E-girls -パフォーマンスだけでなく、歌心もちゃんとある

2014.03.19

E-girls - パフォーマンスだけでなく、歌心もちゃんとある

E-girls

Part.3 ボーカル

様々なタイプのボーカリストがいることで、明るいシチュエーションから失恋の悲しみまで、いろんな場面を演出することができるのもE-girlsならではだろう。今回、ボーカルに注目し、『COLORFUL POP』を紹介する!

INTERVIEW & TEXT BY 永堀アツオ
PHOTOGRAPHY BY キセキ
HAIR & MAKE BY 福田 翠(Allure)、助川良幸(Allure)、永井友則(Allure)
STYLING BY 内野陽文(ニューメグロ衣装)


歌心も持っているんだよ

──鷲尾さんからはボーカルのマッチングでも新しい色が出てるという話もありましたが。

鷲尾伶菜 そうですね。「CHEWING GUM」はAmiさん、武部柚那、市來杏香が歌っています。この3人の組み合わせで聴くのも初めてなので。

Aya E-girlsの明るい声の代表みたいな3人だね。

鷲尾 この3人で歌うと、すごく元気で明るい色になるんです。「ごめんなさいのKissing You」や「Follow Me」とは違った明るさが出て、面白いなと思いました。

Aya ボーカルの組み合わせだけじゃなく、曲との組み合わせでも新しい発見がたくさんあって。例えば、「ごめんなさいのKissing You」を歌っていたAmiちゃん、Shizukaちゃん、鷲尾ちゃんの3人が「未来へ」というバラードを歌ってるんですけど、E-girlsはただ元気で明るいだけじゃなく、歌心も持っているということが伝わったらいいなと思っています。

表現力に注目してほしい

──「未来へ」は失恋ソングといっていいですか?

Aya 失恋してる6曲目の「サヨナラ」から繋がっています。7曲目の「未来へ」では、失恋から少しずつ立ち直って、未来を向いていこうって気持ち……少しポジティブになってますね。鷲尾ちゃん、Amiちゃん、Shizukaちゃんの表現力に注目してほしい曲です。あと、「Winter Love 〜愛の贈り物〜」にすごく思い入れがあって。

鷲尾 私もこの曲、すごく好きです。ラブソングをボーカル全員で歌うのも珍しいと思います。

Aya 全曲、プリプロで仮歌を録ったあとに、みんなで聴いて“もっとこうしたらいいかな?”とか微調整を加えたりしていくいう制作の仕方をしてるんです。でも、この曲での私の歌は、全部プリプロで録った声なんです。どのテイクよりも、プリプロのほうがよかったので、一発目に録ったものを使うことになりました。そんな経験は初めてだったので、個人的な思い入れも強い1曲です。

R-140315-YS2

コートで包んでもらいたいなっていう(笑)

──何が違ったんでしょう?

Aya その日の調子もあると思うんですけど、最初に歌うときに“この曲、大好きだな”って思ったんです。その一発目に感じたものがよかったのかもしれない。季節的にも寒い時期だったので、すごく温かい気持ちで歌ったと言いますか……もしも、自分に好きな人ができたら、コートで包んでもらいたいなっていう(笑)。

──本当に包み込むような歌い方でしたね。

Aya はい! そんな経験ないんですけど(苦笑)、私は少女漫画を読むのが好きなので、めいっぱい想像しながら、気持ちを込めて歌いました。ほかにも、川本 璃ちゃんと武部柚那ちゃんという初々しいふたりが歌った「Fancy Baby」もある。元気でパワフルでダンサブルっていうイメージだけじゃない、いろんな可能性を感じてもらえるアルバムになったんじゃないかと思います。

リリース情報

2014.3.19 ON SALE
ALBUM『COLORFUL POP』
rhythm zone

J-140315-YS2

[CD+DVD]¥3,800+税
[通常盤/CD]¥2,850+税
詳細はこちら

ライブ情報

E-girls LIVE TOUR 2014
詳細はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人