Honey L Days -恋愛で感じる心の距離を描いた、胸キュン・ソング

Honey L Days - 恋愛で感じる心の距離を描いた、胸キュン・ソング

Honey L Days

現在、公開中の映画「L♥DK」主題歌のニュー・シングル「君色デイズ」。映画の世界観を大切にしながらも、自身の幅を広げるべく、等身大の大人の男性が歌っても成立するラブソングに仕上がっている。

INTERVIEW & TEXT BY 大庭利恵


俺らが経験してきたことでもある

──新曲「君色デイズ」は映画「L♥DK」の主題歌ですが、脚本を読んでから書かれたのですか?

KYOHEI そうですね。脚本をいただいたときから、春っぽい明るい曲にしたいなと思って作り始めてはいたんですけど、製作途中の映像を観させてもらったときに、胸キュンの方向性が定まった感じがしましたね。

──どういう感じに?

KYOHEI 監督から近寄っては離れたりを繰り返すうちに、いつの間にか大事な存在になっていくという話を聞いたときに、ふたりの距離感を描こうと思いました。

MITSUAKI 男性目線でも女性目線でもなく、どちらでも感じ得る気持ちが描かれてるんですよね。それは主人公の気持ちでもあるし、俺らが経験してきたことでもあるっていうのがすごいなと思って。

──“恋の機嫌に振り回される”という歌詞の甘酸っぱさがいいですよね。

KYOHEI 監督がね、結構乙女っぽいところがあるんですよ(笑)。

MITSUAKI たしかに(笑)。

──“会えないなんて言わないで”もいいですよ(笑)。

KYOHEI ちょっと! ヒゲの生えた30代の俺には似合わない! みたいな言い方になってますよ(笑)。

MITSUAKI まぁ、そりゃしょうがない(笑)。でも、言葉で読むとくすぐったい感じだけど、メロディに乗ると、そのくさい感じが逆にインパクトになるんですよね。

2014年は“ハニエル色に染めていく”

──今回は、具体的な女性像を表現されていますけど、これはなぜ入れようと?

KYOHEI 映画をベースにした曲ではあるけど、ちゃんとHoney L Days(以下ハニエル)の曲にもしていきたいと思っていて。この主人公の男の子が惹かれていく女性像を自分の内面にも照らし合わせて、単なるふんわりとしたラブソングではなく、ハニエルという大人の男ふたりが歌っていることがしっくりくる要素として描きました。

MITSUAKI 強がってないように見せて、本当は強がってるとか?

KYOHEI 可愛げないように見えるんだけど、実は見えないところで頑張ってる女性とか、魅力的だと思うからね。

──ラブソングとしては、久々に明るくて楽しげな曲調ですよね。

KYOHEI そうですね。2014年は“ハニエル色に染めていく”をテーマにしていこうって決めてたんで、こういう明るい曲調を第1弾としてリリースできるのは、すごくうれしかったですね。

MITSUAKI 昨年末にリリースした、ミディアム・テンポのシングル「涙のように好きと言えたら」とセットで聴くと、ハニエルの二面性が感じられると思いますよ。

男っぽいハードなものも出せるのはうれしい

──そういう意味では、カップリングの「The way of my life」も二面性の片方だと思います。こちらはハニエルとしても新境地じゃないですか?

KYOHEI
 そうですね。今まで披露したことのないUKサウンドで。

──構成や音から、ライブをやっているアーティストであるということを伝えたいという意思を感じたんですよ。

KYOHEI これは、僕が音楽監督を務めた眞木大輔(EXILE)さん主演の映画「俺たちの明日」の挿入歌で、当初は俺らが歌う予定ではなかったんですよ。なので、珍しく歌詞をでたらめ英語みたいな感じで作ったというのもあって。

──だからなのか、そっけなさというか、無骨な感じで、男っぽい曲だなと。

KYOHEI たしかに、そうかもしれないですね。最初からハニエルで歌うことをイメージしてたら、こういう歌詞にはならなかっただろうし。以前は、夢を応援するような曲を歌うことが多かったから、ラブソングや、こういう男っぽいハードなものも出せるのはうれしいですね。

──応援歌のイメージが強かったときもありましたけど、もうそういうこともなくなってきましたもんね。

KYOHEI そうですね。このふたりで素直に表現できる歌にこれからも挑戦していきたい。それは、この次のアルバムで、さらに表現できるんじゃないかと思っています。

リリース情報

2014.04.16 ON SALE
SINGLE「君色デイズ」
avex tax

J-140417-YS1

[TYPE-A/CD+DVD]¥1,800+税
[TYPE-B/CD+DVD]¥1,800+税
[L♥DK盤/CD]¥1,200+税


詳細はこちら

ライブ情報

D≒Collection 2014
詳細はこちら                  

Honey L Days ワンマンライブ「君色前線」
詳細はこちら                  

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人