SEKAI NO OWARI – 20万人ライブでやりたい?新曲「炎と森のカーニバル」

SEKAI NO OWARI - 20万人ライブでやりたい?新曲「炎と森のカーニバル」

SEKAI NO OWARI

Part.2 新曲「炎と森のカーニバル」について<その2>

前作「スノーマジックファンタジー」からわずか2ヵ月ちょっとで、次なるシングル「炎と森のカーニバル」を4月9日にリリースするSEKAI NO OWARI。4月12日から始まる全国ツアーではさらなる演出と仕掛けを用意し、この4人の想像と創造は春の進撃を始める!!!

INTERVIEW & TEXT BY 森 朋之
PHOTOGRAPHY BY 笹原清明
HAIR MAKE BY 江口洋樹
STYLING BY 百瀬 豪


20万人ライブ、やってみたいよ

──新曲「炎と森のカーニバル」には、野外イベント(昨年10月に富士急ハイランドで開催された“炎と森のカーニバル”)のサブ・ステージに出演した都立葛飾総合高校の吹奏楽部の皆さんが参加されてるそうですね。

Nakajin 応募してくれたバンドのなかでも、彼らの演奏のクオリティはすごく高くて。この曲にも吹奏楽っぽいアレンジがあったから、協力してもらえますか? ってお願いしたんです。

Fukase しかも、(都立葛飾総合高校の)校庭で録ったんですよ。僕は「城の前か、校舎の前がいいな」って思ってたんですけど……。

DJ LOVE 城の前とか、大変だから(笑)。

Saori 実は私、録音の日は体調が良くなくて、参加できなかったんですよ。あんまり寝てなかったうえに、当日の朝、家の中で盛大に転んで……。でも、本当に素晴らしい演奏だと思います。

Nakajin 実は体育館でも録音したんですけど、校庭のほうが出来が良かったんですよね。野外イベントの雰囲気もあったし、響きがすごく良くて。

Fukase すごくマジメにやってくれたよね、みんな。レコーディングが終わった瞬間に普通の高校生になってたけど(笑)。

DJ LOVE 「あ、LOVEだ!」みたいな。

Fukase かわいかったよね(笑)。

──楽曲のスケールも今まで以上に大きくて。もはや“バンド”という枠には収まってないというか……。

Saori 確かにバンドではなくなってきてるかも。

Fukase スケールがデカいのが好きなんでしょうね、自分自身。だから、会場もデカいに越したことはないなって思うし。広い場所のほうが、この曲も映えると思うんですよ。300人くらいのライブハウスでやっても、いまいちピンとこないでしょ?

Nakajin ピンとこないね。

Fukase どれくらいがいいかな? 20万人くらい?

Saori 20万人ライブ、やってみたいよ。

Fukase (笑)やる? でも、ちゃんと全体をコントロールできないとダメだよね。やればいいってもんじゃないから、俺たちのライブは。

Saori それはそうだよ。でも、それくらいの規模でやりたいっていう気持ちはありますね。小さいところもやりたいんですけどね。いつか、“club EARTH”に戻ってやりたい”と思ってるし。50人限定とかで。

Fukase 逆にファンタジックだよね、そこまで小さいと。でも、いつの間にか“ライブバンド”ってことになってるよね。ライブなんかつまんない、やりたくないって言ってたのに(笑)。

Nakajin ホントだ(笑)。“SEKAI NO OWARI=ライブ”みたいになってきてるよね、最近。

リリース情報

04.09 ON SALE
SINGLE「炎と森のカーニバル」
トイズファクトリー

J-20140407-MK-2027

[写真:初回限定盤A/CD+DVD]¥1,800+税
[初回限定盤B/CD+DVD]¥1,800+税
[通常盤/CD]¥1,200+税

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人