Lyu:Lyu -目の前にいる“君”のためだけに歌う覚悟

Lyu:Lyu - 目の前にいる“君”のためだけに歌う覚悟

Lyu:Lyu

1stフル・アルバム『君と僕と世界の心的ジスキネジア』の反響を受け、自分たちが今鳴らすべき音が捉えられたというLyu:Lyu。新作ミニ・アルバム『GLORIA QUALIA』は、痛みや苦しみ、悲しみを抱えた孤独を感じる“君”を救い出す作品である。

INTERVIEW & TEXT BY 奥村明裕


聴く人によっては拒絶されてしまう

──“もう息してたって 生きてたって 迷惑にしかならない気がして 色々諦めたんだ 優しさを貰う事も”と歌う「メシア」を筆頭に、強烈なメッセージと音像を投げかける強烈なミニ・アルバムで。まず、完成してどんな手応えがありますか?

有田清幸 いつもベストを作るって気持ちでやってますけど、表現力っていう意味では今作ができたときに“ここまでできるんだ!”って思いました。制作の過程がちょっと今までと違ったので、どうなるかな? ってところだったんですけど、蓋を開けてみればいいじゃねえか! って(笑)。

純市 イメージしてることが具現化できるようになってきたなっていう感触があって、すごく手応えは感じてます。

──テーマみたいなものはありました?

コヤマヒデカズ 去年出した1stフル・アルバム『君と僕と世界の心的ジスキネジア』で、それまでの集大成ができた手応えがあったんですよ。ライブやネット、手紙で聴いてくれた人の反応を受けて、自分たちのやるべきことに腹が決まったというか……自分たちがやってる音楽はけっして明るいものではないし、聴く人によっては拒絶されてしまうようなものだっていう自覚があって。そこで次に何を発信しようかっていうときに、さらにアクセルを踏み込む覚悟が決まって。

すげぇシンプルだけど、大丈夫?

──前作のリアクションで自分たちの音楽に確証を得たというか。俺たちは間違ってなかったと?

コヤマ そうですね。初めてバンドの基準ができた気がします。“救われました”って言ってくれる人がいたり、ちゃんと届いている実感はすごくありました。

──なるほど。全曲自信作だとは思うんですけど、特に好きな曲を挙げるとすると?

有田 強いて挙げるとしたら、「初めまして」ですね。よく“(演奏の)手数が多いですね”って言われてたので、もっとシンプルにしたいっていう気持ちがあって。必要な部分だけ鳴らすっていうポップス然とした考え方で録りたくて、それが如実に出てるのが「初めまして」だと思います。録り終わったときにエンジニアさんから“すげぇシンプルだけど、大丈夫?”って言われたくらい(笑)。

純市 俺は3曲目の「先生」が好きですね。重たいノリでダークな曲が個人的に好きです。音源では何本もギターを重ねて壮大な感じになってるんですけど、ライブでは3人しかいないので、音源のイメージを崩さずに聴かせたいなって思ってます。

コヤマ 俺も「先生」を挙げようとしたんですけど(笑)、それ以外だと、いちばん最後の「彗星」かなぁ。途中でいきなりノイズが入るんですけど、ああいうアレンジがしたくて、デモの段階から仕込んでましたね。

R-140509-YS11

それぞれ適正みたいなものがあって

──誤解を恐れずに言えば、Lyu:Lyuみたいに自己嫌悪とか現実への違和感を歌ってるバンドは吐いて捨てるほどいるじゃないですか?

コヤマ そうですね。

──でも、なぜLyu:Lyuが吐いて捨てられないのかといえば、そこにものすごい切実さがあるからで。ちゃんと身を切って、血が流れているというか。

コヤマ あぁ……やっぱり自分を切り売りしてる感覚はありますね。音楽を作ったり歌詞を書くことって、 それぞれ適正みたいなものがあって。明るい歌をうたえる適正があるんだったらやればいいし、俺がそういう人間ではなかったっていうだけの話で。高校生くらいから、いわゆるJ-POPで歌われていることが全然理解できなかったんですよ。自分の生きてる毎日はこんなんじゃない! って。そういうときにニルヴァーナとかレディオヘッドとか、日本だとSyrup16g、THE BACK HORNとか。そういうちょっとダークで、魂を吐き出すようなバンドを好きになって。自分の勝手な解釈ですけど、自分に居場所を与えてくれたというか。そういうバンドのお陰でなんとかバランスを取ってやっていけてた部分がありますね。

自分にその覚悟があるのか?

──自身も音楽に“救われた”と。

コヤマ 救われましたね。自分が表現する側に立ったときに、そういう経験があったので自然とその方向に向かっていって。

──だから、聴く人に深くコミットするし、ある場合には人生を左右してしまうほどのものだと思うんですよ。“救われました”と言われることはうれしい反面、プレッシャーも感じませんか?

コヤマ やっぱり責任は感じますね。こういう強烈な音楽って、人生観そのものを変えかねないので。自分が歌ってることを、例えば今から身投げしようとしてる人に言えるのか? とか、自分にその覚悟があるのか? っていうのはつねに考えてます。

──絶望を歌っても、Lyu:Lyuの音楽は最後の最後で“生きること”を諦めていない。救いみたいなものは必ず織り込まれているように感じます。

コヤマ そうですね。自分の好きなバンドもそうだったし、絶対どこかに“でも……”っていう部分はあると思います。それが自分なりの責任の取り方なんじゃないかって。

──今度のツアーはワンマン公演も多いので、今から楽しみにしています。

コヤマ ありがとうございます。俺らの音楽ってすごくプライベートなものだから、ワンマン・ライブも“バンド 対 その人”、一対一が何個も集まっているような、そういうものであるはずなんですよ。だから、いちばんいいものを観せられると思うので、楽しみにしていてほしいですね。

リリース情報

2014.05.07 ON SALE
MINI ALBUM『GLORIA QUALIA』
SPACE SHOWER MUSIC

J-140509-YS11

¥1,574+税

詳細はこちら 

ライブ情報

Lyu:Lyu“GLORIA QUALIA”リリース全国ツアー
詳細はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人