バッハと同じ髪型にするには、どれくらいの長さが必要?

バッハといえば、“音楽の父”と称される偉大な作曲家。18世紀のドイツで活躍し、「トッカータとフーガ」「G線上のアリア」など音楽の授業で一度は聴いたことがある名曲を数多く生み出した。65歳で逝去するまで1000を超える曲を書き上げ、クラシック音楽の礎を作りあげたことで知られる。

そんなバッハの姿を想い浮かべる際、ボリューム感のある毛髪とカールが施された髪型をイメージする人も少なくないはずだ。さぞかしスタイリングが大変だったのではないかと想像できるが、バッハ自身のそれはカツラであったので心配は無用。だが実際に、現代であのバッハ・ヘアーにするとしたら、どれくらいの長さが必要なのか気になるところだ。

「あの美しいカールを作るには、男性にしてはかなり長い髪が必要になりますね」と指摘するのは美容師の山中道子さん。さらにバッハの肖像画をもとに、バッハ・ヘアーをこう分析する。

「通常カールを作るには、頭皮の生え際から12cmほどの長さがあればできるのですが、バッハともなると頭のすべての部分で20cm~30cmは必要になると思います。それらを考慮した場合、必要な髪の長さは、少なくとも鎖骨の下よりも長くなければなりませんね」(山中さん)

つまり、バッハ・ヘアーを手にするには、頭上から側面、えりあしなど全箇所で、まず髪を20cm以上伸ばさなければならない。男性にとってはかなりハードルの高い髪型だということが判明した。

とはいっても、いざ髪が伸びきった時、実際に美容室に行って「バッハのような髪型にしてください」と注文しても対応してくれるのだろうか。山中さんによれば、どの店もというのは保障できないが、バッハの写真を持っていけば基本的に問題ないという。

バッハは作曲だけでなく髪型もスケールが違う偉大な存在だった。バッハのクラシックを聴く際には、ぜひ髪型の美しさも思い出してみてほしい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人