みもりんに『好きっ』って言われたい

みもりんに『好きっ』って言われたい

新番組を観るために、深夜遅くまで毎日テレビと向き合う日々……番組改編期特有の眠気に襲われながら、今回はOP・EDテーマではなくとある声優アーティストのアルバムを紹介したい。

4月2日にリリースされた三森すずこの1stアルバム『好きっ』。『探偵オペラ ミルキィホームズ』のシャーロック・シェリンフォード、『ラブライブ!』の園田海未としても定期的な活動を行っている彼女だが、本アルバムは本人名義での活動における待望の1枚だ。シングル曲「会いたいよ…会いたいよ!」「約束してよ? 一緒だよ!」を含む全14曲入りという内容で、さらに新曲には「夢見る!信じる!未来叶えて!」「みんなでイエー☆オーッ!!」「私…見守ってるよ!」というラインナップ……アルバム・タイトルの『好きっ』といい、明らかにファンの脳を溶かしにかかった構成なのだが、それをあざとく感じさせないのは彼女の人徳が成せるわざ。ミュージック・ビデオでのウィンク連発ですべてを許せてしまった男性諸君、アナタはもう“みもりん病”です(笑)。

……と、言葉遊びはさておき、本作はもちろん楽曲に関しても香ばしいところを突いていて興味深い。アニメ業界、リアル・アイドル業界の作家陣を集めて作られた楽曲たちは、どれも三森すずこが持つ屈託のなさを表現していると思う。王道アイドル・ソングを中心に、ロック・ナンバー、今はやりのEDMなど様々な音色を取り揃え、あらゆる歌詞で彼女の感情を浮き彫りにする。そして全曲を通じて、怒ったみもりんも、不安なみもりんも、寂しいみもりんも、うれしいみもりんも、幸せなみもりんも……きっと最後は笑顔の花を咲かせてくれるんだろうな……という希望に満ち溢れていて、これは「麦わら帽子に白ワンピースの女の子」という、我々の奥底に眠っていたステレオタイプ的アイドル幻想を刺激するものだった。

おそらくラスト曲「ユニバーページ」に代表されるようなファンタジーとノスタルジーの同居が、本作の本質なのだろう。アウトロの“だんだん芽生えた”“どんどん広げよう”“君へと きっと伝えよう”というフレーズは、アルバムを最初から最後まで通して聴いた者にだけ与えられる特権的感動となって、アナタの涙腺を刺激するはずだ。

TEXT BY 西原史顕(リスアニ!)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人