LEGO BIG MORL -活動休止から完全復活!進むべき道にかかる虹の架け橋

LEGO BIG MORL - 活動休止から完全復活!進むべき道にかかる虹の架け橋

LEGO BIG MORL

約1年間活動を休止していた、LEGO BIG MORLがついに本格的に始動し、シングル「RAINBOW」をリリース! あらたなアプローチで攻めた今作は、これまでの楽曲とはひと味違った世界が広がっている!

INTERVIEW & TEXT BY 斉藤ユカ


こんなにいい形で新しいスタートを迎えられるなんて、誰も思っていなかった

──今作「RAINBOW」で、バンドは心機一転といったところでしょうか。

ヤマモトシンタロウ むちゃくちゃ心機一転ですね。ただ、レコード会社を移籍したりとか、バンド名を大文字に変えたりとかは、ほんまに最近まで影も形もない話だったんです。それが「RAINBOW」ができて、賛同してくれる人たちが増えてきたことで急展開したんですよね。こんなにいい形で新しいスタートを迎えられるなんて、誰も思っていなかったと思います。

──まさにケガの功名。

ヤマモト ほんまそうなんです。ヒロキが事故って、ケガが完治するまでの1年間ずっと曲作りができましたから。ここまでじっくり作業できることなんて、そうないですしね。

タナカヒロキ まぁ、僕としてはいっぱい迷惑をかけたんで、口が裂けてもいい時間だったとは言えないですけど(笑)、でも実際今回この曲ができたことは本当によかったな、と。

うれしいし、ありがとうやし、なぜか涙が出てくるし

──1月の復活ライブのステージに立って、何を思いました?

タナカ よっぽどのことがない限り、こんな感覚は味われへんやろなと思いました。うれしいし、ありがとうやし、なぜか涙が出てくるし、よくわからない感じでした。言葉がないってああいうことですね、きっと。

──そんな気持ちを持って、光が降り注ぐような「RAINBOW」を送り出すなんて、できすぎですね(笑)。

タナカ できすぎです(笑)。

カナタタケヒロ 実際、幸福感とか高揚感があって、美しい世界が広がっていくようなものを目指していました。結果的にスケールが大きい感じになりましたけど、そもそもは単純に気持ちよくなる音楽を作りたかったんですよね。

──一度聴くと耳から離れません。

カナタ ループしまくってますからね。同じフレーズを繰り返すということを今までやったことがなかったんです。でも、繰り返しの良さを知ったんですよ。トランス感っていうのはこういうことかって、自分たちで作って自分たちで知ったというか。

──今までになくデジタライズされている印象ですもんね。

ヤマモト そうですよね。でも実際やってみたら、逆にメロディの良さが浮き彫りになったというか。どんな曲を作っても、メロディがよければそれはひとつの正解やなって思えちゃう、その判断が速かったんですよ。

カナタ “これでいい”じゃなくて“これがいい”っていう判断ができたんですよね。「RAINBOW」に関しても、音数は少ないけど、これ以上足すべきものはないなって思えたから。

作業していく中でどんどん曲が光を取り入れていってた

──楽曲がバンドを成長させてくれたんですね。

カナタ そう思います。やっぱり機械って正確やし、なんでもできよるからアイツな? そこに人間的なところをどれだけぶつけられるかっていう。たかだかコンピュータに負けてらんないわけですよ(笑)。

タナカ そこに浸食されちゃったらどうしようもないもんになってたんだろうけど、ちゃんと押し戻せるんですよね。なんていうの?

カナタ パッション!!

タナカ そう、パッションで(笑)。それが「RAINBOW」になったと思います。

アサカワヒロ あと今回、初めてのエンジニアさんとやらせてもらったことも大きいと思いますよ。今までにない手法で音作りができて、新しいサウンドを見つけられたんですよね。それもメロディが際立っている要因のひとつかな、と。

カナタ ダイちゃん(アサカワの愛称)ってパワフルでどんどん前に行くっていうプレイ・スタイルなのは間違いないんですけど、今回のアプローチで、気持ちの熱さが音量に比例するわけじゃないっっていうか、ぶわーっていくだけの表現じゃなくて…な!?

アサカワ 言いたいことはわかる(笑)。今回はだから、いつもとは違う距離感でみんなプレイできた気がしますね。

ヤマモト レコーディングしながらギターとかも入れていった感じがあったんで、リラックスしてたんじゃないかな。

タナカ プリプロなんだかレコーディングなんだかっていう感覚で録っていて、でもいい音やったらいいか、みたいな感じだったんですよ。その温度感も入ってる気がしますね。それこそ僕は、ある程度出来上がってから聴かせてもらった立場やったけど、作業していく中でどんどん曲が光を取り入れていってたんですよ。それで歌詞を書く段階でも、必然的に明るいワードが多くなりました。

カナタ そのせいかな、ポピュラリティのある曲だってよく言われるんです、これ。自分たちではそういう意識を持って作ったわけでは全然ないんですけど。

──元々メロディは一緒に歌えるぐらいにポップなんだけど、サウンドのアプローチが難しそうに感じちゃうってことだったと思うんですよね。

カナタ だって、恥ずかしかったんですよ(笑)。見透かされたら悔しいし。

タナカ それがヒネクレてるってことなんですけどね(笑)。

カナタ でも、それがこうなりましたから。

──はい、新生LEGO BIG MORLにふさわしい楽曲ができました。

ヤマモト 僕らもそう思います。「RAINBOW」ができたことで、次に進むべき道はここや!と確信できましたから。

リリース情報

2014.04.30 ON SALE
SINGLE「RAINBOW
A-Sketch 

J-140428-FY-1303

【CD】¥1,200+税

詳細はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人