SEKAI NO OWARI -仕掛け満載のカップリング曲「ピエロ」

SEKAI NO OWARI - 仕掛け満載のカップリング曲「ピエロ」

SEKAI NO OWARI

Part.3 カップリング曲「ピエロ」について

前作「スノーマジックファンタジー」からわずか2ヵ月ちょっとで、次なるシングル「炎と森のカーニバル」を4月9日にリリースするSEKAI NO OWARI。4月12日から始まる全国ツアーではさらなる演出と仕掛けを用意し、この4人の想像と創造は春の進撃を始める!!!

INTERVIEW & TEXT BY 森 朋之
PHOTOGRAPHY BY 笹原清明
HAIR MAKE BY 江口洋樹
STYLING BY 百瀬 豪


バスドラはFukaseの心臓の音なんですよ

──カップリング曲の「ピエロ」についても聞かせてください。セカオワにはメンバーにピエロがいますが……。

DJ LOVE これは俺のことではありません!

Saori (笑)やっぱりそう思っちゃいますよね〜。

DJ LOVE 俺のことじゃない! っていうのは声を大にして言わないと。だって、綱渡りなんて頼まれてもやらないもん。

──空中ブランコや綱渡りに挑戦するピエロに対して「頑張って!」とエールを贈る歌ですからね。

Fukase これもCMの曲(男性用化粧品ブランド「OXY」CMソング)なんですよ。「若者に向けた応援ソングを作ってほしい」って言われて、“よし、がんばって書こう”って思って。Aメロは俺が書いて、Nakajinがサビを書いてるんですけどね。

Nakajin そうなんです。あとね、この曲はサウンドでもいろいろと面白いことをやっていて。まず、バスドラはFukaseの心臓の音なんですよ。

──どうやって心臓の音をバス・ドラムにするんですか?

Fukase かの有名な“日本音響研究室”に協力してもらいました。レコーディングのときは、スタジオのビルの1階から5階まで全力疾走してからブースに入ったんですよ。そこで息を止めて、こうやって……(マイクを心臓に当てる)。

Saori しかも裸だしね。

──心拍数を上げたかった?

Fukase そう、強いアタックを出すために。俺がバスドラですから(笑)。

Nakajin 自分の誕生日に聴診器をプレゼントしてもらったのがきっかけなんですよ。「これでいろんな音を聴いて、音楽に使ってみてください」って言われて、「なるほど!」って。

──すごく自由は発想ですよね。楽器とは違う音もたくさん入ってるっていう。

Fukase だからレコーディングが楽しいんですよ。科学技術が上がって、できることが増えてるので。すべての音を音楽にできる時代だなって思いますね。「ピエロ」のハイハットも時計の音だし。

Nakajin 象の声に音階を付けてシンセで鳴らしたりもしてますからね。もちろん“技術推し”ではなくて、それをポップ・ソングに織り交ぜることで、臨場感やリアリティを出してるんですけど。

Fukase アバンギャルドなことをやってるんだけど、ウリはそこじゃないっていう。最初はドキドキするけどね。「心臓の音をバスドラにするって、ホントに大丈夫? 音楽として成立すんの?」って(笑)。無理に使ってもしょうがないし。

Nakajin うん、曲がカッコ良くならないと採用しないですからね。

リリース情報

04.09 ON SALE
SINGLE「炎と森のカーニバル」
トイズファクトリー

J-20140407-MK-2027

[写真:初回限定盤A/CD+DVD]¥1,800+税
[初回限定盤B/CD+DVD]¥1,800+税
[通常盤/CD]¥1,200+税

詳細はこちら

全国アリーナツアーの詳細はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人