DIV -浮遊感×デジタル・サウンド=漂流彼女!

2014.05.08

DIV - 浮遊感×デジタル・サウンド=漂流彼女!

DIV

DIV結成2周年を記念したEX THEATER ROPPONGIでのワンマン・ライブを目前に控え、発表されるニュー・シングル「漂流彼女」。メンバーを代表して、CHISA(vo)と将吾(g)が応えてくれた。

INTERVIEW & TEXT BY 山本弘子


ガラッと変わることが多い

──ニュー・シングル「漂流彼女」は宙を漂っているようなふわふわしたサウンドが心地よくもあり、切なくもある曲ですね。聴き心地もポップで洗練されている。

CHISA “浮遊感”はテーマでしたね。それと前回、2枚同時にリリースしたシングル「BUTTERFLY DREAMER」「you」がバンド・サウンドを押し出した楽曲だったので、今回はデジタルな要素を出そうと思って作った曲でもあります。いつもデモを元に各自がフレーズを考えるんですけど、うちのバンドはアレンジでガラッと変わることが多いんですよ。この曲もそうで……。

将吾 いちばん変わった曲だね。構成もサビのメロディも違うし。ギターに関しては、浮遊感を意識してコード感をいつもと変えてますね。ベースも曲の雰囲気を出すためにフレーズがいつも以上に動いていたり。

R-140430-YS13


置いていかれたような気持ち

──“漂流彼女”って映画のタイトルみたいでインパクトがありますよね。

CHISA 引っかかりのある言葉にしたくて、タイトルから先に決めたんですよ。詞を書くときは頭にある情景を言葉にしていくんですけど、この曲はフラれちゃった女の子がラブソングに溢れた街を歩いているんだけど、賑やかな景色も、その街で流れている恋愛の曲も今の自分とかけ離れていて、なんだかひとり置いていかれたような気持ちになっている……というイメージがありました。海とか宇宙をひとりでさまよう孤独感というか。

──それで歌詞に“聴こえるのは耳鳴りじゃない イルカの歌”というフレーズが出てくるんですね。DIVにとって、どんなポジションの曲ですか?

将吾 今までシングルのリードで、こういうタイプの曲ってなかったよね?

CHISA こういう雰囲気の曲はあるにはあったけど、やっと表題曲になりうる完成度になったなっていうのはありますね。歌詞が届きやすい曲でもあります。

R-140502-YS1

……がよかったんですけど

──そして、カップリングの「Cocktail Color」はバラードかと思いきや、ヘヴィなリフに移行して、タイトル通り様々な色合いを見せてくれるナンバーですね。

CHISA
 これも原曲は僕で、出だしのメロディから作っていきましたね。バンド・サウンド寄りのアプローチでドラムのフレーズが映える曲にしたくて。

──歌詞は将吾さんですが、カクテルを飲んでいるときにできたとか?

将吾 ……がよかったんですけど、実際は緑茶ハイを飲んでいました(笑)。この詞のテーマはひとり一人みんな違いがあって当たり前なので、自分の個性を活かしましょうっていう。俺自身、昔から人に合わせて同じことをするのが苦手だったので、そういうメッセージをお酒に例えて書きました。

──後半に“君は君一人だけさ この世で一つ”という歌詞がまさにそうですね。

将吾 あと、人間、今日と明日では気持ちが変わっているかもしれないじゃないですか。何かをきっかけにその人の色(人生観)が変わることがあるっていう。

CHISA 特に歌詞の意味は聞かなかったんですけど、将吾らしいですよね。いい意味で協調性がない(笑)。

R-140430-YS11

面白いものを探してる感覚

──(笑)。歌詞を書くと、その人となりが出ますね。通常盤のみに収録されている「hungry soul」は今作イチのヘヴィ・チューンで。CHISAさんのシャウトも炸裂してますね。

将吾 作ってるときから、この曲は全編スクリームにしたいなと思ってたんですよ。メロディの裏にも入れたかったから、CHISAに「メロディは俺が歌うから、全部スクリームでいってくれ」と伝えました。で、ベースのちょびにハモってもらって、フロント3人が歌ってるんです。

CHISA 初のパターンですね。スクリームが僕、将吾がサビのメロ、ちょびがコーラスっていう分かれ方です。僕がサビのメロもコーラスもやる方法もあるんだけど、ライブで再現できる形にしたいなと。

将吾
 弦楽器はぶ厚さ重視、satoshiのドラムは叩き散らしてますね。

──かなりカラーの違う3曲ですが、この在り方がDIVなんだっていうシングルですか?

CHISA つねにバリエーションは意識してますね。曲のタイプは違うけど、フレーズや音でバンドの特徴を出したいというのが結成当初からのテーマなんです。あまり堅苦しく考えず、いいと思ったものはどんどん取り入れたいし、このシングルだけがDIVじゃなくていつも、みんなで面白いものを探してる感覚ですね。

R-140430-YS12

全員集合したいと思って

──では、5月10日に迫ったEX THEATER ROPPONGIでの2周年ライブはどうなりそう?

将吾 DIVの過去と現在と未来が見られるライブ。

CHISA 最初は2周年だし集大成みたいなコンセプトを考えてたんですけど、せっかく大きい規模のワンマンだし、次にDIVがどこに向かっていくのか来てくれた人に見せたいなって。よく終演後に今後の予定が発表されるけど、そういうのじゃなくて……。

将吾 未来を直接、俺たちが届けます。

CHISA そう。何度も観に来てくれてる人には過去の曲も含め成長が観せられると思うし、初めて来る人にはDIVの過去、現在、未来がいっぺんに体験できる。

将吾 今までワンマンは全部ソールドしてきたんだけど、観られない人もいるから全員集合したいと思ってデカい会場にしたんです。2周年だしね。

──最後にライブの翌日は母の日ですけど、お母さんにプレゼントをあげたりします?

将吾 母親には名古屋に行ったときには必ず会いますね。母の日は毎年、何か送ってますよ。花が多いけど、空気清浄機をあげたこともある(笑)。

CHISA 母は働き者で自分の手本となる人で、プレゼントというよりは一緒にご飯を食べにいくことが多いかな? 今年は何かプレゼントを贈ってみたいと思います。

リリース情報

2014.05.07 ON SALE
SINGLE「漂流彼女」
Danger Crue Records

J-140430-YS1

[初回生産限定盤/CD+DVD]¥1,500+税
[通常盤/CD]¥1,200+税

詳細はこちら

ライブ情報

DIV 2nd Anniversary LIVE
詳細はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人