このアルバムは、U-KISSとファンとの記憶の結晶──

このアルバムは、U-KISSとファンとの記憶の結晶──

U-KISS

インタビューで相変わらずの仲の良さを見せてくれたU-KISSの5人。思いを込めて作りあげた3rdアルバム『Memories』について、しっかりと胸を張り、そしてハイ・テンションで話してくれた。

INTERVIEW & TEXT 松浦靖恵
PHOTOGRAPHY BY 加藤千絵(CAPS)


いろんなジャンルの曲があるから、ステージ・プランを考えるのが楽しい

──2ndアルバムから約8ヵ月。早くも3rdアルバム『Memories』がリリースされますね。

ケビン ファンの皆さんに、こんなに早く僕たちの新しいアルバムを届けることができてとてもうれしいです。

スヒョン 今までのレコーディングの中でいちばんハード・スケジュールだったし、1日に3曲歌った日もあったから、レコーディング中は毎日睡眠時間が4時間くらいだったけど、1曲1曲集中して歌いました。

フン 激しいダンス曲、ミディアム・ナンバー、柔らかくて甘い声のバラード、どんなタイプの曲も歌えるU-KISSの魅力が溢れているアルバムです。

──U-KISSのステージが、今まで以上にイメージしやすいアルバムになりましたね。

スヒョン そうなんです! このアルバムの曲だけでコンサートができちゃうかも!

キソプ いろんなジャンルの曲があるから、僕たちもステージ・プランをあれこれ考えるのが楽しいです。

イライ 「Bungee Jump」には振り付けがまだついていないけど、カッコいいダンスが頭の中で想像できます。

ケビン この曲をライブでやるときは、ファンの皆さんと一緒にジャンプしたいな。

フン みんなでバンジー・ジャンプしましょう!

スヒョン それはさすがに無理です(笑)。

──「Spring Rain」は、柔らかな歌声が印象的なバラード曲です。

フン 名曲です! 僕の一押し曲です

スヒョン バラード曲を歌っているときのフンさんの顔は自信たっぷりなんですよ。

フン スヒョンさんもそうでしょ?

スヒョン はい(笑)。

C-20140324-MK-1216

キソプの聴きやすい声が加わることで、U-KISSに新しい魅力が生まれました

──新しい組み合わせのユニット曲も収録されました。

キソプ スヒョン、フン、僕の3人のユニット曲「Crazy 4 U」は、特に裏声がポイントです。

フン スヒョンと僕はリード曲を歌うことが多いんですけど、そこにキソプの聴きやすい声が加わることで、U-KISSにまた新しい魅力が生まれました。

イライ 3人のユニット曲がミディアムな曲なので、僕とケビンのユニット曲はダンス曲にしたいねって言ってたんですよ。

ケビン 僕とイライのユニット曲「Baby, Touch Me」はセクシーな歌詞なので、セクシーなダンスを見せたいです。

スヒョン 英語のラップは全部イライが作詞したんですよ。

イライ いっぱい頑張りました~。

──「SOMEDAY」と「Standing Still」の日本語バージョンを入れた理由は?

フン 元々韓国でリリースしたアルバムに入っていて、日本語詞ではない歌なのに、ファンの皆さんがずっと好きでいてくれた曲なんです。日本のファンにこの歌詞をもっと理解してもらいたくて、日本語バージョンを作りました。

──初回限定盤に収録されたボーナス・トラック「Ballade Melody~The Grand Takt Kiss~」は聴きごたえ充分です。

ケビン ファンの人たちが聴いたら、この曲のときはこんなことがあったなぁって、思いを巡らせることができるんじゃないかな。

フン メドレーを作れるくらいU-KISSには素晴らしいバラードがたくさんあるということを伝えられるメドレーになったと思います。

リリース情報

03.19 ON SALE
ALBUM『Memories』
avex trax

J-20140324-MK-1217

[写真:初回限定盤<豪華版>/CD+BD]¥5,800+税
[初回限定盤<豪華版>/CD+DVD]¥4,800+税
[初回限定盤/CD+DVD]¥3,800+税
[初回限定盤/CD]¥3,000+税

詳細はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人