グッドモーニングアメリカ -ニュー・シングルは、アニメ『ドラゴンボール改』のエンディング・テーマ!

グッドモーニングアメリカ - ニュー・シングルは、アニメ『ドラゴンボール改』のエンディング・テーマ!

グッドモーニングアメリカ

メジャー・デビューから1年、大きく成長を遂げたグドモがニュー・シングル「拝啓、ツラツストラ」を発売! 人の生き方をボーカル・金廣が独特の観点で描き、楽器隊がライブ感あふれるサウンドを鳴らした、グドモにしか生み出せないナンバーだ!

INTERVIEW & TEXT BY フジジュン


子供から自分たちより上の世代にも届くような、新しい名刺代わりになる曲

──2ndシングル「拝啓、ツラツストラ」を発売するグッドモーニングアメリカ。2013年5月にデビューして、1年になります。

金廣真悟 おかげさまですごく楽しくやらせていただいて。忙しい中でも、“楽しむ”ってことを考えられるようになったのは変化の部分で。

たなしん この間もたんぽぽを探しに行って、1時間くらい探しまわって……。

渡邊幸一 いや、そういう話じゃないと思うけど。

──ワハハ。しかし1年前は、『ドラゴンボール改』のエンディング曲を歌うとは思わなかったでしょ?

金廣 夢にも思いませんでした。話が来たときも真実味がなかったですけど、すごいチャンスだと思うので、これは物にしたいなと。

たなしん 小学生の頃がフリーザ編とかで、夢中になって読んでましたからね!

──最初に『ドラゴンボール改』のエンディング・テーマというオファーありきだったんですか?

金廣 はい。で、最初は「CHA-LA HEAD-CHA-LA」よりも「ロマンティックあげるよ」寄りの曲なのかな? とか考えたり。『ドラゴンボール』っぽさよりも、自分たちらしさを出していけたらいいなと思って。子供から自分たちより上の世代にも届くような、新しい名刺代わりになる曲にしたいと思って作ったんですが。

 金廣が作ったデモを聴いて、ドラゴンボールの画も浮かぶし、自分たちのライブでも映えそうな曲だなと思いました。

──うん、グドモらしさはそのままに、より広い層に届くように、歌詞やメロディもすごく丁寧に作られている印象を受けました。

金廣 そこは意識しました。シングルっぽい曲というより、ドラゴンボールを通じて、みんなに聴いてもらえるということを意識して。

ペギ 大勢の人に聴いてもらえる時期が来たのかな? と思ったので、そういった土俵で今やるべきこと、やりたいことを考えました。

たなしん あと、ツアーを回っての体感とか、演奏を良くしたいとか、「この曲をもっとカッコ良くしたい」という、いつもと変わらない気持ちで曲作りやレコーディングに挑めたのも良かったんじゃないですかね。デモ段階で「カッコいい!」と思って、「この曲をたくさんの人に伝えたい」って意欲も湧いてきて。『ドラゴンボール改』が曲の良さを広めてくれるところもあるんですけど、僕ら自身もライブとかで伝えられたらうれしいですね。

ドラゴンボールなのに、ニーチェを歌っているのも面白いと思って書きました

──悟空任せでなく、自分たちでこの曲のカッコ良さを伝えたいと(笑)。「拝啓、ツラツストラ」というタイトルにも出てくる、ツラツストラはどこから出てきた発想だった?

金廣 正確にはゾロアスター教の創始者で、ニーチェが書いた『ツァラトゥストラはかく語りき』の主人公なんですけど。小説に出てくる“超人”ってワードから、スーパーサイヤ人を発想して。ドラゴンボールなのに、ニーチェを歌っているのも面白いと思って書きました。悟空の気持ちは書けないので、サイヤ人という強い人に憧れる、クリリンやヤムチャみたいな、僕らに近い立場からの観点を歌いたくて。

──確かに僕らはヤムチャみたいに悟空には敵わないことも理解しつつ、次から次へ現われる壁を超え、修行を積むしかないんだよね。

たなしん ヤムチャはブルマと付き合ってたのに、ベジータに取られちゃって。やっぱり強い男がいいんですよね、悲しいですよ(笑)。

──わはは。でも、歌詞を聴いて思ったのが、頑張る人を全肯定しているんだよね。みんな自分を誇りたいし愛したいんだけど、なかなかうまくいかない。それでも頑張る人をこの曲は、「大丈夫」って背中押してくれていて。

金廣 もう、そのまま乗っけてください(笑)。わりとニーチェの書いている普遍的なことを僕なりに噛み砕いたり、疑問符を振って書いたんですが。悪いこともしちゃうのが人間で、良いことしかしないと振り切ることは難しい。だったら、赤ちゃんが超人に一番近いと思うんだけど、赤ちゃんのままでは生きられないという観点で書いて。それが結果、すべての人を肯定できたのであれば、すごくうれしいです。

──子供たちが訳も分からず口づさんで、いつの日かその歌詞に込めた意味に気づいてハッとしてくれたりしたらうれしいよね。

金廣 将来、授業で出てきたとき、「ツラツストラって、ドラゴンボールのあの曲じゃん!」とか覚えててくれたらうれしいですね(笑)。

チェックアウトする時、渡邊さんにちゃんとした身なりで来て欲しい

──最後にバカな質問ですが、ドラゴンボールが7つあったら、何をお願いしたい?(笑)

たなしん 僕は往復分のタイムマシンで過去に行きたいですね。聖徳太子の時代とか、教科書の歴史を体感してみたいです。

金廣 僕は3人くらいに分かれて、いろいろな人生の記憶を共有したいですね。

 瞬間移動覚えたいです。無理ならヤードラット星に行って、死ぬ気で覚えます(笑)。

ペギ 僕はホテルをチェックアウトする時、渡邊さんにちゃんとした身なりで来て欲しい。20秒前に起きた格好で来ますからね!

 あ、瞬間移動覚えたら、その問題も解決するから大丈夫(笑)。

リリース情報

2014.05.06 ON SALE
SINGLE「拝啓、ツラツストラ
日本コロムビア 

J-140425-FY-1935

【写真:初回限定盤A CD+DVD】¥1,500+税
【初回限定盤B CD】¥1,300+税
【通常盤CD】¥1,000+税

詳細はこちら

ライブ情報はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人