みんなの映画部 活動01『ロボコップ』[後編]

みんなの映画部 活動01『ロボコップ』[後編]

みんなの映画部 活動01『ロボコップ』[後編]

Base Ball Bear/チャットモンチー/OKAMOTO’S

Base Ball Bearの小出祐介が部長となり、ミュージシャン仲間とひたらすら映画を観るプライベート課外活動“映画部”が月イチ連載に。
毎月、小出部長が選んだ作品をみんなで観賞し、気心知れた仲間同士でゆる~く感想会を展開。そこにはミュージシャンならではの独特な視点も……。

INTERVIEW & TEXT BY 森 直人


活動第1回[後編]
作品:『ロボコップ
部員:小出祐介(Base Ball Bear)、福岡晃子(チャットモンチー)、ハマ・オカモト(OKAMOTO’S)、オカモトレイジ(OKAMOTO’S)

「前編」はコチラから

音楽やってる人間にとっては涙モノの名シーン!

──他に気になったところはありますか?

福岡晃子 なんかね、ロボコップって、人の心がデータで読めるほど進化してるのに、やっぱり基本的に打撃攻撃なんだなって(笑)。

小出祐介 でもあの銃弾のリアリティはすごかった。ダーン! ダーン! ダーン! っていう銃撃音の重さも。

福岡 音は全体にすごく良かったよね。

オカモトレイジ 選曲も面白い。いちいちニクい意味を持たせてありますよね。

ハマ・オカモト フランク・シナトラ(「FLY ME TO THE MOON」)とか。

小出 最後はクラッシュの「I FOUGHT THE LAW」が流れたし。

──旧作のサントラもばんばか使われてる。テーマ曲も含め。

ハマ メインテーマもやっぱりいいなと思いましたね。

レイジ あと本筋とは関係ないシーンなんだけど、ロボットの義手を初めて装着したミュージシャンの人がギター弾くシーンがすごい良かったですよね。

一同 あれは良かった!

レイジ 技術者側の理屈としては、感情が高ぶると義手がうまく作動しない。でもミュージシャン側からすると、演奏は感情を込めなきゃいけないからっていう。

小出 あれはめっちゃポイントだよね。つま弾くことは全然できるんだけど、本当にいいプレイっていうのはやっぱり気持ちが乗らなきゃいけない。

ハマ 興奮してるからバグが起こってます…って、じゃあダメじゃん! っていうポイントをちゃんと突いてますよね。

福岡 わかるなあ。音楽やってる人間にとっては涙モノの名シーン!

小出 俺もグッときたなぁ。そうなんだよね。気持ち乗らないと弾けねえんだよ、いいものは。

──いい演奏っていうのはバグなのかもしれない、と。

小出 そう、プログラミングを超えた先にあるものだから。

C-20140411-MK-2026劇中、スクリーンに釘付けになっている
あっこちゃんをマネするふたり

C-20140411-MK-2027
感想会終了後、レイジくんは
本日2本目を観賞するべく
また劇場へ


旧作も怖いんだけど、新作のほうが深いところをえぐってくる

レイジ ちなみに最近、ZIMAが『Z-MACHINES』っていうロボット・バンドを作りましたよね。ギターとかドラムとか全部ロボットがバカテクで演奏するプログレみたいな曲があって。それはそれですごかったですよ。ただ正確な技術ばかり追求すると、人間が音楽をやる意味は? ってところまでいっちゃいますよね。

ハマ ひょっとしたらあのギターのシーンも本筋の伏線だったんじゃない?「感情か、ロボか」っていうのが物語のテーマになってくるから。ずっと「マーフィーがプログラミングに打ち勝ちます」フラグ立ってるし(笑)。

──うん、確かにそうですね。

小出 機械的な部分と、エモさはそもそも真反対じゃん?それを両立させることは難しいよっていう“揺れ”の話がメイン・プロットでしょうね。マーフィーのドーパミン値が上がってエモくなればなるほど人間的になる。だけど企業側が求めてるのは機械的な精度を上げていくことで、人間性を抑えていこうとする。そしたら今度は倫理的なところからもどんどん離れていっちゃうし、家族も悲しむ、みたいな。じゃあ全部の中間で“ロボコップとしていちばん良いバランスってどこなのか?”っていうのをずっと探ってる話ですよね。

福岡 なるほど~。ちなみに新作の『ロボコップ』で2パーセントしかドーパミンない時が、オリジナルのロボコップみたいな感じ。ずーっと無表情なんだよね。

ハマ そう。だから旧作も怖いんだけど、新作のほうが深いところをえぐってくる感じがあるよね。そのへん容赦ないのも良かった。もし今のちっちゃい子供が『ロボコップ』を観て「たいしたことなかったよ」っていうイメージを持っちゃったら悲しいなと思ったんです。でもむしろ今回のほうが全然キツい。

レイジ キツいね。

──あの肺を見せるシーンは絶対トラウマだよ。

福岡 なる。もし自分のお父さんがこんな姿になっちゃったらって思ったら……すっごいツラい!家に帰ったらお父さんのことを大事にすると思う。

小出 出た!あっこが時々出してくる“田舎の人”感!(笑)

福岡 あははは!だって私、ホントに田舎の人だもん!

一同 (笑)

C-20140411-MK-2028

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人