back numberが歌う“恋”の歌詞に共感する人が急増中!

2013年には日本武道館ライブも大成功させ、今、最も勢いのあるバンドのひとつとしてメキメキ頭角を現しているのが、back numberだ。中でも、キャッチーなメロディに乗せられた清水依与吏(vo、g)が書く、恋を歌った詞に共感する人たちが急増している。

3月19日に発売されるシングル「繋いだ手から」でも、“いつも隣にいてくれた大切な君”とのささやかな日常が繊細に綴られていて、聴く人それぞれの脳裏にさまざまな思いがよぎることだろう。ストーリー性のあるミュージックビデオとも相まって、さらなる相乗効果を生んでいる。

“back number”というバンド名は、「付き合っていた女性をバンドマンにとられた。彼女にとって、振られた自分はback number(型遅れ)だから」 という意味で付けられたというだけあって、切な系歌詞は特にグッとくる。“忘れられない恋”を女性視点で切なく歌った、2月発売のシングル「fish」に共感しない女性はいないのではないだろうか。

3月26日には4枚目となるアルバム『ラブストーリー』をリリースするback number。全12曲、さまざまな“ラブストーリー”が詰まったこの作品は、いつかの、だれかの、“想い”に必ず重なることだろう──

リリース情報

2014.03.19 ON SALE
SINGLE「繋いだ手から」
UNIVERSAL SIGMA

J-140311-CM-1321

[初回限定盤/CD+DVD]¥1,500+税

J-140311-CM-1322

[通常盤/CD]¥1,000+税

詳細はこちら

ライブ情報

詳細はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人