遊助 -自分はこういうことが音楽でやりたかったんだ!ってことがわかった

遊助 - 自分はこういうことが音楽でやりたかったんだ!ってことがわかった

遊助

遊助にとって5作目となるアルバム『あの・・旅の途中なんですケド。』は、生きる者すべてを“旅人”と位置づけ、自身の人生観を織り交ぜながら、リスナー一人ひとりに勇気を与える歌を届ける!

INTERVIEW & TEXT BY 松浦靖恵


生きている間は旅の途中なんだなって

──遊助のアルバムは、毎作“あの・・○○なんですケド。”と名づけられていますが、5thアルバム『あの・・旅の途中なんですケド。』には、どんな思いを込めましたか?

遊助 毎回、アルバム・タイトルを考えるときは、僕の音楽を聴いてくれるみんなに当てはまるような名前にしたいっていう思いがあって。どんな人でも生きている間は旅の途中なんだなって思っているから、少しでもその旅のマップになるような曲、みんなの旅の道筋を照らせるような曲、癒せるような曲を紡げたらいいなっていう思いから『あの・・旅の途中なんですケド。』ってタイトルに繋がりました。

──早い段階からこのタイトルは決まっていたのですか?

遊助 これにしようって決めたのは、レコーディングの途中かな? ただ、タイトルに縛られてしまうと、曲や歌詞の世界観やメッセージが一方だけに固まって広がりがなくなってしまうから“このアルバムはこっちの方向だよ”って感じで、アルバムが進もうとしている旅の標識みたいに、(タイトルのことは)頭の片隅にちょこんと置いてました(笑)。

まったく悔いのないアルバムになった

──年に1枚ペースで発表しているアルバムも、今作で5枚目。遊助が歌うべき歌がより明確になってきたのでは?

遊助 今回のアルバムを作ったことで“そうか、自分はこういうことが音楽でやりたかったんだ!”ってことがわかった。1曲1曲と向き合う時間が増えたことで、今の自分の完全体というか、自分の中身をドドド~って感じで入れることができたから、まったく悔いのないアルバムになったし、自分でいうのもなんだけど、すっごく気持ちのいいアルバムになったなぁって。

すごく楽しんでいる自分がいる

──曲によって、こんなに歌い方や声が変化しているのも、そのせいかも?

遊助 昔は、この役だったら上地雄輔しかいないよねっていうような“ハマリ役”を持っている役者になりたいと思っていたけど、今は上地雄輔にこんな役をやらせてみようって思ってもらえて、いろんな役を演じられることを幸せだなって思うようになった。役を演じるとき、見た目の違いだけじゃなくて、声の出し方や瞬きのスピード、呼吸の仕方を変えたりして、キャラクターの違ういろんな役を演じわけるのをすごく楽しんでいる自分がいる。だったら、そういうことを音楽でもできるなって思ったんです。曲という自分で作った脚本に魂を預けるというか。曲に息吹を吹き込むために、歌のメッセージによってキャラクターや声を変えてみようって。あと、役者をやらせてもらっているから、いろんなタイプの曲があっても、スイッチの切り替えが早いっていうのもあるかも。でも、歌い方や声の感じが違っていても、どれもが本当の自分だし、嘘がない。ただ、僕もみんなと同じで、悩むし、落ち込んだりもするけど、それをそのまんま歌にしようとは思わなくて。俯瞰で見て、今の遊助なら何が歌えるのか、何を伝えられるのかってことをいつも考える。そんなふうに考えることができるのは、“遊助”ってものが、みんなと繋がるパイプ役になってくれているからなんだなぁって。

実はたまたまだったんだけど(笑)

──音楽をやるうえで、遊助という名前、場所があってよかったと?

遊助 それはすごく思います。上地雄輔とみんなの中間地点に“遊助”がいるから。遊助って名前で音楽活動しようって決めたのは、実はたまたまだったんだけど(笑)、字面もいいし、いい名前をつけたなぁって。

──遊turing(※フィーチャリング)では、Mummy-D(RHYMESTER/MC)さん、Rakeさん、Ms.OOJAさんとコラボしましたね。

遊助 遊助はひとりしかいないけど、誰かと一緒にやることで新しい自分が発見できるし、刺激的だし、化学反応から生まれるものがあるから、毎回“遊turing”は楽しいです。今回の共作はそれぞれ世代の違うミュージシャンの方とやってみたかったので、自分より上の世代のMummy-Dさん、女性とのコラボでMs.OOJAさん、自分と同世代男子のRakeさんに声をかけました。

支えていてくれる人は必ずいる

──自分が歩いてきた人生を歌詞に綴った“Historyシリーズ”第3弾「History Ⅲ」は、テレビ番組で注目を浴びて、一躍人気者になった時期のことを歌詞に書かれていますが。

遊助 あの時期からある程度の月日が経っているし、聴いてくれる人たちが振り返るにしても、近からず遠からずだろうなと思ったから、書くなら今しかない! と思って。自分のなかに溜まっていたもの、あの頃の自分が思っていたこと、言いたかったことが書けて、スッキリしました(笑)。誤解してほしくないのは、“Historyシリーズ”はガチで自分のことを書いてはいるけど、自分のリアルな日記じゃないし、こういうことを経験した自分がいたからこそ伝えられるメッセージがあるっていう歌だから、「History Ⅲ」は決してあの頃を否定している歌じゃない。この歌は、今ひとりで闘っている人、寂しいと思っている人、こんなもんじゃないって歯を食いしばっている人……そういう人たちに、自分を支えていてくれる人は必ずいるんだよってことを、どうしても伝えたかった。君はもっとできるはずだよって背中を押してあげられる曲になったらいいなっていう思いで書きました。

──遊助は毎年ツアーをやってますけど、今年もやっちゃいます?

遊助 遊助のライブって、なんでもありだし、こうじゃなくちゃいけないっていう決まりがないから、さて今度は何をやろう! 何をやらかそうかって、あれこれ考えるのがすごく楽しい。一緒に楽しんで、一緒に歌って、みんなで元気になっちゃうライブを、今年もやっちゃいたいです(笑)。

リリース情報

2014.3.19 ON SALE
ALBUM『あの・・旅の途中なんですケド。』
MASTERSIX FOUNDATION/Sony Music Records

J-140317-YS1

[初回生産限定盤A/CD+DVD様]¥3,800+税
[初回生産限定盤B/CD+DVD]¥3,800+税
[通常盤/CD]¥3,200+税
詳細はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人