GENERATIONS from EXILE TRIBE -花粉、花見、グラウンド!? いろんな春をみ〜つけた!

GENERATIONS from EXILE TRIBE - 花粉、花見、グラウンド!? いろんな春をみ〜つけた!

GENERATIONS from EXILE TRIBE

Part.5 春の思い出

ニュー・シングル「NEVER LET YOU GO」のリリース日が春真っ只中! ということもあり、白濱亜嵐(Perfomer)、佐野玲於(Perfomer)、数原龍友(vo)、関口メンディー(Perfomer)にとっての“春の思い出”を聞いた。

INTERVIEW & TEXT BY 松浦靖恵
PHOTOGRAPHY BY 田中和子(CAPS)
HAIR & MAKE BY 寺本 剛


春がやってきた! って思います(笑)

──春にまつわる思い出はありますか? 例えば、卒業式で泣いちゃったとか。

佐野玲於 僕は卒業式で泣かなかったのが思い出ですね(笑)。周りのみんなは泣いていたのに、僕だけ泣かなかったんです。

──泣き顔を見られるのが恥ずかしくて?

佐野 そういうのはまったくなかったんですけど、なぜか涙が出てこなくて。なんでだろう? 学校に思い出がなかったのかなぁ(笑)。

数原龍友 そうだったとしたら、めっちゃ寂しい話だね(笑)。

佐野 たぶん、卒業式よりも地元を離れて上京するときのほうが寂しかったんだと思う。あっ、春といえば……花粉ですね。あいつが飛んでくると目がかゆくなるので、春がやってきた! って思います(笑)。

R-140419-YS42

R-140419-YS44

めちゃくちゃ恥ずかしかったです

白濱亜嵐 春といえば花見でしょう! 桜の季節になると、メンバーと目黒川沿いの桜をよく観に行きます。咲き誇っている桜を眺めるとテンションが上がりますよね。

数原 ちょうど3年前の春に上京してきたので、その頃のことを思い出しますね。上京当初はバイトをしながらEXPG(LDHが運営するダンス&ボーカル・スクール)に通っていました。あの頃の自分は家族や友人と離れてなんかいつも寂しかったのを覚えています。3年前なんて、つい最近のことなのに、ものすごく遠い昔のことのようにも思えて……上京したばかりの頃、好奇心で渋谷まで行ったら迷子になったこともありました(笑)。で、(道を尋ねようと)たまたま声をかけた方が「EXILE Presents VOCAL BATTLE AUDITION 2」を観て、僕のことを知っていたので、めちゃくちゃ恥ずかしかったです(笑)。

R-140419-YS43

R-140419-YS41

わかる! わかる!

関口メンディー 僕は野球部だったんですけど、とにかく冬の体力トレーニングがすごくつらいんですよ。なので、冬のトレーニングが終わる頃になると、やっと春が来た~!! って思ってました(笑)。

数原 自分も野球部だったから、メンディーくんのその気持ちはよくわかる!

関口 龍友くんはポジションどこだったの?

数原 キャッチャー。キャッチャーってめちゃくちゃ走らされるから、相当つらくて。

関口 冬って日が暮れるのが早いから、走っているうちにどっぷり日が暮れちゃって。

数原 そうなんだよね! 照明設備のないグラウンドだと真っ暗になっちゃうから、ボールを見つける前に何も見えなくなる。

関口 わかる! わかる!

白濱 さっきからふたりだけで共感し合ってるんですけど~。

数原&関口 (笑)。

リリース情報

2014.04.23 ON SALE
SINGLE「NEVER LET YOU GO」
エイベックス・マーケティング(株)

J-140418-YS01

[CD+DVD]¥1,800+税
[CD]¥1,000+税

詳細はこちら

ライブ情報

EXILE TRIBE PERFECT YEAR 2014 SPECIAL STAGE“THE SURVIVAL”IN SAITAMA SUPER ARENA 10DAYS
詳細はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人