実は、曲を作った当時から頭の中ではこういう音が鳴ってたんです。loveとrobotで「labo」じゃないですか。そのロボットっぽい無機質な感じを、今回みたいにDTMやシンベ(シンセベース)で表現していくってことが当時はできなかったんですよ。

一生 そういう意味では、今回やっと理想型になったなと思います。できてよかった。

──いちばん最初のライブからやっている曲がこんな風にバンドの進化を見せてくれるなんて、まさにベスト・アルバムに収録する意味のある1曲ですね。

隆太 この曲があったからデビューできたようなものですしね。誠司もバンドに入ってくれたし。

──そっか、誠司くんを勧誘するために作った曲なんだっけ?

元気 勧誘するためじゃなくて、つなぎ止めるための曲ですね(笑)。

誠司 で、まんまとつかまりました(笑)。でもほんと、この曲は本来この方向に持ってきたかったんですよ。当時はだから、何も持っていないなりになんとか形にしようってみんなで頑張って。

隆太 あのころはMTRしか持ってなかったもんな。そう考えると、やっぱりちょっと感慨深いものはありますね。

──今は機材も、それを使いこなすスキルもあるから、イメージどおりの音が作りやすいですよね。その点を考えると、音楽を作る、構築する喜びというのは、この5年でずいぶん大きくなっているのでは?

一生 確かに、作業としてめっちゃ楽しいですよね。自分がイメージしているものをそのとおりに形にできると、でき上がった瞬間の喜びが違いますもん。なんだかんだ言って、頭で鳴ってる音は無理してでも形にできる気がするし。

隆太 しかもうちの阪井さん、器用ですから。なんでもやってくれます!

一生 ええ、なんでもできますから、僕。……うそです(笑)。

C-140522-FY-1727

リリース情報

2014.05.21 ON SALE
ALBUM『The Best 2008-2014「MONUMENT」
A-Sketch

J-140519-FY-1027

【写真:初回限定盤2CD+DVD】¥3,700+税
【通常盤2CD】¥3,200+税

詳細はこちら

ライブ情報はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人