LDHの精神を受け継ぐ、E-girls

2014.03.18

LDHの精神を受け継ぐ、E-girls

E-girls

Part.2 カバー

幅広い層に自分たちの良さを伝えるため、本作『COLORFUL POP』では計3曲のカバー曲にも挑戦! 彼女たちはなぜここまで挑戦を続けるのか、その真意をAya(Dream)、SAYAKA(Happiness)、鷲尾伶菜(Flower)の3人に聞く。

INTERVIEW & TEXT BY 永堀アツオ
PHOTOGRAPHY BY キセキ
HAIR & MAKE BY 福田 翠(Allure)、助川良幸(Allure)、永井友則(Allure)
STYLING BY 内野陽文(ニューメグロ衣装)


良さを伝えてられるきっかけ

──「RYDEEN 〜Dance All Night〜」に加えて、本作にはカバー曲がさらに2曲収録されていますね。

SAYAKA 個人的にはすごくうれしいんですよね。きっと、原曲を聴いたことがあるっていう方も多いと思うので、今まで私たちのことを知らなかった方々にもE-girlsの良さを伝えてられるきっかけになるんじゃないかと期待しています。

鷲尾伶菜 バナナラマさんの「I Heard A Rumor 〜ウワサWassap!〜」は、うちのお母さんも知ってるって言ってました。母親世代の方々が知っている曲をカバーすることで、ライブ会場でもみんなとひとつになって歌えると思うので、すごく楽しみですね。

Aya この曲の歌詞は聴くとすっきりすると思います。

鷲尾 リアルではありますよね(笑)。

Aya 失恋した男の子に“おめでとう”って言う……歌入れのときにみんなで“怖いね、この女の子”っていう話をしていたので、アルバムのなかではいちばん面白い歌詞になっているかもしれません。

“E-girlsに歌ってほしい”

──もう1曲のカバー曲は、山下達郎さんが作詞作曲、アン・ルイスさん歌唱の「恋のブギウギ・トレイン」ですが、HIROさんが在籍していたZOOでもカバーされた曲ですね。

Aya 1年以上前にRecして、ずっと温めていた曲なんですけど、EXILEさんの「Choo Choo TRAIN」のように、E-girlsが受け継いで大切に歌っていきたい1曲です。

R-140315-YS2

“みんなは原石だから”

──一方で、最新シングル「Diamond Only」には、HIROさんからE-girlsに向けた“これから”のメッセージが込められてるように感じます。

Aya そうですね。「Diamond Only」は“ダイアモンドのように輝く”がテーマです。ロゴにもダイヤモンドがついてますし、E-girlsのテーマ・ソングといっていい楽曲だと思っていて……というのも、HIROさんはE-girlsの結成当初から“みんなは原石だから”とおっしゃってくださってたんです。原石は磨けば磨くほど、真の輝きに近づいて、ダイアモンドになれる。私たちはまだまだ夢を追っている途中で、これからさらに努力をし続けて、いつか真の輝きを放ちたいっていう気持ちが込められている曲だと思います。

自分たちを磨き続けていきます

──まだダイアモンドにはなっていないと?

Aya つねに輝きたいっていう気持ちはあるんですけど、まだまだ理想には追いついてないと思います。私たちはみんな小さい頃からEXILEさんのステージにサポート・メンバーとして立ち、ドームやアリーナ、スタジアムという貴重なステージを経験させていただきました。そうすると、いつかは自分たちのライブで(このステージに)戻ってきたいなって思うんです。漠然とした夢や理想ではなく、そのステージに立って、リアルに感じたことなので、そこに辿り着くまでは、自分たちを磨き続けていきます。

リリース情報

2014.3.19 ON SALE
ALBUM『COLORFUL POP』
rhythm zone

J-140315-YS2

[CD+DVD]¥3,800+税
[通常盤/CD]¥2,850+税
詳細はこちら

ライブ情報

E-girls LIVE TOUR 2014
詳細はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人