フィギュアスケート、ソチ五輪のあの感動を今度は日本で!

2014.03.26

いよいよ「世界フィギュアスケート選手権大会2014」がさいたまスーパーアリーナにてスタート!

ソチ五輪での羽生結弦選手の金メダルや、浅田真央選手の感動のアイス・ダンスに日本中が涙したフィギュアスケートだが、そんな感動を再び呼び起こすべく、プログラムに実際に使用された楽曲たちを紹介。

「パリの散歩道」ゲイリー・ムーア(羽生結弦)
「ノクターン」ショパン(浅田真央)
「エレジー」ラフマニノフ(パトリック・チャン)
「カルメン」ビゼー(アデソナ・ソトニコワ)
「悲しみのクラウン」ジュディ・コリンズ(キム・ヨナ)

オリンピック後には、羽生選手が選んだ「パリの散歩道」が、彼の活躍を受けて洋楽着うた部門で1位を獲得&最新ベスト盤が再リリースすることが決定したりと、話題を呼んでいる。世界選手権ではまたどんな感動をくれるのか期待したい!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人