放送開始直後のワクワク感に妄想を膨らませる

放送開始直後のワクワク感に妄想を膨らませる

今回は4月から放送中のアニメ「ブレイドアンドソウル」とそのOPテーマ「サヨナラ嘘ツキ」を紹介しよう。第1話から血しぶきが舞い上がりまくり、聞きしに勝るシリアスっぷりを発揮していた同アニメだが、原作は人気のMMORPG(マッシブリー・マルチプレイヤー・オンライン・ロール・プレイング・ゲーム)。「M」がひとつ少ないMORPGと何が異なるかは長くなるのでここでは割愛するが、ゲーム中のイベント進行どころか生き方自体がプレイヤーに委ねられ、時間軸もリアルとリンクする自由度の高いRPGのアニメ化で、キャラクターたちがどのように動きメイン・ストーリーが進行するのかが非常に楽しみなのである。

さて、そんな作品のOPテーマに抜擢されたのが、2013年夏のデビュー作に続き今作が2度目のアニメ・タイアップとなるみみめめMIMI。新曲「サヨナラ嘘ツキ」はボーカル・ユカ独自のウィスパー・ボイスが憂いと切なさを漂わせながらも、ピアノとストリングスが力強く疾走するロック・チューンだ。サウンドでも歌詞でも、あらゆる要素が「明」と「暗」、「希望」と「絶望」の対比を作り出しており、まだ見ぬ「未来」が神秘性をもって描かれている。結果的にこのアンバランスさがサウンドに物語性を生み、一流の暗殺者として育ちながらも同族に裏切られ、今はまだ寡黙な主人公がどう変化していくのか……という期待にリンクしていくのである。

アニメ音楽界で多大なる実績を持つやしきん、田淵智也(UNISON SQUARE GARDEN)をそれぞれアレンジャー、プロデューサーとして加えているだけに、楽曲と物語との融和には何かしらの仕掛けがあるはずだ。そして第1話、「サヨナラ嘘ツキ」のOP映像が流れる前に、“月”の夜空が印象的なアバンを置いたGONZOチームからは楽曲への愛情を感じた。音楽サイドと映像サイドが相思相愛の作品は、必ずどこかでカタルシスを生む。CDリリースは5月28日とまだちょっと先の話なのだが、それまでにこの曲が作品内でどのように育っていくのか、見届けようと思う。

「ブレイドアンドソウル」公式ホームページ

TEXT BY 西原史顕(リスアニ!)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人