SKY-HI TOUR 2014 -Trip of TRICKSTER-【ライブレポート】

SKY-HI TOUR 2014 -Trip of TRICKSTER-

SKY-HI

SKY-HI TOUR 2014 -Trip of TRICKSTER-

2014年3月9日(日)@Zepp DiverCity Tokyo

絶望を希望へ、ピンチをチャンスへ、ありとあらゆる人生の“負”をひっくり返すために音楽を続けているというSKY-HI渾身のツアー・ファイナル。オーディエンスに体当たりでぶつかり、投げかけた熱きメッセージを受け取ってほしい。

TEXT BY 大野貴史
PHOTOGRAPHY BY キセキ


君の人生を本気でひっくり返しに来たトリックスターだ

 客電が落ちた場内。オーディエンスのざわめき。それを切り裂くようにファンファーレが鳴り響く。そして、この夜の主役がステージに現われると、ざわめきは大きな歓声へと変わる。

 オープニング・ナンバーは1stアルバム『TRICKSTER』でも冒頭を飾っている「逆転ファンファーレ」だ。アッパーなビート。躍動感溢れるフロウ。スタンドマイクに向かって噛みつくようにラップするスーツ姿のSKY-HI。温度が上昇しはじめたばかりのフロアに“いつもの道 いつもの街 一瞬で全てを変えるMagic”という意志表明とも受けとれるフレーズを容赦なく叩きつける。

 そんなふうに幕を開けた“SKY-HI TOUR 2014 -Trip of TRICKSTER-”のファイナル公演。序盤は切れ味鋭い楽曲が次から次へと惜しみなく繰り出された。

“愛を咲かせにやって来たぜ!”という言葉をきっかけに披露されたのは「愛ブルーム」。昨年8月のメジャー・デビュー・シングルだが、その内容も軽やかな曲調も春という季節にぴったり。間奏では“最高のパーティをはじめようぜ!”という開花宣言も。

 コンピレーション・アルバム『SKY-HI presents FLOATIN’ LAB』からの「Critical Point feat. TARO SOUL,KEN THE 390」では、そこにいる全員がSKY-HIの名前を連呼。その場の一体感を一気に加速させる見事なコール&レスポンスを展開した。

 インタールード的な扱いだった「What’s Generation」(KEN THE 390のアルバム『ONE』収録曲)も見逃せない。そのなかの“rapにDanceにスマイル使ってハスリング”という一節を強調し、そこからの3曲「ILLICIT LOVE」「Blanket」「WHIPLASH feat. RAU DEF,環ROY」では文字通りラップとダンスを完璧に融合。4人の“SKY-HI DANCERS”を従えてエンターテインメント性の強いショーを見せてくれた。

 といった具合に細部にも趣向(そういえば途中のニュース・コーナーでは2011年のAAA“BUZZ COMMUNICATION TOUR”でやっていた「本田(圭佑)ラップ」の続編まで聴かせてくれたっけ)を凝らしながら盛り上げていくところは、いついかなるときもプロデューサー的な視点を忘れないSKY-HIならでは。しかし、その一方でエモーションをむき出しにするシーンも何度かあった。

 例えば、もうひとつのメジャー・デビュー曲「RULE」。自分の人生を自分自身が支配することの難しさ、そして大切さについて熱く語ったあとに歌われたのだが、そこにはSKY-HI/日高光啓としての過去から現在が凝縮されているように感じられた。追い詰められた状況から必死に道を切り開いてきた男の決意と覚悟が脈打っている、とでも言おうか。鬼気迫るものがあった。

 順番が前後するが「Tyrant Island」にも触れておきたい。“最新型SKY-HIのヤベえバースを聴かせてやるよ!”という言葉どおり、この曲はアルバム『TRICKSTER』のなかでも群を抜いてアグレッシブかつテクニカル。しかも、時代に対して真正面からファイティング・ポーズをとっている。テクとエモが混在する圧巻の高速ラップで聴衆を酔わせまくっていた。

 そして、クライマックス。“君の目の前にいる男の名前はSKY-HI。君の人生を本気でひっくり返しに来たトリックスターだ。東京、受け取ってくれ! これが最後の曲だ!”。そんな叫びに続いてタイトル・チューン「トリックスター」。人生なんて自分の手でいくらでも変えられるんだ。絶望は希望の種なんだ。イライラしてる暇があったらキラキラ輝こうぜ。俺にはそれができる。もちろん君にだってできる。だから、さあ、ひっくり返すんだ!

 そんなメッセージをSKY-HIから受けとったからこそ、こうして我々は今この瞬間も、なかなか思い通りにならない日々を少しでもまともなものにするために格闘し続けている。

R-140316-YS1

SETLIST

  1. 逆転ファンファーレ
  2. 愛ブルーム
  3. Critical Point feat. TARO SOUL,KEN THE 390
  4. ILLICIT LOVE
  5. Blanket
  6. WHIPLASH feat. RAU DEF,環ROY
  7. そばにいるだけで…
  8. Diary
  9. ニュース本田!
  10. Props ft. KEN THE 390、LB(LBとOtowa)、HI-SO、KLOOZ、サイプレス上野、SKY-HI a.k.a.日高光啓(AAA)、KREVA
  11. Tyrant Island
  12. RULE
  13. Jack The Ripper feat. SKY-HI
  14. マインドコントロール
  15. TOKYO SPOTLIGHT
  16. TUMBLER feat. KLOOZ, MIHIRO〜マイロ〜
  17. キミサキ
  18. トリックスター

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人