竜星 涼 – Part.3 好きな音楽

竜星 涼 - Part.3 好きな音楽

M-0331-YS311竜星 涼

先月誕生日を迎え、21歳となった竜星 涼。世代の音楽を楽しんできてはいるものの、彼の心を大きく突き動かすのは、意外にもあのロック・ミュージシャンだった!

INTERVIEW & TEXT BY 吉田可奈
PHOTOGRAPHY BY 洲脇理恵(MAXPHOTO)
HAIR & MAKE BY 永瀬多壱(VANITES)
STYLING BY 山本隆司


CDを借りて、MDに録音

──小さな頃から音楽は好きだったんですか?

竜星 涼 好きでしたね。でも、小学生の頃は特撮の主題歌だったり、ドラマの主題歌ばかりを聴いていたんです。あまりこだわりはなかったかなぁ? 近くのレンタル・ショップに行ってCDを借りて、MDに録音して、(自分専用の)ラベルを作ったりして。

──その編集行程が楽しいんですよね。

竜星 そうそう! でも、高学年くらいから矢沢永吉さんにドハマリしたんです。

──何がきっかけだったのですか?

竜星 いちばん大きなきっかけは小説「成りあがり」を読んだことなんですが、基本的に母親が矢沢さんの大ファンで、家に自然と(矢沢永吉、CAROLなどの音楽が)流れていたんですよ。他にも、尾崎 豊さん、小田和正さん、長渕 剛さんとか。

R-0331-YS31


レベルが違うんですよ

──だいぶ渋いですね。

竜星 もちろん、世代である湘南乃風とか、KREVAさんも好きですが、やっぱり矢沢さんはレベルが違うんですよ。

──存在感がすごいですよね。

竜星 そうなんです! 母親がファンだったので、家にはライブDVDなどが揃っていたんですよね。それを観た瞬間、“こんなにかっこいい人がいるんだ!”って思ったんです。それに、音楽以外の言動も行動もすべてかっこいいんです。人間って、やっぱりかっこつけちゃうし、有言実行すること自体難しいんです。でも、永ちゃんは違う。全部実現させちゃうんですよね。それがかっこいいんですよ。R-0331-YS32

本気でシビれますよ!

──きっと、同世代の皆さんはあまり聴いたことがないという人が多いと思うのですが、オススメの曲を教えてもらってもいいですか?

竜星 もちろん、全部オススメですよ! でも、やっぱり永ちゃんを知るなら、小説「成りあがり」を読んで、曲を聴くのがオススメです。あの小説のなかに“1stアルバム『I LOVE YOU,OK』はこういうときに生まれた”とか、いろいろ曲に関しても書いてあるんです。そのエピソードとともに聴くと、本気でシビれますよ!

──ライブなども観に行くんですか?

竜星 行きます。母親と一緒にライブに行って、曲に合わせてタオルを投げたりしますよ。あの一体感がすごく楽しいんですよね。

R-0331-YS33


いつかご本人にお会いしたい

──2002年に「成りあがり」がドラマ化されましたよね。もし、再度ドラマ化、または映画化などされるとしたら、主演したいですか?

竜星 いやいやいやいや(即答)! 恐れ多くてできないです! でも、いつかご本人にお会いしたいとは思っているんですよね。それが今の大きな夢です。


◆今週の1曲

テーマ:失恋したときに聴きたい曲
少女時代「Stay Girls」

竜星 失恋したら、僕は明るい曲を聴いて現実逃避する派です。この曲を聴くとテンションが上がって“仕事を頑張ろう!!”って思うんですよね。元気な曲はいつでも味方をしてくれるので大好きです。

少女時代オフィシャルサイト


リリース情報

2014.06.20 ON SALE
DVD & Blu-ray「帰ってきた 獣電戦隊キョウリュウジャー 100YEARS AFTER」
詳しくはこちら


CONTENTS

Part.1 獣電戦隊キョウリュウジャー
Part.2 マジックナイト
Part.3 好きな音楽
Part.4 未来

2014.06.20 ON SALE
DVD & Blu-ray「帰ってきた 獣電戦隊キョウリュウジャー 100YEARS AFTER」
詳しくはこちら

INFORMATION

2014.03.29 ROAD SHOW
MOVIE「平成ライダー 対 昭和ライダー 仮面ライダー大戦 feat.スーパー戦隊」
詳しくはこちら

2014.05.10 ROAD SHOW
MOVIE「俺たち賞金稼ぎ団」
詳しくはこちら

2014.SUMMER ROAD SHOW
MOVIE「マジックナイト」
詳しくはこちら

CONTENTS

Part.1 獣電戦隊キョウリュウジャー
Part.2 マジックナイト
Part.3 好きな音楽
Part.4 未来

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人