竜星 涼 – Part.4 未来

竜星 涼 - Part.4 未来

M-140331-YS411竜星 涼

敬愛するロック・ミュージシャンのごとく、人間力を高めたいと思っている竜星 涼が今現在描いている“未来”とは? そして、俳優業を始める前に抱いていた夢についても語ってくれた。

INTERVIEW & TEXT BY 吉田可奈
PHOTOGRAPHY BY 洲脇理恵(MAXPHOTO)
HAIR & MAKE BY 永瀬多壱(VANITES)
STYLING BY 山本隆司


その人の中身が大切

──今後のビジョンは見えていますか?

竜星 涼 “何年後に何をしたいか?”。そんな未来のビジョンを考えるようになりました。あとは、芝居をするうえで大事なのは、演技力や表現力もそうですが、何よりもその人の中身が大切だと思うんです。

──竜星さんが大好きな矢沢永吉さんのように?

竜星 そうです! あんなに努力している人はいないし、かっこいい人もいない。もちろん、僕はそこまでいけないとしても、あんなふうに魅力のある人間になりたいと思うんですよね。どんなに演技がうまくても、その人自身に魅力がないと、その人のことに注目しようと思えないじゃないですか。

──そうですね。“この役者さんがこういうことをしている”ということがフックになることもありますからね。

竜星 そんなふうに思ってもらえるような個性的な役者になれたらいいなって思うんですよね。

R-140331-YS41

僕も意外です(笑)

──竜星さんは小さな頃から俳優になりたかったのですか?

竜星 いや、なれる、なれないさえも思わない……まさに別次元のものだと思っていました。それが高校生のときにスカウトされて、こんなことに(笑)。

──となると、スカウトされる前はなりたかったものは?

竜星 僕はドラマ「アンティーク ~西洋骨董洋菓子店~」を観て、“パティシエになりたい!”って思っていたんですよ。

──えぇ! すごく意外です。

竜星 僕も意外です(笑)。でも、あのドラマのなかで作られるケーキがすごく美しくて、こういう造形美ってすごくいいなって思っていたんですよ。なので、高校を卒業したら専門学校に行くか、海外に留学しようかな〜と漠然と思っていたんですよね。

R-140331-YS42


……ていうか、なります!

──では、当時からケーキ作りはしていたのですか?

竜星 いや、まったく。ただ漠然と考えていただけなので(笑)。

──それにしても、ドラマから影響を与えられた身である竜星さんが、今度は影響を与えるドラマに出演しているとなると、感慨深いですね。

竜星 そうですね。最近は主演などもさせていただくことが増えたので、責任感を感じるようになってきました。

──さらに演じることが楽しくなってきた?

竜星 そうですね。演技を始めた頃とは意識がかなり変わりました。もっともっとうまくなりたいし、もっともっといろんな役を演じたいと思うようになりました。

──そして最終的には矢沢さんのようなかっこいい男性になりたいと。

竜星 なりたい……ていうか、なります! 楽しみにその成長を見守っていてほしいですね。R-140331-YS43


◆今週の1曲

テーマ:宝くじの1等賞が当たったときに聴きたい曲
CAROL「ファンキー・モンキー・ベイビー」

竜星 考えてみたんですよ。もし、1等賞が当たったら……言葉よりも衝撃が走るんじゃないかな? じゃ、言葉より先に音が来るっていうと、この曲のイントロが真っ先に頭に流れると思うんです。ギターのリフがたまらないので、ぜひ聴いてもらいたいですね!

矢沢永吉オフィシャルサイト


リリース情報

2014.06.20 ON SALE
DVD & Blu-ray「帰ってきた 獣電戦隊キョウリュウジャー 100YEARS AFTER」
詳しくはこちら


CONTENTS

Part.1 獣電戦隊キョウリュウジャー
Part.2 マジックナイト
Part.3 好きな音楽
Part.4 未来

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人